小澤康二のことを忘れない

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

預金保険法

2017-07-08 08:13:20 | 日記
1946年に設立された一般社団法人日本損害保険協会は、主として日本国内の会員である損害保険業者の正しく良好な発展と信用性のさらなる前進を図り、それによって安心、なおかつ安全な世界を実現させることに寄与することを目的としている。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産などで運用して利益を求める投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものである。注意が必要なのは、取得して30日未満に解約した場合、その手数料にはペナルティが上乗せされるのです。
知っているようで知らない。株式について。社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資を受けるだけで出資した者に対しては出資金等の返済する義務は発生しないとされているのだ。それと、株式は売却によって換金できる。
ほとんどの株式市場に公開している上場企業の場合であれば、企業の運営のための資金調達の手段として、株式だけではなく、さらに社債も発行するのが当たり前。株式と社債の違うところは、返済義務の存在ですからご注意を。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスとは、銀行の普通預金口座と同一金融グループの証券取引口座、2つの口座の間で、株式等の購入資金、売却益が自動的に振替えてくれるぜひ利用したいサービス。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み戦略なのです。
覚えておこう、ペイオフについて。防ぐことができなかった金融機関の経営破綻が原因の倒産の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護対象とされている預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事なのです。
いわゆる「重大な違反」になるのかそうでないのかは、金融庁が判定するものである。ほぼ全ての場合、つまらない違反が非常にあり、それによる効果で、「重大な違反」認定するもの。
今はタンス預金なのか?物価上昇中は、インフレ分お金の価値が下がる。だからたちまち生活に必要のないお金なら、タンス預金ではなく安全で金利も付く商品に資金を移した方がよいだろう。
覚えておこう、ペイオフって何?突然の金融機関の経営の破綻の状態の際に、預金保険法の規定によって保護できる個人や法人等、預金者の預金債権に、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
昭和48年に設立された日本証券業協会とは、協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の株券など、有価証券の売買等の取引業務を公正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体の堅調な振興を図り、投資者を守ることを目的としているのです。
平成10年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として委員長は大臣と決めた新しい組織である金融再生委員会が設置され、官僚を長とする金融監督庁は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に約2年7か月配されていたのだ。
すべての証券会社が設立者である日本証券業協会では、協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の行う有価証券(株券や債券など)の取引(売買等)を公正で円滑にし、金融商品取引業の堅実な進歩を図り、投資者を守ることが目的である。
よく引き合いに出される「銀行の経営がどうなるかは銀行に信頼があってうまくいくか、そうでなければ融資する値打ちがない銀行であると審判されて発展しなくなる、二つのうち一つである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
結局「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」の3つの機能を銀行の3大機能と言うのである。この機能は銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」それに銀行そのものの信用力によって実現できているものであると考えられる。
きちんと知っておきたい用語。外貨両替の内容⇒日本国外への旅行あるいは外貨が手元になければいけない際に活用されるものである。円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
小澤康二
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 株式を発行した企業 | トップ | 手段として、 »

日記」カテゴリの最新記事