膳-Sai

料理サロン Tomoko's Tableのご紹介。
食にまつわる、日々の暮らしを・・・

アンダルシア産イベリコハムのセミナー

2017-07-11 22:48:45 | スローフード

今日はカイハウスさんのお誘いで、アンダルシア産イベリコハムのセミナーに行ってきました。

             

会場は京都駅前の京都タワーホテル。ホテルは初めて。1階のお土産物売り場も地下の京都タワーサンドというフードコートも新しく、びっくりしました。

カイハウスのアーティストクラブに所属されてるお料理教室の先生方14名ほど参加されてて、お名刺も交換させていただきました。
なかなかお会いする機会がなく、お話しさせていただくのも楽しかったです。

さて、会場は130名満杯。イベリコハムのサーヴィスもありました

            

黒いタグ付き、最高級です。

席にはオリーブオイルやシェリービネガーの試食が置いてあります。巨大なオリーブの実も

           

1部はアンダルシア産オリーブオイルやシェリー酒、ビネガーを使ったお料理の紹介です。
アンダルシアで星付きレストランのシェフ、ホセさん、そして、日本料理店をされてる高倉さんのお料理です。

           

アボカドに塩を振り、オリーブオイルでコーティング、右はジャガイモのピュレにタコ、パプリカのソース
奥はイベリコハムの骨。骨で取った出汁を使ってます。

           

緑のソースは抹茶とオリーブオイル。

          

左はヒメジにシェリーの香りを移して低温調理したお料理。右はイベリコ豚をマリネして黒ごまをまぶして、低温で焼いたもの。下には紫芋のピュレ

試食はアボカドとオリーブにシェリー酒のジェリーを詰めたものでした。どちらも軽い感じで美味しかった。
出来れば全部食べてみたかった。。残念。

2部はイベリコハムの規定、カット方法の講習

         

切った面がまっすぐ平でなくてはいけないそうです。

         

こんな感じに。ハムは脂も有るところ少ないところと場所によって色々なので、2枚ぐらいのお皿を用意し、盛りつけるようにするそうです。

いろんな盛りつけがあるようです。

         

これは全部、盛り付け例。どれもアーティスティックですごい!

あっという間に終了時間。最後にセミナー終了証をいただきました。
イベリコ豚、ハム、知らなかったことばかり。イベリコ豚はみんなどんぐりで育ってるわけではなく、等級があり、厳しい管理を要するみたい。
百聞は一見に如かず、で有意義な一日でした。

帰りに伊勢丹により、お中元を贈ったり、お買い物をして、帰りました。

暑い一日でした。明日も暑そうですが、皆さまご自愛くださいませ。

 

さぁ、明日はレシピの続き。来週からお教室だというのに、準備が・・・・・

 

 

 

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長艸純恵先生のご講演 | トップ | 「ええ古都なら」7月のお料理... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL