豪州ハウスワイフの私生活

こちらに渡り17年。豪州で2男1女を育てています。普段の生活の事から子育ての事、過去の辛い虐待話など。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子供を車に置去りに!

2016-12-20 12:22:06 | 豪州の気になるNEWS
何となくTVをつけると、面白いNEWSをやっていた。
チャンネル10の朝のNEWS番組。
話題に取りあげていたのは、
「子供は何歳から車に放置しても良いのか?」

小さい子供を車に放置するのは違法。
例え5分でもしてはいけない。
気づいた人は、直ちに通報するだろう。

今回車に残されていたのは、13歳の男の子。
その子は車で何をしていたかと言うと。
後部座席で読書をしていた。
あるおじさんが、その男の子を発見。
発見するなり通報した。
「子供が車内に放置されている」と。

わたしの息子も13歳。
身長は175cmを超える。
そんな彼を車にしばらく放置したところで、どんな問題があると言うのか?
親の責任を問われる事は無いはずだ。

法律では、12歳からは1人で留守番ができる事になっている。
日本では小学生の留守番は日常茶飯事なのだろうが、オ―ストラリアでは違法に当たる。
11歳までは、いかなる事情であっても、保護者無しでの在宅は禁止されている。

車内に放置も同じく、12歳からはokなはずだ。

TVの男性コメンテーターも言っていた。
teenageの男の子だ。
親と歩きたくない時もあるだろう。
車で読書。
何がいけない?

そして車の窓は開いていた。
怪しい場所でもなく、普通の駐車場で人気(ひとけ)もあった。
おじさんは通報前に一言声掛けをするべきであった。
「1人で大丈夫かい?親はどこにいるの?」

13歳の男の子はきっと、きちんと答えられるはず。
そして何の心配もないと伝えられたはずだ。

'better than sorry'

の意見もあるようだが、明らかにおじさんの過剰反応である。
いくらこの男の子が少し幼く見えたとしても、開いている窓から一声かけるべきであった。
いきなり通報はやり過ぎ。

本当の事件であれば大手柄のおじさんも、今回はただの迷惑な人で終わってしまった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野外授乳 | トップ | 「ほうきパンチ」と「ハエたたき... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-12-20 13:43:13
13歳なら問題はないはずです。
話し外れますが目の見えない人にいきなり手助け御法度。ビックリしますからね。
この場合も同じでしょう。
声かけは意外と大切だと想います(^-^)
みんなのブログからきました。
詩を書いています。
コメントありがとうございます。 (p-chaboo)
2016-12-20 13:58:36
確かにその通りです。目が見える人でも、いきなり声をかけられたらビックリしてしまいますね。いきなり警察や消防が駆けつけてきたら、もっとビックリですが(笑)
今回は、本を読んでいたという事で、盲目でない事は見て取れた。軽く車をノックしてから優しく「hello~」くらいが最適なのかな?と思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL