OZAWA ROWING 02: BLOG (更新休止中)

当ブログは休止→順次デジタル漕艇譜付属文書に移管中(あと369件,2009-2012) 最新記事はfacebookで

むしろマニュアル依存に危惧

2012-12-06 | whole-notes
トンネル事故,今朝のTVでは,トンネル点検要領に,打音検査項目がないとかでの点検要領の見直しの方向でハナシがすすんでいるようだ.けれどちょっと,その方向に危惧している.
私自身,前職では,実際にその点検要領に基づいたトンネル調査をなんどかやった経験がある(今回のような吊り天井ではなかったけれど). (その体験のほうは,守秘義務関連であまり申し上げられないが,市販されている点検要領のほうについてのコメントはさしつかえないと思うので言及):
ひとことで言えば,マニュアル(要領)はあくまで「要領」,リスクを把握していくための「とっかかり」にすぎない. 本当に必要なリスク管理の責任は,それを管轄する行政・監督官庁や法律などにあるのではなく,まさにトンネルを管理する企業や委託された調査会社とか現場の調査員,その業務を請け負う技術責任者にあるといえる. 問題は,その過程が重層的で,「どこが臨機応変の対応をするか」があいまいに希釈されてしまうということ. 現場の点検員が,マニュアルや業務に規定していない異変・兆候に気づいてもそれでどうするということが非常にしにくいシステムだということだ.
もちろん,事故を受けてマニュアルを改訂するというのは必要だろう. しかし「打音検査がなかったからこれを加えよう」というパッチワーク的改訂では,結局,現場の臨機応変をまたひとつ削ぐだけにおわるかもしれない.
今回の事故でより早く知りたいことは,何kmもあるトンネルの(吊天井の)この部分が落ちた原因である. 他の部分は大丈夫なのか,同じようにあと一歩で落ちるところだったのか. この部分が落ちた理由をしっかり解明することが,マニュアルの正しい改訂にも重要だ.
こういった事故とその安全対策は,ロウイングの安全に重なる部分も多々ある.システム,安全マニュアルの改訂は随時必要. しかしそれがマニュアル依存,用心(危険に対するコーチやクルーの感受性)を鈍らせることにつながってはいけない. また,今回の大きな教訓は「35年大丈夫だったから」ということには何の頼れるものもない,ということ. どんなリスクがあるか,それにきちんと対応できているのか?を真剣に見直す,リチェック(再点検)しなければ,ロウイングの安全はおぼつかない.
以上,2012.12.6記 (本稿書き直しは,追記,後日のブロックで行います.)

この記事をはてなブックマークに追加

ブログ,ORインフォ,FaceBook,桑野のブログ

2012-12-05 | whole-notes
年明けから,桑野のなかのブログサイトを担当することになり,個人ブログやFaceBookのそれぞれの発信のスタンスをどうするか検討中. 以下参考:

当ブログ: 個人としてのブログとして発信(日々の思い,主にロウイングに関することだけどそれにとどまらず. 一部は内面の吐露w)
Ozawa Rowing Information: 最近更新していなくて恐縮.(原因はノートPCの技術的課題を含む.近々解消したい.ただ,たぶんウェブサイトの許容容量の限界もあって拡大できないかも)
FaceBook: 非公式言いたい放題?(いやそれほどでも. 常識を保ちつつ. でも先日,出張先ではとても有効に活用できたので,あのあたりが使いどころかと.まだよく使い方がなじんでいないのだけどw)

KUWANOのブログ(古川顧問ブログから交代): 代表としてそれなりに発信.加えて,社員のみんなのボート作りの奮闘の日々や,ロウイングのテクニカルなお役立ちチップスを紹介していきたい,と考えています. がまあやってみなければ.
(参考: 古川さんブログは,リンクレイアウトを変更しますが,桑野のということではなく「一自由漕艇人」として今まで以上にw自由に語っていただけるブログを継続(存続)し,そこへのリンクを遺す予定.
その他:桑野FaceBookもあります. どう活用&発信するか…面白そうだけど自分もよくわかっていないw まあ,これはKさんに任せておこう…

この記事をはてなブックマークに追加

アルバム整理中

2012-12-02 | whole-notes
古い写真を整理中.簡易のスキャナ(ナカバヤシ・フォトレコ)で. スキャナの画像処理プログラムが悪いのか,フィルムの劣化か,フィルムからよりプリントからのほうがなんとか綺麗に見える. スキャナのもっとちゃんとしたのが必要かも…と思いつつ,手軽さは抜群なので,有る程度妥協しつつ,作業をすすめている.

なかなか忘れていた面白い写真もあって手が止まったりw 80年代だと思うけど,瀬田川水域から古い廃エイトを貰って,ハルの大穴の修理と,分割艇化をすすめていたときのものなど. なかなか素敵なテーパーラインと自惚れていたが,イマイチだな…

この記事をはてなブックマークに追加

壮行会その他いろいろ

2012-12-01 | whole-notes
通院: 先の検診(胃カメラ,生体検査)で,異常なしだったけど,ピロリ菌は陽性ということで,念のため1週間連続で服用して退治するという薬を処方してもらった. 別の病院で予防的に…とはいかない(もう一度診察してでないと保険適用外?とかで出せない)とかで,胃カメラをしてもらったK医院に.ちょっと込んでいて1時間待って5分で説明を受け,処方してもらう. 親友がやっているいきつけ(…て書くと飲み屋みたいだw.訂正:主治医の)のHクリニックのとなりのZ薬局へ.薬をもらう.
散髪: 次はサンリブで3Qカット(千円散髪屋さん).どうも散髪は苦手のひとつ.「どう切りますか?」といわれてもなかなかw となりの中学生が,こと細かに「前髪の左側はこうで,前がなんとかくらいで,云々」指定しているのに尊敬の眼差し.
ヤマダ電機: 自宅(広島)の電話(ISDN,TEL,FAX2回線)を経費節減で単回線に落としたのと不調のTEL(電話帳ダイヤルが不調で乱数気味.アタリwが出るのにかなり回してみなければならなかった/泣)とFAXの後継に1台,16年使ってきたTV(もちろんブラウン管.旧規格で両端が切れて映っていた)の後継を買いにヤマダ電機.
それから電車で壮行会へ.久しぶりの広島路面電車で,古江-立町. 東急ハンズでウィンドウショッピング&壮行会のお返しプレゼント(小品)購入など.
 
忘年会兼壮行会: 太田川BC+数名=全11名での忘年会兼(桑野シフト・離広の)壮行会. 9月末のときはバタバタしてたし壮行会はいいよ,といっていたので,今回改めて開いてもらった.楽しいひと時でした.(会場は,皆実-修道-シェフジノ-)のF氏が店長の某・W民.もうずいぶん久しぶりの方もあり,楽しかった.
その後,二次会はエレナ. 「あの頃」からもうぶいぶんご無沙汰だったけど,店もオーナーも昔のまま.ほとんど独占状態で,気を利かせてオーナーは,拓郎とか風とかイルカとか,知る人しか知らない「嫁ぐ日」とか,がかかったりで個人的には大満足.カラオケは遠慮しときましたw 

この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの高速走行で

2012-11-30 | whole-notes
今日の仕事は,久々に手を動かすこと(ピッチゲージの点検補修)があったのでウキウキw 予想以上に時間をかけてしまったw
さて,残務を終えて週末は広島に車でもどることに. 9月末の移動の際,冬タイヤまで積んでこれなかったので,今回広島にもどり積んで滋賀に戻って冬タイヤに交換予定. 今回,太田川忘年会(兼私の桑野への壮行会ということで,感謝)がこの週末になったのでありがたく参加することに. あわせてその他残務片付け. 今回皆実は試験週間でクルーには会えそうになく残念だけど.
さて20:30堅田出発.ふだん積んでいるガラクタを降ろしたせいか,かなり快調に走る. 頭に乗ってどんどん走っていたら,たぶん吹田ジャンクションをまっすぐ行ったようだ.あれよ…というまに「西宮料金所??」なんてあったかな…「芦屋??」と修正指示するナビの指示にしたがって,「おお魚崎…たしかボートが…」などと思いつつ,分けのわからない地下道のようなところをグルーンと回ったり,なんだか奇妙なVターンなどしながらようやく三木ジャンクションで山陽道に復帰…(続きは後で)

この記事をはてなブックマークに追加