オズマの部屋 -バス釣り,政治経済,クルマの話等-

「バス釣り日記」が主題。色々な話題を中年オヤジが持論で展開。「真実は孤独なり」を痛感する日々。

2017/08/13 メトロリバー 「歩け,15キロ!」の巻

2017-08-13 | 2017オズマのバス釣りレポート


やっぱりストラディックCI4+2500HGSに戻そう。相性は重要だ。

 前回,とはいっても2日前に出家をくらったメトロリバー。だがしかし,はちろうさんがその翌日にNポイントで釣っている

 でも,僕としては真夏のNポイントにいい思い出がない。いや,なんともやる気がしないのだ。なによりDQN・BBQ多発地帯で,釣りに集中できないというのもある

 今日は5時起床,6時チョイ出発で中流域をこれでもかと攻めまくる作戦である。

 まずはN島ポイント。全然バスが見えない。無茶苦茶クリアになっているのにバスが見えない。ボイルもない。ましてや10UPのバイトもない。

 仕方ないので禁断のチェリー1フッターを投げると一発でコイがきたああ


ベイトフィネスでも上がるには上がる。しかし,まったく満足できない。

 真夏のコイをメトロリバーで本気で釣るならもっと釣れるが面白くない。八郎潟のような野生というよりは,明らかにヤマトゴイならではの習性っぽくて,しかも疲れるだけの綱引き大会。

 11時まで粘ったN島ポイントから今度はIDポイントへ。先行者が幸い居たので訊いてみると「まったくダメ」とか。たしかにバスがまったく見えない。水深2mボトムまで見えるほどにクリアになっているのにバスが見えないのはマズイ


K橋ポイント,Cポイントにもバスが居ない。

 「バスが居ない」と思えるのは,いわゆる10UPのバイトがまったくないからだ。いくらなんでも10UPが釣れるのがメトロの夏のハズ。

 すでに12キロほど歩いてきたが,さらに上流を目指そう

 途中「くたびれ大橋」にも寄ったが,まさにくたびれただけ。いやホント,ライジャケ着てないと怖いですよ。増水しているし。

 お昼を食べることもできず,ミルクコーヒーを食事代わりに食べる。いや,よく考えたら朝イチにパンを1個食べていたんだ。これでまだ頑張れるゾ。

 着いたのは,実に1年8ヶ月バスを釣っていないKポイント。自宅から最も近くて,ここで釣れたら嬉しいというポイントなのだ。もちろんコンビニはないけど...。

 ここでひらめいたのが「カトテ(スモーク)3.5インチのスプリットリグ」。前回Uさんにお会いしたときに,カトテ3.5インチが結構いいと聞いていたのである。

 そして投げるといきなり違和感。そしていきなり縦ジャンプ これは40UP確実。しかし周囲はテトラが埋まっている。頑張って手前に出ようとした瞬間,痛恨のラインブレイク...

 だからかあ。Uさんとかがベイトフィネス8LBで釣りをするのは。これはたしかに,かかっても取れない可能性が高すぎる。次回から実践してみよう。

 悔しい重いを「2インチヤマセンコー・スプリットリグ」に結び変えて心の安寧をはかることにする。


出家回避。そして2匹め。


流心で釣れると15UPに成長するが,手前だと10UPになってしまう。


それでもバスだけで6匹。新記録更新。これが最低20UPならさらに文句なしなんですがそれは贅沢です。

 こう書くとあっという間のようだが,事実あっという間であった。

 15時30分に移動したKポイントでいきなり40UPをバラシたが,10UPの猛攻が事実としてあった。17時までにバラシを含めれば軽く15匹は針がかりしているのだ

 今回思い知ったのは「前回よかったポイント」がまったく通用しない事実。そして,やはりダウンショットよりも「ゴム張りシンカー」によるスプリットショットリグは相当釣りやすいことである。

 もっとも,N島でも,K橋でも,Cポイントでもやってみたのだ。だが,バスが居ない限りまったく何も起きないという事実があった。

 これで,なんとか休暇を出家回避で超えることができた。次回の課題は,「スプリットショットの鬼」になることだ。事実,僕は25年ほど前にマスバリでまさに鬼のように釣っていた。釣り研究会時代のあだ名も「鬼だった(笑)。

 それにしても,とてつもない距離を歩いた。万歩計W振りきりまであとわずかの19532歩・15.3キロを歩いた。

 最後に,整理したフック類のおかげで,カトテ3.5用のフックが足りないことが判明。

 今度こそ40UPを釣ってやるぞ

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 【リューギR-TANK-XL購入】ま... | トップ | 【備忘録 Windows10 メール... »
最近の画像もっと見る

2017オズマのバス釣りレポート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。