オズマの部屋 -バス釣り,政治経済,クルマの話等-

「バス釣り日記」が主題。色々な話題を中年オヤジが持論で展開。「真実は孤独なり」を痛感する日々。

2017/07/17 とある水路 「ZODIAS-158ML-2 入魂完了!」の巻

2017-07-17 | 2017オズマのバス釣りレポート


今日はZODIAS-158ML-2に入魂するのだ。

 釣りキチなので,7/15水郷のあとは比較的近所の「とある水路」に行ってみた。そう,前回バスがやたらとバレた悔しい水路である。

 最寄り駅からどんどん上流に行く作戦。無謀な挑戦は大好きだ


アタリがないのでチェリー1フッターを入れたのが間違いの元。

 たしかにバスが見えるが,ハードルアーのみの選択で来たのでバイトがない。いや,正確には「カトテ4インチ」だけはもってきたが,ワームにするとさらに無反応。勉強になるよねえ

 日陰のいかにも,というポイントでまずはクランク(ラパラDT-4)でバスらしき魚をバラシ。なんで食いが浅いのかな....。ナイロン10LBでも食い込まないとは...。

 チェリー1フッターは,前回フックを粉砕されたので強靭なバーブレス仕様に変更。これを投げると,着水同時に水面炸裂


15分以上の格闘の末,抱きとり法で取り込み。リアル三平くんです(笑)。

 もういい,コイは釣りたくない。ZODIASの究極の粘り腰は,むしろ水郷やら印旛新川に向いていると思った一コマである。

 でも,もう食ってこないだろうと安心して第ニ投。また食ってきたジョーズみたいに強烈な波を立てて襲ってくるんだ


取り込みせずに,ペンチでリリース完了。助かった。

 もう腕がパンパンだ。「パンコイ」ならぬ「ルアーでコイ」はもうやめよう。

 そう思いながら,どんどん登っていく。途中でナマズバイトとやっぱり小さいバスがDT-4にだけ反応する。シャッドラップにも反応するが,他のクランクとかはまったくダメ。ラパラにしか反応しないとは結構難しいのか

 仕方ないので,DT-4の「スモールマウスカラー」を投げ続けると,またもや強烈な引き込みが


足場が高くて取り込めません。ルアーが消えた...。

 バーブレスなので外れるかと思いきや,コイの分厚い唇には無理でした。10LBラインが切れました,さすがに...

 ここでお昼近くになり,近くのコンビニで食料調達...って,カツ丼食ったあとの写真です。


家から1.5L,現地で1Lを飲み干して,さらにビールを2本とアイスクリーム。マジで暑かった

 昼飯食べたら「もう釣れないかも」という気分が先行したが,持っているルアーをひたすら投げよう


ハンクルWプロップにバイトあり。バスは湧いていた。
 
 本流筋はバスだらけだが,スピニングを置いてきたのでまったく食わせられない。それでも,バスの魚影の濃さは相当なもの。
 
 時刻は15時。もうタイムアップしよう。なんか暑すぎて,さすがに疲れたしね。

 それにしてもZODIAS-158ML-2は,初代マシンガンを彷彿させる性能。これは水郷必携,いや与田浦必携ですね

 さあ3連休,一応丸ボーズなしでは終わった。明日から仕事,マジで頑張らないと終わらない納期前です...。

『釣り』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ターボありでも燃費はよくなる。 | トップ | 食玩? パン? 後輩に買っ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。