ぶらぶら人生

心の呟き

宿根草の確かさ・シラン咲く

2016-04-24 | 小庭の四季
 家の横庭に、二種類のシランが咲いた。
 ナルコユリに交じって。

   

   

 宿根草は、ありがたい。
 季節が巡れば、同じ場所に咲いてくれる。
 その確かさが、嬉しい。

 しかし、例外がないわけではない。
 いつの間にか数が減り、絶滅してしまったものもある。
 あるべきものが、不在となるのは寂しいことだ。

 私の大好きなシャガは、葉を残してはいるものの、昨年は、花を咲かせてくれなかった。
 今年も、今のところ、花の咲く気配が感じられない。

   (宿根草ではないが、昨年、初夏から12月末まで、たくさんの花をつけてくれた
    ノボタンは、冬の寒冷にやられてしまったらしい。
    日々、木の傍に立って、枝を確かめる。が、新芽が見えない。
    奇跡的な蘇りを願っているのだが…。)

この記事をはてなブックマークに追加