kei's ピアノ教室【エンジョイピアノ♪】

小さなお子さんは音楽で遊び耳を育てることから。アンサンブルで音楽がもっと好きに。ピアノが一生の友になるようお手伝いします

ピアノが下手になる3つのポイントとは?

2016年11月01日 | ピアノ教室
ピアノ雑誌にこんなことが書いてありました。

【ピアノが下手になるポイント】

速い
多い
長い

練習する際、

【速い】言葉通り、テンポが速い。
【多い】慣れない曲なのにいきなり両手で弾く。
【長い】練習はいつも、曲の最初から最後まで通して弾く。



要するに、この反対をすれば上手になるってことね。


さて、


これは、生徒のRちゃんが書いた練習の手順。





うわー!
バッチリ!


3つのポイント、ちゃーんとクリアね。


レッスンで演奏を聴くのが楽しみです。










Rちゃんには、可愛い顔の描き方を教えてもらいました。(上2つは、私が描いた





生徒さんのノートに描くのが楽しみ




*************************

只今、アンサンブルサークル『おばさんぶる』ではメンバー募集中です!

フルート、ヴァイオリン、鍵盤ハーモニカ、お待ちしています

(コチラ)

   


******************************




@kei's ピアノ教室 HP










ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピアノの先生もハマる音楽ア... | トップ | 岡山の美味しい旅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドキッ!! (一休さん)
2016-11-05 09:26:43
kei先生お久しぶりです。
ピアノが下手になるポイントを見てドキッ!!!なのです。
かなり当てはまっております。
特に「長い」
ピアノもフルートも練習はいつも、曲の最初から最後まで通しております。。
苦手な部分を集中的に練習すればいいと分かってはいるのですが・・・
そういう練習の仕方をしてみた時期もあったんですけど、結局はまた元の木阿弥。
最初から最後まで通すやり方に戻ってました、。
あ~~情けない。
そう思いながら今日も最初から最後まで何度か通して終わるんだろうな~~~

ところで、iPadの音楽アプリ面白そうですね。
右手と左手を別々に動かす練習にもなりそうかな??
iPadを持っていれば即挑戦するところなのですが・・・
お久しぶりです! (kei)
2016-11-05 22:49:00
わーい、一休さん!\(^o^)/
コメント、ありがとうございます

フルートとピアノ、今もダブルレッスン頑張っていらっしゃるのですね

あははー、長いが当てはまりますか。
一休さんの場合は、毎日のように練習されているので、素晴らしいですー

iPadのアプリ、一部はiPhoneでも使えます。楽しいですよ〜

コメントを投稿

ピアノ教室」カテゴリの最新記事