ぶらぶら人生

心の呟き

『天声人語』書き写しノート5冊目

2017-07-23 | 身辺雑記
『天声人語』の書き写しノートが、5冊目になった。
家で読んだ天声人語のうち、書き写したいものだけを切り抜いて、河口の部屋に持参し、筆写することにしている。
今回も、7日分を持参した。
そのうち4日分は、すでに<書き写しノートの4冊目>に筆写し、昨日、新しいノート<5冊目>に、残り3日分を書いた。

下の写真は、7月17日のページ。





それぞれに[題名]をつけ、[感想]を記す。
筆記用具はフリクション。
筆圧のない字で、さらさら書くので、30〜35分あれば、1日分を書き終えることができる。
ひたすら書き写すだけだが、[題名]と[感想]には、少しばかり頭を使う。
これは、老いた頭にとって、いいことだろうと考えている。

以下は、5冊目の<書き写しノート>に記した3日分の[題名]と[感想]。

7月17日
[題名] 蓮の花・埼玉県行田市のハス公園
[感想] ゴミ焼却場の建設地で咲いた、大輪の桃色のハスの花は、推定1400〜3千年前の地層
に眠っていた種子が、掘削で目を覚ました、という話。こんな驚きの事実があろうとは!

7月19日
[題名] 日野原重明医師(105歳没)の生涯
[感想] ご自分の志・信念を貫いて生きられた105年の生涯だったのであろう。
あまりにも立派すぎて、私には真似ができない。日野原医師のように、人のためになる生き方は、
少々努力しても、不可能だ。せめて、周囲にできるだけ迷惑をかけないで、いのちを終えたい。

7月20日
[題名] リーダーの短気・安倍晋三首相に、アンガー・コントロールはできるだろうか
[感想] 安倍さんを心の底から、信頼できる立派な政治家だと思っている人がどの程度いるのだろうか?!
一度失われた信頼の回復は、難しいのではないか?
安倍さんの増長を許した周囲の人たちにも、大いに問題がある。

こんなたわいのないことを書いて遊んでいる。
多少は、老いた頭を活性化できるのでは、と思いつつ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事始め | トップ | 人頼みの気分転換 »
最近の画像もっと見る

身辺雑記」カテゴリの最新記事