豪州ハウスワイフの私生活

こちらに渡り17年。豪州で2男1女を育てています。普段の生活の事から子育ての事、過去の辛い虐待話など。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペンキ塗り

2016-12-24 20:22:00 | 日記
デッキの艶が無くなってきた。
犬の爪で傷も目立つ。
今年中に綺麗にしたい。

ペンキを買いに行った。
店員に「濃い目の色に変えたい。」と相談。
「2度塗りすれば完璧だ」犬の付けた傷も目立たなくなると断言。
$70払って1缶買った。

翌日。
早速ダンナが作業を開始。
ひと塗りし、2時間置いて2度目を塗った。

余り変化がない。
傷も目立ったままだし、色の変化も殆ど無い。
あの時の店員が「色付きが足りなかったら、濃さをプラスできる」と言っていたのを思い出す。

色を足してもらいにお店へ戻った。
事情を話すと、昨日とは違う店員が困り顔。
ベテラン店員を呼び、助けを求めた。
彼によると、どうやら「stain」と書かれたペンキを選ばないといけないらしい。
濃さを足す事も、この種類のペンキではできないそうだ。
がったり顔のわたし達。

しかし、がっかりしていても仕方がない。
今年中に作業を全部終わらせたい。
今塗り直しているエリアは全体の3分の1。
まだまだ作業は残っている。
「そのstainって言うのを買い直します」と注文した。
$90。

最初に買った$70はもったいな買ったなあと思っていたら、
「間違えたのはこっちだから、こっちは無料で良いよ」
ベテラン店員は支払いを拒否。
$90のペンキを1缶、無料でもらってしまった。
差額だけでも払うと言ったが「そっちも持ち帰っていいよ。もらっても売れないから。そのうち別の用途ができるかもしれないしね」。
そう言われ最初のペンキも持ち帰った。

新しいペンキは素晴らしかった。
ひと塗りで傷が消えツヤツヤに。
色も希望通り1段濃くなった。

日当たりの角度のせいで分かりにくい証拠写真になってしまったが、大満足の仕上がり。

明日はクリスマスだが、ペンキ塗り作業は続行する。
今年中にやり終えたい事が山ほどある。
暑い中汗だくなってペンキを塗っていたダンナ。
明日も暑くなるようだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1200円のマヨネーズ | トップ | 難解小学5年生の算数問題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL