オフィスプロデューサー 清水廣道ブログ

オフィス環境をよくするための環境作りを応援します。

非常放送設備について

2016年08月30日 07時26分46秒 | 防災・防犯
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「非常放送設備」についてとなります。

ビルを管理している方でなければあまり耳にしない非常放送設備は火災報知器などに連動して火災が起こった場合、管内放送で放送する機器です。
非常放送設備にはわかるように赤く表示が入っており一般放送と区別がつくようになっており、放送設備が多く使われる商業設備は一般放送と非常放送が一つになっている機器もあります。
非常放送設備スピーカーの増減は消防署に必ず届け出が必要になり年2階法令点検が義務付けられており火災報知器と同じく行わなければ罰則があります。


非常放送設備はビルの大きさ・用途により必要になり命を守ることから重要な機器になります。

8月31日(水)は「誘導灯設置義務」についてとなります。


この記事をはてなブックマークに追加

火災報知器受信機設置について

2016年08月29日 08時18分28秒 | 防災・防犯
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「火災報知器受信機設置」についてとなります。

火災報知器受信機には建屋によって設置義務があります。
テナントビルなどでは竣工時に設置はされていても入居の職種によっては法の基準にあった機器に交換をしなければならないことがあり注意が必要です。
受信機は火災信号をもらい建屋全体にベルなどで知らせます。
入居テナント職種により外部通報装置設置が必要な場合あり、非常放送設備連動が必要な場合がございます。

建屋・職種によって法の基準が異なり入居される前に事前に調査をしなければ費用がかかる場合があります。


8月30日(火)は「非常放送設備」についてとなります。


この記事をはてなブックマークに追加

移転後の必要事項について。

2016年08月26日 09時17分18秒 | 会社移転
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「移転後の必要事項」についてとなります。

会社の移転後は意外と多くのことをやらなければなりません。
会社に総務・経理の方がおられるようでしたらほとんどはおこなってもらえますが、いない場合ご自身で行わなければなりません。
主に税務署(会計士さんが代行で行ってもらえます。)・社保・雇用保険や建設業関係の仕事ならば建設業届け出など、官庁関係の変更届出期限があるものがもっとも重要です。
よく忘れがちな取引先などに案内はがきも大切です。

会社移転はなれている方はなんでもないのですが、初めてやなれていない場合、事前にどのようなことが必要かを書き出すことが重要です。


来週は防災関係をお伝えいたします。

8月29日(月)は「火災報知器受信機設置について」についてとなります。

この記事をはてなブックマークに追加

人の増員で移転をする注意点について。

2016年08月25日 07時32分42秒 | 会社移転
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「人の増員で移転をする注意点」についてとなります。

みなさまは会社を移転するときに、なんとなく机・書庫の位置を決めて引越しされることは
ありませんか。ドアより大きく入らない、荷物が多すぎて室内に入り切れないなどを聞くことがあります。
移転先の大きさが思ったより小さくて什器が思うように置けないようなこともあります。

引越し業者によっては移転レイアウトを作ってもらえる業者もありますが、会社移転を専門にしている業者であれば確実に現状の寸法から移転先の大きさにより良いレイアウトを作ってもらえます。
少し費用はかかりますが安心から業者に依頼をするのもよいでしょう。


8月26日(金)は「移転後の必要事項」についてとなります。

この記事をはてなブックマークに追加

会社移転の注意点について。

2016年08月24日 08時00分27秒 | 会社移転
おはようございます。オフィスプロデューサーの清水廣道です。

本日は「会社移転の注意点」についてとなります。

現在ある事務所から移転をする場合、気を付けなければならない注意点があります。
移転先の費用確保は当然かとは思いますが、現在入居の元に戻す原状回復工事費用を見なければ予算が足りないことがあります。
原状回復工事は入居の際、契約書にどこまでを行なうかを書面でありますが、無いとこもあり曖昧でごまかされることもあるので気を付けなければなりません。
一般的に原状回復は室内の床・壁のカーペットや壁紙(クロス)・ペンキ・蛍光灯の管球を交換でさらに傷などの補修・クリーニングも含まれ部屋の大きさにもよりますがかなりの金額がいくこともあります。
費用は敷金などで相殺しますが大概足りなく持出しなければならないこともあり移転費用は多めに取るとよいでしょう。


8月25日(木)は「人の増員で移転をする注意点」についてとなります。

この記事をはてなブックマークに追加