ぶらぶら人生

心の呟き

山、わずかに白く

2017-01-29 | 身辺雑記
1月28日、河口の部屋に戻ると、まず窓からの風景を眺める。
遠く霞む山が、わずかに雪の名残を留めている。






この部屋での暮らしを少しでも住みよくするために、枕を取り替えた。(私は低い枕が好き)
椅子に座り続けると、膝下から足の甲がパンパンに腫れる。
そこで、足乗せの台も求めてきた。
花の小鉢を部屋付きの椅子にのせていたのだが、二段式の台も用意した。
高い戸棚に物をしまう時には、踏み台にもなってくれるだろう。
少しずつ、生活環境を整えている。


私の部屋(窓側)


散歩から帰って、夕食までに確定申告の用紙に必要事項を記入し終えた。
PCを使えば簡単に済むことだろうとは思いつつ、頑なに昔ながらの方法で作成している。
スマホの計算機を使い、数字を書き込んで…。
何とか今回も、書類作成をし終えることができた。
昨年までと変わったことは、マイナンバーの記入、それが間違いないことを証明する書類を添付すること。

こちらの部屋に来ると、なし得ることに限界があるので、物事に集中しやすという利点がある。
家では、雑用が目につきやすく、あれもこれもとウロウロし、まとまりのない一日を過ごしがちなのだが…。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミテル(方言) | トップ | 川沿いの道 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む