オフィスプロデューサー 清水廣道ブログ

オフィス環境をよくするための環境作りを応援します。

ビル監視盤について。

2016年06月24日 07時53分14秒 | 設備機器
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「ビル監視盤」についてとなります。

あまり一般的な人には馴染みがないビル監視盤は中規模以上のビルに使用されております。
小規模・中規模で使用される警報盤と違い全館の照明・エレベーター・空調・火災報知器などビルで使用されている設備機器の運営・管理をして大きなビル・商業施設は監視盤以外に監視員が居るところもあります。
監視盤はビル全体の設備監視ができ大変優れていますが故障、年数が経ち設備更新などが行なわなければならない場合、費用はかなりかかります。新たにメーカーなどを変更する場合などはさらにかかりますので注意が必要です。

設備更新は約20年で行われ、故障部品も15年ほどで終了いたしますので導入する場合メーカーに確認する必要があります。現在故障をしていなくても部品がいつまであるか確認してください。

監視盤はあればとても便利な機器ですが、故障をされ直されるビルは意外と少なく、監視盤がなくてもビル管理会社が管理されればあまり必要はありません。

来週も設備機器関係をお伝えいたします。

6月27日(月)は「社内HDDディスク」についてとなります。



この記事をはてなブックマークに追加

ビルなどの警報盤について。

2016年06月23日 07時29分09秒 | 設備機器
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「ビルなどの警報盤」についてとなります。

ビルなどには大小関わらず大抵警報盤があります。
警報盤は主に貯水・汚水・排水関係、中には受変電(ビルの大元の電気設備)などの漏電・警報を管理室に置き監視することが多いです。
以前のビルは管理室を置くようなスペースを取ることが多く管理人も常駐していましたが、世の中の景気・考え方が変わり管理室があっても管理人不在のビルが多いです。
この場合、警報盤に異常ランプやブザーが鳴ってもすぐには対応することができません。
最近では警報盤器警備会社の機器に信号を入れ警備会社が対応してくれるビルがほとんどです。
中には警備会社には信号が行くようにされていても警報盤を改修時に信号が行かないように間違って工事をされてしまうことがたまにあります。

警報盤は水回りに対しとても重要です。漏水してからではテナントに迷惑がかかることが多く定期的に点検が必要です。


6月24日(金)は「ビル監視盤」についてとなります。

この記事をはてなブックマークに追加

調光フィルムについて。

2016年06月22日 07時39分07秒 | 設備機器
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「調光フィルム」についてとなります。

曇りガラスと言えば中が覗けなく見えないと認識できますが、最近では調光フィルムが数社から発売されております。調光フィルムは電気の入り切りで透明から曇りガラスになる商品で数年前から透明ガラスに加工をされた商品はありましたが、フィルム情になっている商品はごく最近発売になりました。
大きな違いはガラス加工では大きさ・費用・後施工ができませんが、フィルムの場合、好きな大きさに切ることができ、後施工が可能です。
施工も近くにコンセントがありフィルムを貼るだけで簡単に施工が終えることができます。
商品の中には曇りガラス透過率(透け具合)が調節できる物もあり会社イメージ・明るさ・雰囲気か変わります。

外壁側窓ガラスに使用すれば遮熱効果も上がり室内エコに役に立つので期待ができます。

注意は貼るガラス質でひびが入ったり、貼れない材質の可能性がありますので確認が必要です。


6月23日(木)は「ビルなどの警報盤」についてとなります。


この記事をはてなブックマークに追加

レントゲン機器について。

2016年06月21日 07時49分11秒 | 設備機器
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「レントゲン機器」についてとなります。

最近のレントゲン機器は本体(レントゲン照射機)・現像機・パソコンがあれば構成が組むことができます。院内ネットワークを使って他のパソコンでも見ることができ便利になっており、内科で使用される電気量も本体は数アンペア、現像機でも1Aほどしか使用しないので電気容量のことはほとんど気にしなくても良いでしょう。
但し、回路をしっかり分けるため専用回路が好ましいです。
レントゲンを導入する際は、用途・大きさによりレントゲン機器は大型でなければ導入も比較的簡単で入れることができます。


6月22日(水)は「調光フィルム」についてとなります。


この記事をはてなブックマークに追加

レントゲン工事施工方法の考え方について。

2016年06月20日 07時53分13秒 | 内装
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「レントゲン工事施工方法の考え方」についてとなります。

病院で使用されるレントゲンは必ず内装工事が必要になります。
レントゲンはX線を照射することにより体内の画像を映し出す機器なのでX線を使用することから処理をしなければレントゲン室以外にも漏れ他の方が被ばくしてしまいます。
X線は壁を簡単に通過しどこまでも行く性質があるために防護室が必要になります。
防護室は鉛で覆いかぶせ他に漏れないように穴もなくす施工が必要になります。
防護室は石膏ボードに鉛板を張ってある部材をするか、もしくは防護BOXを室内に入れるかによります。
石膏ボード施工は大きさ・形など自由に出来、室内に応じできる点がありますが施工に数日かかることがあります。
防護BOXは簡易的に作ることが出来、既製品の大きさが合えば費用・施工日数が抑えることができます。

レントゲン室で気を付けなければならないことは電気・防災関係で、電気は配線用穴処理を確実にしなければいけません。防災関係は規定がないため消防署に設置相談をしなければなりません。

レントゲン施工は専門業者もしくはわかっている業者でないと施工不要になることが多く気を付けなければなりません。


6月21日(火)は「レントゲン機器」についてとなります。

この記事をはてなブックマークに追加