ぶらぶら人生

心の呟き

自宅から仮の住まいへ

2017-01-02 | 身辺雑記
午前中に出かける予定だったが、箱根駅伝を見終わってから、ということにした。
毎年のことながら、個と個の力をつなぐ若者たちの姿に心うたれ、やはり往路の全てを見て、ということにしたのだ。
特に応援したいチームや個人がいるわけではない。
しかし、いくつものドラマを見ているような気分が楽しいのだ。
死に物狂いの力走!
そうした試練は、長い人生にとって、きっとどこかでプラスになるのであろう。
私の人生では、ついに体験し得なかった世界である。

3時過ぎ、T川のほとりの部屋に着いた。
今年の初泊まりである。


まず、タオル掛けの組み立てから始める。
簡単にできると思っていたが、小さなドライバーが必要だった。
不完全ながら、一応使える形にはなった。
次回、泊りに来るときには、忘れないようにドライバーを持参しなくてはならない。

一仕事を終えて、コーヒーを飲む。
部屋の中や外の風景をカメラに収めたが、写真を添付する方法が分からない。
(このブログは、タブレットからの投稿である。)
今日撮影した写真は、改めて掲載することにする。

この記事をはてなブックマークに追加