膳-Sai

料理サロン Tomoko's Tableのご紹介。
食にまつわる、日々の暮らしを・・・

10年目のお教室

2017-03-16 00:09:16 | 料理教室

今年はTomoko’s Tableを開講して10年目の節目の年です。
お陰様で2月から10年目に入りました。

お教室自体は16年前から、一クラスの出張教室から始まり、木津川台のお友達のアルテヌォヴァ(音楽教室)の2階キッチンで、そして、自宅で。出張お教室の前はケータリング、「あまから手帖」で紹介されて、お伺いしたお客様のお家に来てくださってた方々のお教室リクエストがそもそもの始まり。ありがたいことに一番初めからの方が2名、まだ続けて来てくださってます。本当にありがたくうれしいです。
今から思えば、イマイチのお料理も多々あったことと思います。でも、根気よく支えてくださって、今があるのだなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。
お教室といっても、Tomoko's tableはお料理の資格が取れるわけでもなく、初心者の方への正しい指導もありません。
ただ、私のオリジナルの作りやすく、いつもと少し違った、ちょっとおしゃれなお料理があるだけ。
あとは、ご参加くださった皆さんとの楽しい時間、情報交換や人生相談、等々、メンバーでもずいぶん変わりますが、皆さんのご協力で楽しい時間を作ってくださってます。

そもそも、お教室でのお料理リクエストは「嫁に自慢できるお料理」!
息子さんが家族で帰省されたときに、パパッとつくれる、あっと驚くお料理。もちろん美味しくて。
主婦って大変、帰省となると、お布団の準備、お掃除、お献立を考えて、お買い物。そしてお料理。後片付け。
なかなか限られた時間の中で手の込んだ立派なお料理を作るのは大変です。一品というわけにもいかないし。。
でも、お嫁さんからは「お母さん、素敵なお料理ですね!」って言ってもらいたい。
そうですよね~~、こんな珍しいお料理もあるんだわ~~、すごーーい!って。。

今でもお料理の根底にはこの考えがあります。
作りやすいということは、一つのレシピに必要な食材をなるべく減らすこと。厳選する。
用意する食材が多いと、材料を見ただけで買い物する気力が失せます。
それと、なるべく身近に手に入るもの。遠くてもデパ地下で調達できる。たまにお取り寄せもありますが。。
いつもと違った感じは、香りや食材の組み合わせで表現できます。。スパイスやハーブもいつもと同じ使い方では面白くないし。ダブルで使ったり、和、洋、中、エスニック、それらをミックスしても楽しい!身近なものでの組み合わせの変化で対応できます。
そして、奈良の食材も大切に。やっぱり身近な食材は安心。 

私のお料理は私らしいお料理。オリジナルな世界を表現してると思ってます。お教室に来てくださってる方は、感じてくださってるはず。

これからも変わることなく、表現して、皆さんに活用していただきたいです。そうなれるよう、努力も必要!

最後に

記念にお友達の染裂澤田さんにお教室オリジナルの日本手ぬぐいを作っていただきました。
お教室ロゴに奈良の色んなものがあちこちに散りばめられてます。
とってもお気に入り!
澤田さん、ありがとう!

        

 

連日、来月のお教室メニューの試作撮影に励んでます。
今日のはなかなかのヒットでした。

おたのしみに~~

 

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝食とお花 | トップ | タマゴサンドと朝食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

料理教室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL