空き家問題を考える大田区の会社 PHCのブログ

空き家活用、空き家管理、防犯カメラ、民泊、etc・・・。空き家に関する情報を発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本当に「民泊は悪」なのか?②

2017-04-20 10:32:44 | 空き家活用

みなさん、こんにちは。
大田区空き家管理・活用の会社PHC(プレシャスハウス)です。

 

某サイトにおいて「民泊新法制定断固反対!」というのを見ました。そこには「地元住民に多大な迷惑を及ぼしている違法民泊を即根絶!」を筆頭に「民泊は悪だ」と言わんばかりのことを記載し、署名活動を行っているところがあります。果たして本当に「民泊は悪」なのでしょうか?ここに記載されている主張を元に検証してみたいと思います。今日はその第2回です。

 

・我々、ホテル旅館業者は昭和23年以降今日まで担当官庁、行政から厳しい指導を受け、絶対的な営業許可条件である①建築確認検査済証「耐震強度の確認」②消防法令適合通知書③管理者の365日24時間常駐等の3項目はどれをとっても絶対にはずせないものとして遵守してきました。今回の民泊新法はこの3項目すべて除外されています。また今日まで建築基準法で規制されていた、住居専用地域でも営業可能となり、閑静な住宅専用地域でスーツケースを引いた管理者のいない外国人を主とした旅行者が昼夜を問わず民家に出入りするようになります。

                           ↓

ホテルや旅館をされてる方はこの3項目のうち一つでも欠けると営業許可が下りないので、その3項目を守るため大変なご苦労があったかと思います。この3項目があったからこそ今日の日本におけるおもてなしができたのかと思います。それは素晴らしいことだと思うし、今後も安全安心で快適な環境を続けていただければと思います。ただホテル・旅館と民泊は根本的に違うと思います。ホテル・旅館は複数の宿泊者を引き受けることが可能ですが、民泊のほとんどは家族・グループを含め1つしか受け入れられません。また広さにもよりますが、だいたい1~4名程度でしか受け入れられません。またLCC(格安航空)の参入で夜中にやってこられる外国人も多く、やっとの思いで到着してもすぐ睡眠そしてチェックアウトとゆっくりとホテルや旅館に宿泊することができません。また日数制限も180日以下にされているためホテル・旅館みたいに365日24時間常駐できないのです。こういうところの違いがあるかと思います。また日中外国人がスーツケースをもってウロウロされるという点ですが、そこは確かに問題ですが民泊施設の方が行き先の道順を写真で送るなど、今後改善していくようしないといけないと思いますがGPS機能などがあるので改善されていくかと思います。

 

これからここに書いてあることを同調・批判をさせていただきたいと思います。今回はこれまで。また明日!

 

弊社HPです・・・
空き家管理はこちらをクリック・民泊関係はこちらをクリック

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当に「民泊は悪」なのか?① | トップ | 本当に「民泊は悪」なのか?③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。