豪州ハウスワイフの私生活

こちらに渡り17年。豪州で2男1女を育てています。普段の生活の事から子育ての事、過去の辛い虐待話など。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

差し上げます *ア―トセット

2016-11-30 09:02:00 | 差し上げます
子供のア―トセット。ペンとかクレヨンとか色鉛筆とかのセット。
長男が1年生くらいの時に買ったけど、ほとんど使わずにしまい込んでいた。次男はまだ1歳。彼には新しく買ってあげれば良いし、必要とする人に譲る事に。
「無料で差上げます」

それプラス、不要なクレヨンセットも持ってって下さい。新品です。
このクレヨンセットは娘の所持品。新品なのだけど、箱をなくしてしまったらしい。だからいらない!と言う娘。要らないものを持っていても仕方ない。




あっという間に貰い手が決まった。息子に、とパパがとりにきた。身なりや車からして、結構貧しい家庭っぽい。たまに凄く良い車に乗った人が「無料で差し上げます」を貰いに来るけど、こう言う人にはあまりあげたくない。買えない訳ではなく、ケチなだけだから。数え切れない程の物を
「無料で差し上げます」してきたけど、70%程の貰い手はたいして貧しくない人。酒、タバコに使う金があるなら、子供には新品を買ってあげてよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

差し上げます *赤ちゃん用のおもちゃ

2016-11-14 05:46:00 | 差し上げます
赤ちゃんのおもちゃ。
末っ子ちゃんはもうすぐ1才半。
赤ちゃんのおもちゃはもういらないでしょ。
たまあに思い出したように触ってるけど、少し処分しないと、あり過ぎて邪魔!
総額$100ほど。
誰か欲しい人いますか?
「無料で差し上げます」

おもちゃって、出かける度に増えていく。
赤ちゃんに見せたら喜んだ。
「これが好きなのね☆」と、いそいそと購入する。
ところが、家に帰って箱から取り出すと、おもちゃでは遊ばない。
おもちゃでは遊ばないが、それが入っていた箱で遊んでいる。
そんな事がよくあった。
末っ子に限らず、上の子供たち2人の時も経験している。
それでも懲りずに買い与える。
単なる無駄遣いでしかない。

これは娘が欲しがって買ったおもちゃ。
9歳で赤ちゃんがえりしたわけではいが、成長の過程?
学校で赤ちゃんっぽいものが流行った時期があったみたい。
丁度うちには赤ちゃんがいたから、「一緒に遊ぶから!」と、都合よく手に入れた。
で、もう飽きた。

タツノオトシゴは、お腹がライトになっていて、ララバイが流れるおもちゃ。
寝る時にこれを抱っこして、優しい明かりに包まれながらララバイを聴いて眠りにつく。
そうやって寝てくれると本当に楽なんどけどな。
うちは、今でも添い寝添い乳。

おばあちゃんが孫のためにと取りに来た。子供用品を「差し上げます」すると、おばあちゃんがやって来る率が高い。
共働き夫婦が多いから、それはそれで自然な事なのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

差し上げます *女の子の物いろいろ

2016-11-12 03:33:00 | 差し上げます
使わなくなった物、いろいろ。
1度も使っていない新品がほとんどだから、捨てるのはもったいない。

「無料で差し上げます」

塗り絵は全部新品。
日本製もある。
日本旅行に言った時、娘がたくさん買っていた。
結局使わずに、今はもっと高度な色塗りをしている。

細々としたおもちゃも、ほとんどが新品。

筆箱もほぼ新品。
毎月の様に新しいのを買っているから。

大好きだったフェアリーも卒業らしい。


卵子を取り出す手術をするから、明後日まで待って欲しい。
そう言って連絡してきた女性がいる。

日本では考えられないかもしれないが、子供のおもちゃ類を欲しがる人は多い。

連絡が殺到するので、
「NO HOLD!」
早い者勝ちだとハッキリと書く。

でもこの彼女にはokを出した。

多分本気で貧しい。
2人の娘を育てているシングルマザーだと言う。

卵子はきっと売るために採取するのだろう。
確かオ―ストラリアでは卵子を売る事ができる。
無償提供ではなかったはずだ。
(NEWSで見た記憶があるのだが確実ではない)

そして痛いらしい。
この女性が言っていた。
'I have surgery first thing tomorrow morning for egg collection so will be out of action tomorrow'
回復に丸1日要するようだ。

お金のために、痛い思いをして自分の卵子を売る。
子供を養うためとはいえ、そこまでするのか?
と思わずにはいられない。
自分の遺伝子の含まれた卵子を売る。
良いのかそれで?

必要としている人があるからこそ需要がある。
向こう側から見れば、そう言う人も必要なのだと思うけど。

わたしは抵抗を感じるが、そう思わない人も多くいるのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加