豪州ハウスワイフの私生活

こちらに渡り17年。豪州で2男1女を育てています。普段の生活の事から子育ての事、過去の辛い虐待話など。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ママと呼ばれたい

2017-04-05 12:35:27 | 末っ子成長日記
家族でお買い物中、

「おっぱ~い!おっぱ~い!」

と叫ぶ声がした。

うちのチビだ。


わたしは買い忘れに気付き、1人急いで逆走していた。

ママの姿がない事に気付いたチビが、わたしを求めて呼んでいる。

が。。。

普通「ママ~!」ではないか?

なぜ「おっぱい」?


家にいても同じく、

洗濯物を干していたり、

トイレにいたり、

ちょっと側を離れると、決まっておっぱいコ―ル。

おっぱいが欲しくて「おっぱい、おっぱい」言っているのなら分かる。

でもチビの場合そうではない。

わたしの事を「おっぱい」と呼んでいるだけ。


どこで勘違いしてしまったのか?


「ママ」でも「マミ―」でも何でも良い。

とにかくわたしを母親を意味する名で呼んで欲しい。


確かに空腹を満たしてくれるのは「おっぱい」。

安心をくれるのも「おっぱい」。

寝かしつけてくれるのも「おっぱい」。


ママはおっぱいの運び屋か?

主体はわたしなのに!

おっぱいは付属品、ママがメイン。

チビにそう言ったところで分かるまい。

おっぱいに負けたみたいで悔しい。


おっぱいも含めてママであるから、間違っているわけでは無いのだけど、、、。

やはり「ママ」と呼ばれたい。


家族の写真を見せると、

パパ
ママ
〇〇(お兄ちゃんの名前)
〇〇(お姉ちゃんの名前)
ベイビー(本人)

ときちんと答える。

だから、わたしがママである事はわかっているのだ。


そして、ちょっとした「ひねくれ小僧」なチビ。

「おっぱい」と言うのが面倒な時は、

「おっぴ」

と、変に短縮させた形を使用する。

そんな事ぐらい、面倒くさがるな!


相変わらず、おっぱい大好きチビちゃん。

おっぱいが彼の幸せ。

卒乳はいつでも良いとは思っているが、4歳5歳まで飲んでいたらどうしよう、、、。

それならそれで、いいかな、、、?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 'ム―ンライト'を観た | トップ | 久しぶりのSeaworld »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

末っ子成長日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL