ぶらぶら人生

心の呟き

ゆるゆる暮らす

2012-04-30 | 身辺雑記
 今、大いに怠けて暮らしている。
 坐骨の辺りに違和感を感じたのは、17日の夜だった。
 その日はいつもより少々長く(といっても、わずか20分ばかり)、庭に出て草取りをした。
 過労になるほどがんばったわけでもないのに、坐骨神経痛を誘発したらしい、そう考え、いつものようにアンメルツを塗布してごまかしておいた。
 が、今回は容易に不快感が取れなかった。そればかりでなく、一晩、左脇腹に針を刺すような痛みを覚え、深夜から眠れなくなった。
 翌23日、病院にゆき、先生に相談した。
 腸に異常がないとすれば、帯状疱疹の可能性がある、とのことだった。
 末梢神経障害の治療薬(メチコバール錠)ガ出された。

 先生の予想されたとおり、兆候が現れたのは、27日の朝だった。
 鼻の頭に湿疹があるのに気づいた。顎の下にも。
 これが帯状疱疹? と不審に思った。(これは単なる吹き出ものだったのだが、これも原因は不明。)

 いよいよ怪しいと感じたのは、左膝の裏に無数の湿疹を見つけたときだった。
 厭な予感がした。
 帯状疱疹は痛みを伴う怖い病気だと思っていた。
 場合によっては、入院の必要があるのかもしれない、と。
 しかし、湿疹が生ずる前に比べれば、痛みは軽い。
 先生は、臀部から下腿にかけて出ている湿疹を確かめ、帯状疱疹に間違いないとおっしゃった。
 私自身には見えにくい部位に、帯状疱疹が出ているらしい。
 5日分の飲み薬と塗り薬が処方され、5月始めの再診を勧められた。
 いただいた薬は以下の通り。

   バルトレックス錠 (ウイルスを殺し、症状を改善させる薬)
   ロキソニン錠 (消炎・鎮痛剤)
   ムコスタ錠 (胃粘膜を保護して、潰瘍の発生を抑える薬)

   アラセナーA軟膏 (ウイルスを殺し、感染を治療する塗り薬)
   ゲンタシン軟膏 (抗生物質の外用剤、細菌による感染症の治療薬)<鼻に出た吹き出もの用>
 
 入院の必要はなさそうだと、安堵した。
 「病状は軽いほうでしょうか」
 と、尋ねると、
 「いや、ごく普通です」
 と、先生はおっしゃった。

 思いがけず、訪れる不調!
 これが、老いということなのだろう。

 そう難儀なわけではないけれど、無理をせずに、ゆるゆる暮らすことにした。
 こうして、4月も終わりとなった。
 
 季節は移ろい、辺りの緑が濃くなった。
 庭の花(ナルコラン・シロヤマブキ・シュンランなど)も、季節の彩を添えている。  
 


          

          

                       

             

             

この記事をはてなブックマークに追加

庭の賑わい

2012-04-17 | 身辺雑記
 どうしてそこにあるのか不思議なのだが、赤いチューリップが咲いた。
 その花の手前にあるのは、ハナニラである。
 今は裏庭の至る所に、ハナニラが咲いている。 

         

 名前を忘れた白い花が、花壇に咲いた。
 前庭には、ジュウニヒトエも、花盛りである。

 雑然とした花の庭は、私の心そのものようだ。
    
         
                      

 植えたわけではないのに、ムスカリの花が増えた。
 シャガの花も、ひっそりと咲き始めた。

            
 
            

 ゼンマイも、毎年生じる場所に、<の>の字をほどき始めていた。

                

 (新しいカメラで撮った写真の出来があまりよくない。私の不勉強で、カメラの性能を活かしていないのかもしれないけれど。
  色彩に不満である。特に紫色がうまく出ない。
  ジュウニヒトエもムスカリも、実物の色とはかなり異なる。)

この記事をはてなブックマークに追加

4月の庭 (山吹の花ほか)

2012-04-16 | 草花舎の四季
 草花舎の庭が、一気に華やいできた。
 八重咲きの山吹の花が、特に目立つ。
 
 スーザンさんにゆかりの海棠の花も、淡く咲いていた。
 わが家の花より、あえかな色をしている。
 同じ種の植物でも、色合いが微妙に異なる。

               
                
              

                    
 窓辺の花瓶には、山躑躅の花が活けてあった。
 入り口の大きな甕には、山躑躅にトサミズキも添えてあり、季節の移ろいを、花々が気づかせてくれる。
 室内には、サンシュユの花も、挿してあった。

 今、草花舎では、『ビンハウスのバティック展』(4月22日まで)が行われている。
 (サンシュユの花の奥に、その一部が見えている。)

 どこかに異国の味わいを秘めながら、身にまとえば、やさしく身体になじんでくれる。
 (ストール、ショール、スカーフ、ブラウス等など。)
 、


             

        

 庭のチューリップは、盛りを過ぎたものが多い。
 その中に、形状の異なるものもあった。         

        
     

この記事をはてなブックマークに追加

春の景

2012-04-13 | 身辺雑記
 過ぎゆく春の景を、心に刻む。
 一年後に、まためぐり会えることを願いながら。


         

                  

         

                   

              

            
                     
           

この記事をはてなブックマークに追加

出会いと別れ

2012-04-10 | 身辺雑記
 昨日、ソコロのNさんが来宅し、パソコン管理のお仕事をしてくださった。
 8年間お世話になったSさんの、後任としてきてくださったのだ。

 実は前日、<ディスク領域不足>のため、写真を取り込むことができなくなった。不要な写真を除去することで、当面の用は達せられたのだが、たまりにたまった写真を、近々CDに移さねばならない。
 早速、その件で、やり方を教わった。

 Nさんは、ご自分のアイパッドを持参し、その魅力も説明してくださった。
 大いに関心があるのだけれど、十分使いこなせるかどうか、もう少し時間をかけて考えてみようと思う。
 月一回の訪問日に、また持参するからとのこと。
 使わせていただいて、扱い得る脳力があるかどうか、試してからにしよう。
 昨日は、Nさんとの新しい出会いがあった。

 一方、お別れの日でもあった。
 Nさんの来宅中に、呼び鈴が鳴り、出てみると、スーザンさんだった。
 先日フランスから帰られたばかりである。お土産(表紙がモネの絵の、メモ手帳)を届けにきてくださったのだ。
 
 13日には、当地を発って、軽井沢に引っ越されることになっている。
 いろいろお忙しそうなので、今日、お別れの挨拶もした。
 用意していた心ばかりの餞別も渡して。
 メールアドレスを訪ねられたので、メモ用紙に書いて渡した。
 が、ご主人が億劫がらずにメールを記してくださらぬ限り、スーザンさんの意が私に届くことはないだろう。

 「日本語がもっと話せるようになって、また会いに来るから」
 とのことだったが、そんな日があるのかどうか。
 夢として、待っていよう。

 日本語の教えを請われて、スーザンとの出会いがあった。4年前の春だった。
 十分なことをして差し上げられないまま、お別れとなった。
 ご主人が日本人だから、これからは日常会話を通して、ひとりでに上達なさるだろう。

 軽井沢へは、車で行かれるようだ。
 13時間ぐらいはかかるだろうと、ご主人は話しておられた。

 戦後間もない少女時代に、堀辰雄の小説で知った軽井沢。
 当時はもちろん未知の地として、淡い憧れを抱いていたものだ。
 その地へ、スーザンさんは、引っ越される。
 言葉が不自由なので、その心境を尋ねるすべもなく、遠い地でのお幸せを祈るのみだった。

 会いと別れの春である。

 
 今朝、庭のジューンベリーの一枝に、花が咲いた。楚々とした風情で。
 海棠の花も、その数を増し、賑やかになりつつある。


           
   
           

この記事をはてなブックマークに追加

4月の庭 (桜、咲き満ちて)

2012-04-09 | 草花舎の四季
 昨日、草花舎に出かけた。
 前庭の桜も、裏庭の桜も、みな咲き満ちていた。
 鶯も鳴いて、のどかな午後であった。
、 
 食事をしながら、庭を眺めていると、吹く風が、早くも花びらを散らしていた。
 開花を待つ間は長く、咲き満ちた花の寿命は短い。
 そこが、桜の魅力でもあるのだろう。
 
 先日、デジカメを買い替え、使い慣れないカメラで写真を撮った。
 カメラによって、被写体の色は多少異なるのだろうか?
 高級カメラ持参のお客(顔見知りのSさん)も、庭に出て草花の写真を撮っておられた。
 その写真と比較すると、私の写真は、実にみすぼらしい。
 Sさんの写真は、植物の細部まで生き生きと写し取られ、色も本物さながらである。
 写真の出来映えの違いをみて、がっくりした。
 カメラを持たせてもらった。私の手には負えない重さだ。
 私には使いこなせそうにない。
 写真のできは悪くても、求めたカメラの性能を活かす工夫をすべきなのだろう。 

 Sさんは、アイパッドやスマートフォンを自在に使いこなしておられる。
 今はもう、パソコンを持ち歩くことはせず、アイパッドで、もろもろの用を達していると、話しておられた。Sさんのブログも見せていただいた。
 カメラに限らず、新しい機器が、体の一部になっているように思えた。
 ちょっと羨ましい気がした。
 好奇心だけは旺盛な私だが…。
 頭がついていかないだろうな?


  

      

  

  

  

この記事をはてなブックマークに追加

4月の満月とソーラーペンギン

2012-04-08 | 身辺雑記
 昨日は、4月らしからぬ、寒い一日だった。
 が、夕方から天気が回復し、4月の満月を眺めることはできた。

 星々の煌く夜空だったが、私のカメラがとらえたのはお月さまだけ。
 しかも、肉眼で見たお月様の味わいはなく、白いだけの、のっぺらぼうのお月様。

 月に誘われて、そぞろ歩きをしたい思いだった。が、夜になって冷え込みはますます厳しく、冬並みの寒さとなり、諦めざるを得なかった。
 庭に佇んでしばらく眺め、その後は、窓辺の月を見上げてひとときを過ごした。

       


 過日、水族館アクアスのお土産として、ペンギンの置物を、この春、ソコロを退職なさったSさんにいただいた。
 <ソーラーペンギン>である。
 背に太陽光線が当たると、それに反応して、ひとりでに身体をゆらゆらさせる。
 癒しののペンギン!
 先日、窓辺に置いて、その姿を撮った。
 右に少し傾(かし)いだ姿が愛らしいので、写真を添付した。

 このペンギン、月のほのかな薄明かりには、当然のことだが反応せず、今はすまし顔で、直立している。それもまた、愛らしい。 

               
 

この記事をはてなブックマークに追加

花冷えの一日

2012-04-07 | 身辺雑記
 いつになったら、本格的な春になるのだろう?
 今日もまた、寒い一日だった。
 <花冷え>という表現どおりの…。
 冷え込みが厳しいだけでなく、霰交じりの雨が降ったり、風も吹いたり。

 悪天候であったが、予定通り、かかり付けの眼科医に出かけた。
 永らく受診していないし、折に、活字の読みづらいこともあって。

 白内障の進み具合は、まずまずだった。
 が、一日3回、点眼を続けるようにと、ドライアイの目薬をもらった。

 裸眼視力は、思いのほか悪かった。(左 0・3 右 0・6)
 日常生活に不便を感じることはないけれど、健康な視力の人に比べれば、いい加減な見え方しかできていないのかもしれない。

 診察を終えたとき、雨が上がっていたので、久しぶりに益田川のほとりを歩いた。
 河岸の桜を眺めようと。
 しかし、怪しげな雲が広がり、たちまちの雨となった。
 しかも、風があって、容赦なくスカートの裾を濡らした。

 川沿いの桜並木も、見ごろを迎えていた。が、雨空の下では、その美しさも映えない。

 


 届け物があったので、帰途、妹の家に立ち寄った。
 折しも雨は降り止んでいた。そこで、まずは花見をと、雨上がりの庭を歩いた。

 以下は、多数撮った写真の一部。
 風変わりな椿の花、様々なボケの花、木蓮や馬酔木など。
 

      

      

  

  

  

  

          

     

     

この記事をはてなブックマークに追加

気づけば満開

2012-04-06 | 身辺雑記
 かかり付けの内科医院に行こうと外に出ると、隣家の桜が、ほぼ満開になっていた。

  さまざまの事おもひ出す桜かな  

 芭蕉の句(上記)のとおりである。
 長く年を重ねた身には、それだけ思い出すことも多い。

  

 T医院にも、鉢に咲く枝垂桜が置いてあった。
 孔雀椿(クジャクツバキ)や鶯神楽(ウグイスカグラ)など、初めてお目にかかる植物の鉢もあった。(いずれも、患者さんの育てられたもの。)
 よほど花に無関心な人でないかぎり、受診に訪れた患者は、鉢の前に佇んで、心慰められておられる様子だ。
 私も、そのひとりである。
 いつも、看護婦さんが、花の名前を教えてくださる。そこで、私はメモ帳を取り出し、その場で名前を記しておくことにしている。不確かになった記憶力を補うために。


                     
                   
     

この記事をはてなブックマークに追加

4月2日の花々(辛夷・山茱萸など)

2012-04-02 | 旅日記
 4月2日は、春の好天となった。
 辛夷の花を求めて、山口に出かけた。
 
 昨年の日記によると、4月1日には、山の辛夷が山肌を白くしていた。が、今年は全くその気配がない。
 春の訪れが遅く、すべての花の開花が遅れている。
 平地の辛夷も、まだ咲いていないかもしれないと、半信半疑であった。
 が、嬉しいことに、パークロード脇の辛夷も、赤煉瓦近くのそれも、ほぼ満開であった。

 辛夷の花は桜に先立って、春の訪れを告げてくれる花だ。
 あの楚々とした風情が好きで、毎春、その木の下に立ちたくなる。

   
        パークロード脇の辛夷


 久しぶりに、後河原にも行ってみた。
 桜は一二分咲き?といったところ。
 幾度たたずんか知れない橋に佇み、一の坂川の風景を眺めた。
 楊の新芽の、淡い緑も、美しい。

   

           

               

 珍しい椿や山茱萸(サンシュユ)の花なども眺め、めぐり来た春を楽しんだ。

          

               

         

この記事をはてなブックマークに追加