ぶらぶら人生

心の呟き

秋の旅 4 (京都・建仁寺)

2010-10-30 | 旅日記
 この時期、お天気は変化しやすい。
 28日の朝は、また曇り空となった。

        

 京都を発つまでに間があるので、祇園を歩き、建仁寺を訪れた。
 初めてお参りする名刹である。
 いただいたパンフレットには、<京都最古の禅寺>とあった。
 開山は、かの有名な栄西禅師である。
 謂れを持つ古寺であり、建物、襖絵、お庭など、それぞれに趣があった。
 折からまた雨となり、庭に風情を添えた。

 ビデオで、小堀泰巌老師の法話を聞いた。
 平易な言葉で、人間の生き方が語られていた。
 我を捨てること、慮りの心を持つこと。
 この単純なことができない性(さが)を悲しみながら、たまには立ち止まって、自省の日を生きようと思った。
 果たして、どこまで自己改革は可能だろうか。
 明日から、朝夕、仏壇の前に座ろう。老師の言葉にもあったように、自分のために、などと殊勝なことも考えた。

 (建仁寺の参拝は、今回の旅の、豪華な付録であった。)


        

        

        

        

        

        

        

        

               

この記事をはてなブックマークに追加

秋の旅 3 (奈良・法隆寺)

2010-10-30 | 旅日記
 27日は、晴れやかな朝だった。
 ホテルから眺める京都の市街地にも、光が注いでいた。(写真)

       

 今回は、お天気とも相談しながら行き先を考えるという気ままな旅であった。
 ただ、法隆寺には行ってみたいと考えていた。

 お天気に恵まれ、奈良へ。
 幾年ぶりの法隆寺なのか、思い出せないほどの歳月が流れた。
 余生を考えると、法隆寺を再度訪れる機会は、なさそうに思える。
 
 今回は、時間をかけてゆっくり拝観した。
 大宝蔵院の展示物を見、夢殿の内部(秋季の特別開扉中)も、見ることができた。
 正岡子規の句碑(柿くえば…)の前にも佇んだ。

 紅葉の季節には早く、境内に色づいているのは、桜紅葉くらいだった。


       

       

       

             

             

       

       

この記事をはてなブックマークに追加

秋の旅 2 (京都へ)

2010-10-30 | 旅日記
 26日、金沢の朝は、深い霧に包まれていた。
 これも旅情。
 私の想い出の中で一番の濃霧といえば、北海道・根室の夜霧である。誇張ではなく、一寸先が本当に見えなかった。旅の忘れ難い趣である。
 
 ホテルの28階から、昨夜眺めた夜景は美しかった。が、今朝は、すべてが霧のカーテンで遮蔽されていた。
 ホテルの人に尋ねると、金沢では、珍しくない現象とのことだった。
 
 この日も、雨が降ったり止んだりを繰り返していた。
 昼食を済ませて、金沢を発った。
 湖西線を経由して京都に向かう。
 途中雨が上がり、琵琶湖の対岸に虹がかかった。
 空を彩る淡い虹は、いいことの予兆のように思え、心も華やいだ。

 2泊を予約したホテルグランヴィアの部屋に荷物を置くと、タクシーで京都市美術館へ行った。
 <高島屋百華展>―近代美術のあゆみとともに―を見た。(注 百貨ではなく、百の華の意)
 今回は、高島屋・資料館が所蔵する膨大な作品の中から、100点が展示されていた。
 京都画壇の巨匠・竹内栖鳳をはじめ、日本を代表する美術家の名作の数々が展示されていた。
 思い出すままに、その名を列記すると、横山大観、岡田三郎助、東山魁夷、梅原龍三郎、東郷青児、北大路魯山人、宮本憲吉、河井寛二郎等、錚々たる人たち。 

この記事をはてなブックマークに追加

秋の旅 1 (北陸へ)

2010-10-30 | 旅日記
 24日から、4泊5日の旅に出かけた。
 
 思いの外、早く雨になった。車窓に雨の風景を眺め、米原を経由して北陸に向かった。
 まずは、加賀温泉郷に一泊。
 久しぶりに山中温泉に行った。
 JTBで斡旋してもらった宿は、「吉祥やまなか」。
 名前もめでたく、おもてなしも過不足のない、申し分のない宿であった。
 ご馳走に込められた細やかな心遣いも嬉しかった。

 部屋の窓から、紅葉には早い風景を眺め、部屋つきの温泉に浸って、非日常の世界を楽しむ。窓からは、鶴仙渓に注ぐ小さな滝が眺められた。(写真) 

           

 二日目は、金沢へ。
 あらかじめ、JTBを通して、観光タクシーを予約していた。
 午後1時から4時まで。
 3時間をかけて、金沢の市街を要領よく回ってもらった。

 金沢は、遠い昔に二度ばかり訪れたことがある。
 (<五木寛之がよく利用した喫茶店>と、ガイドブックにあったお店を探し、コーヒーを飲んだこともあった。それがどこであったかなど、全く思い出せない。)

 駅周辺は大きく変わっていた。
 まるで異なる街を訪れた感じだった。

 金沢も雨。しかし、しめやかな雨で、北の街に似合っていた。
 運転手も、金沢は雨が多く、また、それが金沢の風情でもあると話された。

 駅周辺やメインストリートは、どこにでも見られるビルの街だが、小回りのきくタクシーでひとたび路地に入ると、金沢らしさ、古都の雰囲気を味わうことができた。

 想い出の兼六園、金沢城公園のほか、三箇所の茶屋街(ひがし、にし、主計)、武家屋敷跡などを巡った。
 金沢は、文学にゆかりのある地だ。
 徳田秋声、室生犀星、泉鏡花の記念館などを車窓から眺めた。
 その他、北国新聞社、尾山神社、近江町市場なども、紹介してもらった。
 ホテルの部屋に配られるのは北国新聞であった。朝夕に読んだ新聞だったので、建物も身近に思えた。

 <兼六>とは、宏大、幽邃、人力、蒼古、水泉、眺望の六勝を兼ね備えている意味だと、運転手は滑らかに説明してくださった。その昔にも、耳にした言葉である。

 それにしても、観光客の多いこと! 国外からの団体も多い。
 写真を撮ることもサービスと心得ておられる運転手さんに、カメラは預けたままとなり、名勝の前に立つごとに被写体となった。そこで、私の撮った、人物の入らない写真は意外に少なく、添付できる写真は、以下のようなものしかなかった。

 お天気がよければ、卯辰山に行ったり、浅野川や犀川のほとりを散策してもいいと思っていたのだが、金沢を広く大まかに見学する旅になった。
 運転手さんは親切で、幸せな出逢いであった。
 小雨も、武家屋敷の町並みを歩く頃には、上がっていた。

 北の国は日暮れが早く、4時過ぎ、ホテル日航に到着したときには、街が黄昏始めていた。


      ひがし茶屋街

      徳田秋声記念館

      室生犀星文学碑

      抹茶とお菓子をいただいたお店

      武家屋敷跡

     

この記事をはてなブックマークに追加

父の祥月命日

2010-10-22 | 身辺雑記
 今日は父の祥月命日である。
 平成6年の今日、父は他界した。96歳の長寿であった。
 
 美容院行きを一日早め、街に出て、お供えの花など買ってきた。
 街を歩けば、少々暑いくらいの好天であった。
 16年前の10月は寒かったのだろうか? それとも、老いた父のために早めに炬燵を出していたのか?
 
 その朝、父は洗面所から居間に帰る途中で廊下にうずくまり、ひとりでは立てなくなった。
 その午後、同じ街に住む妹と、近所のOさんが来てくださって、炬燵を囲んで父と話したことを覚えている。
 当時、私は、今は亡き師の著作(中原中也論)の校正の仕事をしており、前日、校正を終えたばかりだった。そこで、今晩は早めに休もうと、父に<お休み>を言いに行き、父の異変に気づいたのだった。あっけないお別れであった。

 今日は、詩人・中原中也の忌日でもある。
 中也は昭和12年に他界した。30歳の早世であった。
 父は、その3倍以上の歳月を生きたことになる。
 晩年を中原中也詩研究に生き、生涯文学青年の趣のあった私の師も、今はない。
 
 今日は様々な思い出の蘇る日である。

              今日の駅通


 夕方の曇り空からは、お月見はできないだろうと思っていた。
 9時過ぎ、戸外の明るさに気づいて、外をのぞいてみた。
 すると、満月が冴え冴えと、玄関先の空にあった。
 父の忌日でもあり、月を眺めて、もの思うこと多し。

