ぶらぶら人生

心の呟き

鵜ノ鼻を経て

2017-07-27 | 身辺雑記
河口の部屋に向かうため、タクシーを呼んだ。
いつも同じ道では面白くないので、
鵜ノ鼻を経由してもらった。

初めての場所。
高齢者用の福祉施設もあるし、
丘の上には、住宅がひと集落をなしていた。
Yさん(草花舎)が懇意になさっている友達の家も、
この丘にあるのだろう。
住めば都かもしれないが、少々寂しくはないだろうか?



<鵜ノ鼻>から見た<魚待ノ鼻>


右側の湾が津田海岸
(海岸が見えないのは残念だった。)


高津川の河口の辺り

曇り日で、風景が霞んでいるのは残念だった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラハン人生 | トップ | 日本語について »
最近の画像もっと見る

身辺雑記」カテゴリの最新記事