ぶらぶら人生

心の呟き

慌ただしく一日終わる

2017-07-06 | 身辺雑記
昨夕は、慌しい一日の終わりに、日本海に沈む落日を眺めた。
明け方まで、大雨が降っていたとは思えぬ、自然界の変貌。
美しい夕景であった。

しかし、ニュースでは、九州地方、特に福岡県、大分県での豪雨被害を報じている。
大河が多いだけに、被害はただ事ではない。

こんな大惨事の中で、政治問題が、有耶無耶にされないようにと願う。
(ニュースは、豪雨災害一辺倒。)

5日から、ひと時、河口の部屋で過ごす。
ここ(河口の部屋)での、一年後半へのスタートである。
真夏から秋へ。そして、初冬へ。
窓辺に四季の移ろいを楽しみ、家では味わえない、制限された場での不自由さを、逆に楽しみに変えて生きたい。

シーツ交換や夏用布団替えに加え、室内の掃除もしていただき、2夜続きの寝不足を、きっと解消できるだろう。

7月5日の夕陽

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思いがけない大雨 | トップ | 朝日の悪戯 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む