豪州ハウスワイフの私生活

こちらに渡り17年。豪州で2男1女を育てています。普段の生活の事から子育ての事、過去の辛い虐待話など。。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

差し上げます タブレット端末

2017-04-23 20:03:23 | 差し上げます
3、4年前だったか?

もっと前だったかもしれない。

タブレット端末を欲しがる小学生の長男に、手頃な品を買い与えた。

「小学生の子供用に」

その時の店員が勧めたのがコレ。






小学生のお遊び用にならコレで充分と。

機能はiPadとほとんど変わらないと、安い方を勧めてきた。

なんと良心的な店員なのだろう。

別売りのケ―スと合わせて2万円くらいだったと思う。

iPadは7万円くらいだったか?



ところが長男は、ほとんどコレを使用しなかった。

スマホの方が手にしっくりと来たようだ。

ゲームはもっぱらスマホで。

タブレットは部屋のお飾り。


あんなに欲しがっていたくせに!

iPadでないからか?

店員の言う事なんか聞くんじゃなかった。

そう後悔もしたが、iPadだろうがなんだろうが、長男はスマホに夢中。

結局使わななかったと思う。


数年後、いらないからと妹に譲った。

彼女も既に自分のスマホを持っている。

タブレットをもらっても使わないのは同じ。


そうして、何年間も放置されていた。


新品同様であるが、もう古くなってしまったタブレット。

欲しい人いますか?

「無料で差し上げます」


アドを投稿してすぐに連絡が入った。

お母さんと、大きいお兄ちゃんと、小学生の妹。

みんなとても喜んでくれた。

「充電してあるよ」

そう言うとお兄ちゃんが早速電源をいれ、あれこれ操作し、

「はい」

と妹に手渡した。

面倒見の良いお兄ちゃんだなあ~★


妹は大はしゃぎで画面に見入っていた。


うちでは全く使用されなかったタブレット。

ああやって喜んで持って行ってくれると、こちらも嬉しくなる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

差し上げます オットマン

2017-04-23 19:39:27 | 差し上げます
収納が付いたタイプのオットマン。

座り心地も良く、かなりの重宝品。



しかし。

生地がはがれてきた。


少しずつ、少しずつ。

ぽろり、ぽろりと剥がれ始めた。

それくらい、と思わない事も無い。


たがやはり、これ以上使い続けるわけにはいかない。

はがれた小さな切れ端を見つける度、ちょっと嫌な気分になる。


今のうちに処分してしまおう。

ダンナが明日、粗大ゴミ捨て場に持って行ってくれるらしい。


でもその前に。

もしかしたら欲しい人がいるかも?

「差し上げます」のアドを出してみた。


ゴミやチリの一つや二つ、全く気にならないと言う人ならば、全く問題なく使用できる。


30分ほどして、携帯をチェックしてみた。

物凄い数の「下さい!」にびっくり。


そうか、皆さんあまり気にならないのかあ。。。


横が1.5m,高さも結構あるため、普通の車には乗せきれない。

トラックやユ―ト持ちの人をまず優先。

そして今日中に取りに来る事のできる人。

「今すぐ行きます!」

と言ったレイチェルが譲り受ける事となった。

住所を告げると、

「ああ!義理の兄がそのストリートに住んでいるの!」

何と言う偶然。

レイチェルは、知り合いの義理の妹さんだった。



お気に入りのオットマンが消えた家の中は、少し寂しい。

代わりを買っても良いのだが、ダンナが就職するまで待つ事にする。

無くても困りはしない物だから。

なるべく節約しなければ。

来年から娘は中学生。

ますますお金がかかるようになる。

節約、節約。

あと二年半はとにかく節約!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

差し上げます ファイヤーピット

2017-04-23 19:10:07 | 差し上げます
イ―スターのホリデー中に、家にある物を整理。

冬支度のついでにと、しまい込んである物を引っ張り出してみた。

靴や服などをはじめ、不用品をどんどん仕分け。

チャリティーポストに収まる大きさのものは、全部ポストに投函した。


わたしの管轄外である裏庭の小屋。

そこはダンナにお願いした。

「これ、使う事あるかな?」

とダンナが見つけてきたのが'fire pit'。

日本語では'炉(ろ)'と言うらしい。


折りたたみ式のポ―タブル'炉(ろ)'。

買ったのはいつだったか?

四年前?

どうしても欲しくて買ったのは覚えているが、、、。

一度も使わずに、ずっと小屋で眠らせていた。


寒いこの時期には重宝しそうだ。

しかし。

チビがいる。

いくら金網の蓋がついていても危ない。

今後2,3年の使用は無理だ。

結構大きいから場所を食う。


必要な人に譲ろう。

大事にとっておくような代物ではない。

4kgの火災豆も1袋、未開封のまま保存されていた。

まだ使えるかな?


「欲しい人に差し上げます。」


直後に連絡が入り、貰われて言った。

小屋に放置だったから、少しサビが出てしまった。

ホコリなどもたまり、少し薄汚れている。

貰い手は、そんな事は全く気にならないと言ってくれた。

火災豆もちゃんと使用できると良いのだけど。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無料で差し上げます *おもちゃ

2017-01-23 18:08:04 | 差し上げます
新学期初日。

朝からとっても忙しい。

しばらくぶりの慌ただしさだ。


子供たち2人を送り、チビと2人家路につく。

家が静かだ。

し―んとしていて寂しい。

チビは何度もお兄ちゃんとお姉ちゃんを呼ぶ。

お昼寝の後も、何度も部屋を訪ねていた。


またママと2人の平日に戻った。

さて、

何して遊ぼうか?


もの凄い量のおもちゃだ。

こんなにあってどうするのか?


オムツの箱一つ分を処分すると決めた。

遊びながら仕分けした。


無料で差し上げます。

ぬいぐるみ、本、おもちゃなど。

巨大な羊も一緒にどうぞ。

I am looking after my granddaughter and would like to collect the box of toys if still available. Thanks Jan

おばあさんからメッセージが届いた。

子供のお迎えがあるから3時半以降に来てくれ。

そう返信した。

I pick my grandson up at 3 can i come over then. It should be 3.30pm

子供たちを迎えに行って帰ると、家の前に車が停まっていた。

なかなか良い車だ。

お金に困っていなさそうなのに、孫におもちゃも買ってやらないのか?

うちからの不用品を孫に与える。

何か嫌だな。

そう思ったが、人にはそれぞれの事情がある。


車から降りてきたのは、上品そうなおばあさん。

人は見かけによらないと言うか、無料の施し物を取りに来るようには全く見えない。


不要とは言え、壊れた物は入っていない。

新品タグ付きもある。

まだまだ使える。


うちで使用する事はもうない。
だから、誰かが大切に使ってくれるなら、それに越した事はない。

そして。
家の中が少しだけスッキリとした。

かなり嬉しい。

少しづつ、着実に。
もっともっと物を減らしていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

差し上げます *チェーンソ―

2016-12-27 02:42:33 | 差し上げます
ダンナが新しいチェーンソーを手に入れた。
家族からのクリスマスプレゼント。
(彼のwish listに書かれていた物)

今まで使っていたチェーンソーは今後不要となる。
少し前にメンテナンスに出し、新しいチェーンとスパークに替えたばかりだ。
問題なく木をぶったぎれる。
「無料で差し上げます」


若い父親が幼い娘を連れて取りに来た。

雑草を放置したら木のように成長してしまった。
もう草刈りどころの話ではない。
チェーンソーで処理したいと思っていたところらしい。

ホラー映画のイメージのせいか、わたしはこのマシ―ンがもともと大嫌いだ。

映画のせいだけではない。

このダンナのチェーンソーが特に嫌いなのだ。
引き取って行った彼には言わなかったが、実は怖い事が起きているチェーンソーだから。

もう何年も前になるが、義理兄がこのチェーンソーで太ももをずっぷりと切っている。

骨に当たる程深く入り、太い血管を切り生死の境をさ迷った。
あたり一面は血の海。
幸い救急車の到着が早かった事と、ダンナの施した応急処置のお陰で一命を取り留めた。

彼は消防隊員。
チ―フを務めるベテラン。
何度も危険な現場に出向き、数えきれない程怪我もした。

でも、自分で自分の脚をぶったぎるのは、強烈に痛いらしい。
義理兄はそう言うが、その後すぐに意識を失っていた。
痛みもその間はなかったのではないか?
手術から目覚めた後は猛烈に痛かったとは思う。
その事を言っているのだろうか?

そしてもう1人。
義理姉のパ―トナ―の父。
(わたしにとってはどんな関係なのか?親戚で良いのだろうか?)
とにかくその人が、人差し指と中指を切り落とした。
指を拾って病院に駆け込んだが、チェーンソーの切断面はぐちゃぐちゃらしく、接合は不可能だった。
今は「Japanese Yakuza」と笑っているが、当初の落ち込みは酷かった。
でもヤクザって、無いのは小指ではなかったか?

そんな理由で、ダンナがチェーンソーを使う度に心配になる。

このチェーンソーの新しい持ち主にも、気を付けて使って欲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加