       
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

堤の植物

2010-10-21 | 身辺雑記
 内科医院で、定期の検診を受け、インフルエンザの予防接種もしてもらった。
 バスの時間までには間がありすぎる。そこで、タクシーを呼んだ。

 「なんだか憂鬱な空ですね」
 運転手が言った。
 空は、均一な鉛色だ。
 確かに、晴れやかな気分になれるような空模様ではない。
 「でも、奄美大島は、大変なことになっているようですから…」
 それを思えば、陰鬱な曇り空に文句など言ってはならない。
 「そうですよね。すごい豪雨ですね」

 私は、当地を襲った昭和58年の大水害を思い出したが、若い運転手の記憶にはないだろうと思い、話題とはせず、すでに27年前となった豪雨災害を思い返していた。
 あの時は、短時間の集中豪雨が大災害を引き起こしたのだが、奄美では、連日の激しい雨で被害が拡大しているようだ。
 なお明日も雨が続くと、夜のニュースが伝えている。
 照る照る坊主を吊るしてみても役には立たない。人の無力を感じてしまう。 

 (今日は終日、曇り日だった。
 夕方には、凩のような風も吹いて、気温が下がり始めた。
 気温が下がると、しきりにクシャミが出る。)

 帰宅後、デジカメを持って、再び外に出た。
 朝、バス停に向かっているとき、ミゾソバの花が、堤一面に咲いているのをみた。
 そのときは時間がなく、カメラに収めるのを諦めた。
 そこで、改めて出直したのだった。
 以下は、堤の植物である。

             蒲の穂

      ジュズダマ

      セイダカアワダチソウ

      ミゾソバ


 出かけた間に、留守電が一つ入っていた。
 交通事故で主人を亡くし、自らも大怪我をした友達からであった。
 過日、<年賀欠礼>のはがきを受け、お悔やみと見舞いの手紙を書き、お供えを添えて送った。それに対するお礼の電話だった。
 留守電の声が、比較的元気だったので嬉しくなり、午後、こちらから電話した。

 事故後の7か月を友達は話してくれた。
 怪我が治ってからもうつ状態になったり、事故をめぐって取調べを受けたり、大変な時間の経過があったようだ。ただ、元来、くよくよしないタイプの人柄で、徐々に心身の恢復が得られている様子に安堵した。
 その喜びを、他県に住む友達二人にも、電話で知らせた。
 互いに恢復を喜び合い、さらに近況を語り合った。

 生きていることに、どれほどの意味があるだろう? と、ときに懐疑的になる私だが、肋骨を9本も折り、呼吸もままならなかった友達が、退院後、大根の皮を剥くのさえ大変だったが、今はかなり上手にできるようになったと喜びを語っていた。
 <生きる>とは、そうしたささやかな喜びを味わうことであろう。

 今日は、インフルエンザの予防接種をしたため、待合室で30分様子をみてからでないと帰れなかった。
 その間、詩集を読んで過ごした。
 その一篇に、谷川俊太郎の「生きる」という詩があった。
 友達と電話で話した後、その最初の一節を思い出した。

     生きているということ
     いま生きているということ
     それはのどがかわくということ
     木もれ陽がまぶしいということ
     ふっと或るメロディを思いだすということ
     くしゃみすること
     あなたと手をつなぐこと
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「後の月」

2010-10-20 | 身辺雑記
 今晩は、13夜のはず。しかし、月は、薄雲に見え隠れする状態である。
 「後(のち)の月」と呼ばれる今日の月には、冴え冴えとした趣はないけれど、模糊とした風情がある。

 「後の月」について、

 <陰暦八月の十五夜に対して、九月十三夜の月。豆名月。栗名月。>

 と、『広辞苑』は説明している。

 古(いにしえ)から、少し欠けた月を愛でる心があり、それが名月の一か月後の月であることから「後の月」と呼ばれたようだ。

 昨夜も、折に雲間に見え隠れする十二夜であったが、宵のころ、ほぼ中天にある月の明かりを捉えることができた。(写真)

        


      ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×


 朝日新聞の「天声人語」に、吉沢久子さんの本『幸せになる長寿ごはん』の中の一文が紹介されていた。
 「自分の目や舌、胃袋を喜ばせるためにつくる料理は、若さを保つ上でも役に立っているようです」
 と。
 92歳で、日々の料理を自分のために、楽しんで作られる吉沢さんに、頭が下がる。

