ぶらぶら人生

心の呟き

心のこもったお土産

2014-09-30 | 身辺雑記
 昨日、懐かしい人たちの訪問を受けた。
 8月末に開かれた<集い>に誘われながら、体調のことも考え、手紙とお祝いの寸志を送って、欠席した。
 その日から、ひと月ばかり経った昨日、集まりに出席した人たちを代表して、3人の知己が来宅してくださった。

 出席者の集合写真のほか、たくさんのお土産をいただいた。
 形式的な記念品ではなく、老いの日々、しばらく楽しめる、様々な食材を揃えて。

 新米・栗・里芋・ブルーベリー・蒟蒻・あとう肉・和菓子(源氏巻・外郎)等々。(写真 上)
 大方は、津和野産の品々である。
 眺めるだけで、心がひとりでに微笑んでしまう。

 さらに、とある参加者からのお土産(静岡竹茗堂の銘茶)と、女性参加者だけに届けられたお土産(小物入れと楊枝差し)も、いただいた。(写真 下)

        

        


 思い出話や来し方を語り合っているうちに、たちまち3時間が過ぎた。
 半世紀前にご縁のあった人たちなのに、時間の隔たりを全く感じないひとときを過ごした。
 ただ、いただいた写真を見て、50年前の顔に結びつけるのは、困難な作業であった。


 さっそく今朝、いただいたお米でご飯を炊き、里芋と蒟蒻を煮てみた。

            


 米飯も里芋も、大好きである。
 平素は、美味しいと評判の仁多米を取り寄せているのだが、新米のご飯は、それ以上に美味しく、幸せな味であった。
 里芋も、これぞ里芋! と舌鼓をうちつつ、この上なく美味しくいただいた。
 何だろう、あの独特な粘りは!
 津和野笹山産の里芋は、格別の味だと聞いてはいたが、噂に違わぬ美味しさだった。
 食後には、同じくお土産のブルーベリー(やはり津和野産)をいただいて…。    

 灰汁で固めた手づくりの津和野産蒟蒻は、<木灰こんにゃく>と呼ばれ、本来、そのまま刺身などで、いただくもののようだ。
 昨夕は、少々疲れて、せっかくの<あとう肉>を焼く元気がなかったけれど、今日は夕食にいただこう。蒟蒻も、刺身として。

 思いがけぬ贈り物に感謝し、美味しいものを美味しくいただける幸せ!
 当然のことが、いずれ当然でなくなる日の来ることを思えば、なおさら幸せである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香る秋 | トップ | 10月! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まだ生きています (こうご)
2014-10-01 15:05:24
お久しぶりです。
ずっとこの欄を閉じていらっしゃったようで。

長年愛用のPCが終了になってしまって、最新型を入れることになって四苦八苦しているところです。

新しくなった方のPCでも、こちらを見つけることができました。ずっといろいろ読ませていただいています。
ただ今、コメントに気づき (ふゆ)
2014-10-06 14:50:11
懐かしい方に、偶然お会いできた思いです。
私も、パソコンを買い換えたり、タブレットに挑戦したりして、四苦八苦しています。
いい加減なブログを、まだ続けています。
お元気なご様子、本当に嬉しゅうございますU+1F3B5

身辺雑記」カテゴリの最新記事