豪州ハウスワイフの私生活

こちらに渡り17年。豪州で2男1女を育てています。普段の生活の事から子育ての事、過去の辛い虐待話など。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小学5年生の算数 ややこしい問題

2016-12-24 20:56:38 | 教育
問22、何度やっても答えが出ない。
決して難しい問題ではないのに、答えにたどり着けない。

なぜだ?

クラスで全ての生徒が'読み'か'書き'をした。
●3つのグループが'読み'
●5つのグループが'書き'
●グループは全部で7つある
クラスの人数を答えよ。

何となくおかしいとは思っていた。
最初に'either reading or writing'と書いてあるのに、一つのグループが重複している。
しかし、残りの質問に問題点は見受けられない。

何度やっても28にしかならない。
なぜだ?
答えは(D)29。
なぜ29にならない?

表にまでしてみたが、やはりダメ。

悩んで悩んで悶えた。

中1の息子に聞いてみる。
「この答え分かる?」
スラスラっと何やら紙に書き、
「29。A。」
1分で問いた。

そもそも、意味をとり間違えていた。
●'3つのグループ'ではなく'3人のグループ'
●'5つのグループ'ではなく'5人のグループ'
だったのだ。
それが全部で7つあると。
'either'とはっきり書いてあるにも関わらず、何という勘違い。
問題を解くこと以前に、問題の意味を理解する事の大切さが分かった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 難解小学5年生の算数問題 | トップ | 2016年男の子の名前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL