ぶらぶら人生

心の呟き

返り咲き

2016-09-30 | 味わい深い表現

中学校の校庭脇に咲いていた櫻。
10個あまりは、ありそうだった。
梢の先に。




(9月27日 撮影)



        人間の一生にも、<返り咲き>が在れば、面白い?
        しかし、老女に、そんな瞬間が訪れたなら、ひたすら途惑うばかりだろう!?

        9月、去る。 

この記事をはてなブックマークに追加

黄葉始まる

2016-09-29 | 小庭の四季

昨日来、雨続く。
風もやや強く、庭木や山の木々を揺らしている。



ジューンベリーの黄葉
落葉間近
(9月27日の裏庭)


雑草とミズヒキソウ
(9月27日の前庭)

この記事をはてなブックマークに追加

香り始めて

2016-09-28 | 小庭の四季

二つの花、咲く

金木犀
今朝、その香で、花に気づく。

家小(ち)さく木犀の香の大いなる 高野素十 
(『歳時記』より)


ホトトギスも、咲き始める。
第1号。

この記事をはてなブックマークに追加

コーヒーとケーキ

2016-09-28 | 草花舎の四季


コーヒ―&チョコレートケーキ


入口から、花水木眺める。(落葉近し)


用があって、徒歩で出かける場所といえば、郵便局である。
その郵便局と家の間に、草花舎があるのはありがたい。

最近は、歩いているとき、すぐ休憩したくなるのだ。
体調に自信のない日は、特に。
Tちゃんから、
「休みの日でも、トントンしてみてください」
と、言っていただく。
その言葉が、ありがたい。

コーヒーをいただきながら、Yさんと、日本の、また世界の、暗い世相について話す。
二人でぼやいても、どうなることでもないと思いながら…。


帰途、草花舎の隣で、久しぶりにSさんに会った。
S邸の、庭の花(多くはプランターや鉢植え)を、通りすがりに楽しませてもらっていた。
ところが、花の鉢が少ない。
Sさんは、片づけに励んでおられるところだった。
雨漏りがひどく、改築されるという。

ご主人のGさんが、薬局を営んでおられた当時、私はよく利用した。
そのGさんは、ずいぶん若く亡くなられた。
とても親しみやすい人で、薬を買いに行くと、つい話が長くなったものだ。
PCの知識も豊かで、<Wikipedia>が、調べごとには便利だと教えてくださったのも、Gさんだった。
思い出の場も、消えてしまうことになるのだ。

(ふと、お別れの日を思い出した。
 葬儀の帰り、Yさんの車に乗せてもらって草花舎に立ち寄り、ふたりでしんみりと話したことを思い出す。
 窓辺に、雨が降りしきっていた。
 
 幾年前の話だろうか?
 Yさんが、まだ赤い車(今は黄色)に乗っておられたころだった。)


あれこれ話しているうちに、シルバーホームのことが話題となった。
Sさんは、市内のホームについて、詳しい話を聞かせてくださった。
「仮入所して、体験してみては?」
とも、言ってくださった。
(長時間の立ち話となり、すっかり疲れた。)

26日の夜以来、かなり深刻に、残生の生き方を考えた。
シルバーホームに入った場合を想像して…。
一番の魅力は、炊事をしないで済むことだろう、等々。

しかし、私は昔から、集団生活が嫌いである。
独立した部屋とはいっても、一歩ドアの外に出れば、老人ばかりという風景も、楽しくなさそうだ。

現在は、外出をしない日も、庭に出て外気に触れたり、草花の変化を楽しんだり、部屋と部屋を行き来できる。
書棚の本を手に取って、数ページを立ち読みする楽しみだってある。

ホームの個室で過ごす24時間を考えると、息が詰まりそうだ。
やはり、やめた!
自由が一番、と結論を出す。
買い物は不便だし、料理も好きではないけれど、自立できる間は頭を使い、自分への奉仕を楽しむことにしよう、と。

この記事をはてなブックマークに追加

華やぎ(コリウス)

2016-09-27 | 身辺雑記

郵便局前の華やぎ(プランターの中)
各コリウスの意匠の美しさと様々な色の楽しさ














外を歩けば、美しいものに出合える幸せがある。
こういう日に終りが来るのも、そう遠くはないような自信なさが、ふと心をよぎるこの頃である。
(以上は、昨日)

この記事をはてなブックマークに追加

ナンバンギセルほか

2016-09-26 | 小庭の四季

(9月25日)
小さな喜びを覚える朝であった。

いつものように、家の周りを一巡りする。
ささやかな変化を見逃さないようにと、気をつけながら…。
この時期は、崖にも目をやる。
秋の七草やナンバンギセルに出合えるかもしれないと思いつつ。

昨朝、ナンバンギセル(思い草) を見つけた。
露に濡れた草の中に。
「あらッ、咲いてくれたの!」と、喜ぶ。
野の宝物を見つけた気分だ。
(昨年も、一昨年も、この花に出合えなかった。)

毎日、諦めずに探していた甲斐があった。
紫色の花の気配に気づいたのは、予想していたより高い場所であった。

今秋の、貴重なナンバンギセルということになるだろう。

横を向いて咲くナンバンキセル


しゃがんで、花の口も覗きこむ


もう一つ、ノボタンの蕾にも気づいた。
冬の寒さで枯れたと思っていた木の根元から、か弱いけれど茎が伸び、再生の気配があった。

花は、早くても来年のことだろう、と思っていた。
それだけに、蕾の存在は嬉しかった。
咲いてくれるかもしれない、と。

蕾の色が美しい

以下は、昨朝、デジカメに収めた花や実。

ナンバンギセルの近くに、フジバカマの蕾も…


ミズヒキソウ


ムラサキシキブ


シロシキブ


シュウメイギク

この記事をはてなブックマークに追加

外を歩けば 6 (荒磯館で)

2016-09-25 | 散歩道

荒磯館へ
(旧国道からの眺め)



レストランからの眺め


同上


今日の食事(天婦羅定食)

この記事をはてなブックマークに追加

外を歩けば 5 (海と空と雲)

2016-09-25 | 散歩道

碧い風景

海と空
(島影は「高島」)


海上に「高島」
(島には白い灯台。海面には筋模様。)


土田海岸の手前から
(海岸沿いに、向こう端までは歩いて引き返す自信がなく、人気もなく、波もない湾の景を眺める。)


雲の景

この記事をはてなブックマークに追加

外を歩けば 4 (カンナ‐檀特・その他)

2016-09-25 | 散歩道

カンナ・檀特






ジュズダマ


ススキ


土田海岸から、緩やかな坂を上る途中に、新築の家があった。
椿の季節(Nさん邸の庭で、花を見せていただいたころ)には、なかった家である。
樹木の全くない、殺風景な庭に、車が2台置いてあったが、人の気配はなく…。
移ろうのは、自然の景だけではない。



この記事をはてなブックマークに追加

外を歩けば 3 (ニラの花と蝶)

2016-09-25 | 散歩道

ニラの花
(土田海岸近くの小径で)


ニラの花に蝶
蝶は、花に止まるときは羽を広げ、蜜を吸う間は羽をたたんでいた。
(小さな発見!)








この記事をはてなブックマークに追加