晴釣雨読

歴史文化を読み解く

トーマス・マン「ブッデンブローク家の人々」

2006-12-21 05:33:17 | 文学をめぐるエッセー
トーマス・マン『ブッデンブローク家の人々』(川村二郎訳)(*)を読み終えた。四六版・8ポイント・二段組みで576ページの大作である。

北ドイツのリューベックに住む商人一家の1835年から1875年までの年代記で、その間の没落の過程をつぶさに見つめたものだ。

土地で信望の篤い古い商家が、時代の流れに乗り切れず、次第に没落の渦に飲み込まれていく、というストーリーは、島崎藤村『夜明け前』や映画『山猫』(ルキノ・ヴィスコンティ監督)に似ている、と一読して感じた。没落する家族への温かい視線が共通だ。トーマス・マンはブッデンブローク家のモデルに自らのマン家を充てたという。

裕福な商家を見る視点は俯瞰的・客観的であるが、随所に皮肉を利かせてところは何かに似ていると思った。そう、『失われた時を求めて』において、プルーストが貴族階級を描写する際の皮肉にも共通するところがあるのだ。プルーストの場合は、俯瞰的・客観的でなく、内在的・主観的であるのだが。

トーマス・マンは22歳から25歳にかけてこの作品を執筆し、26歳(1901年)の時に出版したという。恐るべき「若書き」である。その俯瞰的・客観的な描写力や人を見る皮肉さは到底20歳代の若者のものとは思えないし、全576ページの小説の構成力も老成した人間の手になるといっても通用するほどだ。
 
若いころ『魔の山』(1924年)を読んだのが私のトーマス・マン体験のすべてであったが、ほかにも興味を引く小説がありそうである。『ヨゼフとその兄弟』など。いつか、読む機会ができるであろうか?  (2006/12)
ジャンル:
小説
キーワード
トーマス・マン プルースト ブッデンブローク家の人々 1924年 失われた時を求めて 1901年 1875年 リューベック 1835年 ヴィスコンティ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 木下順二が亡くなった | トップ | 女性画家の宿命 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トーマスマンについて (高橋忠夫)
2007-06-11 10:27:34
現在、シドニーで駐在員をしております。2年前より30年ぶりにドイツ語の勉強を始めました。トーマスマンは昔より関心があったのですが、”ブッデンブローク”を日日本語で読み、それから、ドイツ語CD22枚【28時間】を本と一緒に原語で読みました。CDは通勤時に聞いておりますが、もう7−8回は聞いております。当地で、ドイツ人の先生について勉強をしており、彼にもこのCDを貸しましたところ、本を読んだのとまた違った印象があり非常に面白かったとのことでした。それから、同様に、”魔の山”を半年掛りで読み、現在は”ヨゼフ”に挑戦中です。これも、1年かかりそうです。
先生とのトーマスマンについての話で、なぜ、”ブッデンブローク”や”魔の山”を書いたのかは何となくわかるが、ではなぜ”ヨゼフ”を書いたのかはよくわからんと言う話をしております。


