オフィスプロデューサー 清水廣道ブログ

オフィス環境をよくするための環境作りを応援します。

ゲリラ豪雨と落雷

2017年06月14日 13時10分41秒 | 設備
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「ゲリラ豪雨と落雷」についてとなります。

東京都心で2週間前、局地的な豪雨と落雷がありました。
珍しく落雷が一度に多数発生し空が稲光で目を見開いてしまいました。
映画ではよくある光景ですが実際、落雷が多数発生すると怖く感じました。
ビルなど建物に多く稲光が落ちふとよぎったのは、落雷が落ちたビル・周辺の電気設備は正常に使えているか考えてしまいました。
落雷は避雷針に落ちるように設計しておりますが、以前、都庁の外壁に落ちたように必ずしも避雷針に落ちるとはかぎりません。しかも、避雷針も建物が建ててから一度もメンテをしていないビルもたくさんあります。
避雷針の錆などはまだよいのですが避雷針と地中を結ぶ配線が切断されている場合は落雷対策にはなっておりません。
豪雨などでも屋外受電設備から漏水しビル全停電になくこともあります。

これから落雷・豪雨の時期になってきます。気になる方は早めの対策を専門業者に相談をされるとよいでしょう。


6月21日(水)は「LED照明の保証」についてとなります。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 換気回数 | トップ | 建物による消防違反 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む