 胃袋を喜ばせる料理は、確かに、見た目にも美しく、舌においしいものでなくてはならない。
 自分のために、そんな心のこもった調理をするのは、なかなかむずかしい。生命をつなぐのに必要な栄養素が、かろうじて摂取できているか否か、そんなことを考えてはいるけれど、多分バランスはよくあるまい。そう考えて、サプリメントで補ったりしている。

 つい最近、吉沢さんの本を初めて読んだ。吉沢さんの生き方に関わる精神の在り方を学び、日常の生活を考え直したいとは思ったけれど、元来、怠け者の私はなかなかうまくゆかない。
 が、今日、吉沢さんの本で知った料理の一つ、<柿とコンニャクの白和え>を作ってみた。
 私の評価は、100点満点の50点程度だった。
 評価が低くなった原因の一つは、食材にある。
 柿のおいしさ、うまみがいまひとつだった。色彩も、もう少しはっきりした柿色がいい。
 
 来訪の友人と昼食をともにし、この料理をふるまった。
 食材の相性はいいね、と言われたし、好物の柿が手に入る間に、幾度か試みたいという気持ちにはなった。

 「天声人語」の結びは、
 <生きるために食べるのではなく、食べるために生きる。そのくらいの欲深がいい。>
 というのであったが、……。

この記事をはてなブックマークに追加

「重い」と「重たい」

2010-10-19 | 身辺雑記
 昨日、草花舎を出るときのことだった。
 スーザンさんが草花舎で求められた器を手提げ袋に入れてもらわれた。
 それを手にとってみると、意外に重量感があった。
 そこで、私が「重たい!」と言った。
 Yさんが、繰り返して、「重たい」と言われた。
 スーザンさんが、「お も た い ?」と、反復された。
 
 その時、Tちゃんが、
 「<重い>でしょう。方言を教えては…」
 と、言われたのだった。

 <重たい>は、方言だったかしら?と、半信半疑だった。
 瞬間的に、私は、<気分が重たい>とか<荷物が重たい>とか、よく使っているなと思いながら…。
 最近の私は、高齢のせいもあって、何かにつけ自信を喪失し、自己主張も昔に比べれば控え目になった。
 家に帰ったら、辞書を調べてみようと思った。
 

 まず簡便な電子辞書を引いた。
 どちらも、辞書に出ている。
 「重い」は、「重し」の口語。
 「重たい」は、「重たし」の口語。
 いずれも、古くから使われていた言葉であることを確認した。

 それにしても、どうして紛らわしい2様の言い方があるのだろう? と思いながら、今日、最も詳しい『日本国語大辞典』を調べてみた。

 「重たい」の項には、
 
<目方が多い状態を表す。ほぼ「重い」におなじだが、意味、用法は「重い」よりせまい。↔軽い。
 ① 重い。目方がある。
 ② 物事の程度がはなはだしい。なみなみでない。重大である。
 ③ はればれしない。沈んでいる。浮き立たない。
 ④ 動き、働きがにぶい。てきぱきしない。生彩がない。

 と、4項目を挙げて説明している。
 ちなみに、「重い」は、①~⑪の説明がされている。「重たい」が、「重い」より用法の狭いことが、この数字からも分かる。

 (Tちゃんに、このブログを読んでいただけると嬉しいけれど、忙しい日々だからダメだろう。後日、辞書をコピーしたものをお渡ししよう。)


 何ごとにも、思い込みというのはある。
 これも言葉の問題であるが、今日、テレビでインタヴューを受けた年輩の女性が、「騙(だま)かす」と言っていた。
 私は、<「騙す」でしょう!? 「騙かす」は方言ではでしょ>と呟きながら、辞書を引いた。
 私の思い違いであった。
 「騙かす」という言い方は、正しい言い方として辞書に載っていた。
 「騙くらかす」という言い方も、方言ではないと分かった。


 凡庸な私は、言葉に限らず、この世の様々なことに関しても思い込みを信じ、誤謬を後生大事に抱え込んで死んでゆくんだろうなと、辞書を膝に乗せたまま考えた。


 (添付写真 ホトトギス。花の数が増えてゆく。この花は蕾もいい。)

         

この記事をはてなブックマークに追加

10月の庭 (まずは、通草)

2010-10-18 | 草花舎の四季
 草花舎に着くと、
 「スーザンさも来られるから、こちらへどうぞ」
 と、Yさんが、四人席を指された。
 テーブルの上の小さなお盆に、2個のコップが伏せてあった。
 予約席であることを、来客に知らせるためであろう。

 椅子にバッグを置くと、カメラを持って庭に出た。
 真っ先に向かったのは、裏庭の奥にある<通草(アケビ)>の下であった。
 もう熟しきって割れているだろう、と思いながら。

 殻の赤味は増しているけれど、相変わらずの姿であった。
 まだ割れないの? と、独り言を言いながら、その実を捩じてみた。
 なーんだ、と吃驚!
 見えない側がすでに割れ、中身は空っぽであった。
 先週の月曜日にも、すでに口を開けていたのかもしれない。
 通草の実は、表側しか見ない私を、嘲笑っていたに違いない。
 いつになったら裂け目が入るのだろう? と不思議がっている私が、愚か者に見えたかもしれない。
 実の内皮の乾き具合からすれば、もう先週には口を開けていたのだろう。
 ひょっとしたら、まだ中身が詰まっていたのかもしれない?

 足元が悪く、実の後ろ側に回って眺めるのは困難だったけれど、深い草を踏みしめて、なんとかカメラに収めた。(下の写真 左 前側  右 後ろ側)
  
 物ばかりでなく、物事を判断する場合にも、ものの一面しか見ていない場合が多いのでは……? 
 よくよく見なくてはいけない。
 よくよく考えなくてはいけない。
 真実・真相を見損なわないために。

     

 薔薇のほか、秋の雑草が、庭にひっそりと花を咲かせている。
 心穏やかに、この花々のようでありたいなどと思い、身をかがめて花を眺める。

       薔薇

       オキザリスほか   

       ゲンノショウコ
 
       極小の花(名前?)

       イヌタデ(アカマンマ) 

             ミズヒキソウ

      
 花水木の梢の上に、オーシャンブルーの花が一つ咲いていた。
 一昨年頃は、オ-シャンブルーが咲き満ちていた。
 蔓を伸び放題に伸ばして、あまりに茂るので、その後、球根が引き上げられたのだった。
 一つだけ咲いた花は、種の保存に必死なのだろうか?
 来夏は、どうなるかしら?


 スーザンさんと久しぶりにお会いし、一緒に食事をした。
 互いの電子辞書を頼りに、たどたどしい会話をする。
 時折、お店を手伝っておられるTちゃんの助けを借りながら。
 スーザンさんは今、専ら自伝を書いていらっしゃる。現在、30歳まで書き進めたと話しておられた。

 帰途は、いつもの通り、手をつないで帰る。
 スーザンさんが、堤の側で足を止められた。
 水辺に生えている、植物を指して名前を聞かれた。
 「ガ マ ノ ホ (蒲の穂)」
 と、ゆっくり発音した後、
 「<ノ> same <of>」
 と、余分なことを言った。それがきっかけとなり、たちまち発音の指導を受けることになった。
 歩道に立ち止まって。
 国道を走る車の人たちの目には、奇妙な光景に映ったであろう。
 スーザンさんは、<of>と<off>の発音の違いを、ご自分の口の開きで解説されるのであった。
 発音無視の教育を受けた者には、ネイティブらしく発音するのはとてもむずかしい。
 もうどうにもならない。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ホトトギス咲く

2010-10-17 | 身辺雑記
 待っていたホトトギスの花が、今朝、裏庭に咲いた。地味だが味わい深い花である。
 花壇には、妹が植えてくれたトレニアの白い花が、紺色に続いて一つ咲いた。
 ノボタンは、ありがたいことに咲き続けてくれている。

          ホトトギス

          トレニア

          今朝のノボタン

 気になっていた二通の便りを、今晩、やっと書き終えた。
 一通は、舌癌だと聞いた知己への見舞いの便り。恢復に向かっていると、知己の知己から聞いて、すぐ見舞いの便りをと思いながら、旬日を過ごした。
 お酒も、秋のおいしい物も食べられないのだろうと、案じながら…。

 もう一通は、交通事故でご主人を亡くし、自らも大怪我をした友達へ。
 数日前、年賀欠礼が届き、怪我も恢復に向かったらしいことを知った。
 親しい友達なので、かえって、かける言葉を失い、手紙を書けないまま、過ごしてしまった。
 今、言葉を選びながら手紙を書き終え、安堵した。

この記事をはてなブックマークに追加