トーマス・マン愛好家に乾杯! (ozekia)
2007-06-11 18:16:50
ozekia です。コメントありがとうございました。
私が「ブッデンブローク家の人々」を読んだきっかけは、若いころ友人がこの本を読んで自慢していた残像が残っていて、いつか読んでみようと思っていたことと、たまたま、本棚のトーマス・マンに眼が行ったこととが重なった結果です。
今は、「ヨゼフとその兄弟」に取り掛かるべきかどうか、思案中です。なにしろ、3巻もありますので、慎重になります。私の場合は日本語での挑戦です。
ヨセフとその兄弟 (まったあり)
2009-01-08 14:49:28
年末年始に10日間をかけてついに、”ヨセフとその兄弟”を読了しました。今までの人生で読んだ本で最高の本でした。最初の部分はかなり取りつきにくいですが。
引き続き、今度はドイツ語の30枚のCDを聞きながら、原文を眺めております。
ヨゼフとその兄弟 (ozekia)
2009-01-09 21:38:27
まったありさん。コメントありがとうございました。私は今のところ大作に取り組む気力に欠けていて、いつ「ヨゼフとその兄弟」に取り掛かれるか、見通しは立っていません。
今年はバイロイトに行きますので、ドイツ文化漬けになることは間違いありませんが。
Unknown (まったあり)
2009-12-04 19:38:39
おひさしぶりです。退職して、88歳の母の介護を姉に頼んで、シドニーに束の間の遊びに来ております。
本日、古本屋でワーグナーの上演空間という古本を見つけたので買いました。明日はドイツ人の先生と早速このお話します。先週は半年ぶりの再会で朝8時から夜8時まで寿司を食べながら政治、歴史、宗教、音楽などなど議論しました。トーマスマンの文は読むと音楽を感じます。先日たまたま読んでいた本で魔の山の状況設定と船の旅が似ているというような話がありましたが、納得です。11月の神田の古本市でFischer版のトーマスマンの本が10冊でておりましたので早速買いました。
今小生の書斎で並んでいます。
その中に、エリカマンの書いたトーマスマンの自伝がありました。トーマスマンの文に比べると比較的やさしいので3分の一まで来ました。トーマスマンに疲れると将棋24にはまり、女房に怒られております。
1400まではいくのですが、なかなかそれ以上は難しいです。
ありがとうございます (ozekia)
2009-12-04 20:57:51
まったありさん、コメントありがとうございました。初めのコメントから通しで読むと、同じ人だったのですね。
「『待った』あり」さんと読むのでしょうか?

私のトーマス・マンに進捗はありませんが、彼の『ワーグナーと現代』(みすず書房)という著作を思い出しました。

どうぞ、他のコラムにも、よろしかったら、コメントをお寄せください。
Unknown (長澤)
2011-05-14 12:50:53
トーマス・マンの原文は、代名詞や接続詞で建物のように構築されていて、それ自体が全体として整っている感を持ちます。ドイツ語は、趣味で大学以来やっていますが、アメリカで実務に使用した英語のようにすらすらとはゆきません。ブッデンブロークスのドイツは、それでもマンの特徴はよく出ています。専門でにので、個人的な感想です。ヨーゼフは、私にはよく理解できません。マンの時代的な背景は、ドイツの中でも特殊で、ドイツの歴史でもなかなかでて来ないところです。
 作家の辻 邦生が、ブッツデンブロークスの原文ンを分析したことは、有名ですが、彼の小説の書き方がマンの文体によく似ていることは面白いことです。
簡単感想ですが。文学は専門外ですが、・・
Unknown (高橋忠夫)
2012-05-13 23:55:51
昨年、トーマスマンの小説を全てドイツ語で読もうという無謀な計画を立てました。日記や評論を除くと概ね7000ページとなります。約1年が過ぎ、1600ページを読了した。今後、2年か3年かかることと思います。
毎日3時に起きて2時間読み、自転車に乗る2時間CDを通して耳から聞くという作業をやってきました。後はドイツ人の友人と週に1度スカイプでトーマスマンの作品についての楽しい議論をしております。
こんにちわ (ozekia)
2012-05-14 12:38:16

こんにちわ、高橋さん。

毎日、規則正しく、トーマス・マンを読むという行為は、ドイツ人を彷彿させます。また、シニア世代の特権でもあります。

新潮社版『トーマス・マン全集 全12巻+別巻』と筑摩書房版『ヨセフとその兄弟 全3巻』が「BIBLOSの本棚」から飛び立ってしまい、今は手元にトーマス・マンが何もない事態に立ち至りました。
トーマスマン (高橋忠夫)
2012-05-15 07:48:40
5月16日から1カ月のヨーロッパ旅行に行きます。トーマスマン足跡を訪ねての一人旅です。各地にトーマスマン協会がありますの議論ができればうれしいです。
うらやましい限りです (ozekia)
2012-05-15 19:15:09

1ヶ月のドイツ滞在とはうらやましい限りです。
土産話を聞かせてください。

私が次ドイツに行くとすれば、ブレーメン近郊のヴォルプスヴェーデ村を見てきたいですね。19世紀末から20世紀初頭にかけて、そこを根拠にした芸術家集団を偲んでみたいと思っています。
こんばんわ (ozekia)
2012-05-15 20:31:02
長澤さん、こんばんわ。

確かに『ブッデンブローク家の人々』は構築的な文章でした。うねうねと離れが延びるような建築ではなく、しっかりとした石造りの3階建ての建物のようです。

辻邦生は私の性に合いません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む