ぶらぶら人生

心の呟き

2016年大晦日の落日

2016-12-31 | 身辺雑記



夕方の5時過ぎ、外に出てみる。
今年最後の落日を眺めるために。
(下半分は、雲の中)

し残しの多い年末となった。
書きかけのブログも、未完成のままになった。

何かをすれば、何かが出来ない。
365日を生きたはずなのに、1年が200日ぐらいしかなかったように思える。
中身のない日々が多かったということなのだろう。

来年は、どうなるのだろう?
若い時のように、輝く希望は抱けない。

予測し難い2017年が、やがてスタートする。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シクラメンの花のあと | トップ | 新しい年のスタート »
最近の画像もっと見る

あわせて読む