ぶらぶら人生

心の呟き

『千利休 無言の前衛』

2017-10-22 | 身辺雑記
10月22日 日曜日

赤瀬川原平著『千利休 無言の前衛』




今日は、主として読書をして、一日を過ごした。
上掲の本を読了。

山口の書店で目にし買ったのは、今年の春ころであったような気がする。
赤瀬川原平さんの本だから、面白いだろうと思って求めた記憶がある。
そのまま机上において、忘れていた。
今回、河口の部屋で読了。

初版は、1990年の始めであり、私の本は、2014年発行の第34刷目である。
ずいぶん読まれているらしい。

この本は、こむずかしい<千利休論>ではない。
世の様々な現象を取り上げながら、千利休の人となりやその美意識について書いてある。
表題にあるように、<無言の前衛>的茶人として利休を捉えている。
千利休について書きながら、間接的に語られる話が愉快である。
作者と利休の接点は、勅使河原宏監督から、映画「利休」の脚本を依頼されたことにあるという。

私より4歳も若い1937年生まれの赤瀬川原平さんが、今は亡き人である。(2014年逝去。)
芥川賞受賞の『父が消えた』を読んだのが、この作者との出会いであった。
作家としてよりも、前衛美術家として活躍された実績の方が大きいのかもしれない。

私が読んだのは上掲の小説以外では、『老人力』『四角形の歴史』『東京路上探検記』『千利休 無言の前衛』である。
いずれも、読書の醍醐味を味わえる本であった。

………………………………………

今日は、父の祥月命日である。
河口の部屋にて、父を偲ぶ。

この記事をはてなブックマークに追加

数独老女

2017-10-22 | 身辺雑記
10月21日 土曜日

朝から、数字を見つめてばかり。
前回の<世界一難しい数独>は、
数字の数が、23個あり、
さらに2個、直感的に、
解答の数字を入れることができた。
<世界一難しい数独>といいながら、
解答者に、安堵感を与えてくれるものだった。
しかし、やり始めてみると、
やはり手強い数独ではあった。
それでも、数日をかけ、
20回くらい試行錯誤を繰り返しているうちに
答えを得ることができた。

もう一問、ソコロシステムズのSさんから
出題をしてもらっている。
それは、前回よりさらに難しい数独である。
前回の問題を解くのに、かなり難儀したので、
暫く時間を置くことにした。

が、数独脳も、使わないと勘が鈍るので、
<上級編>の問題を一日一問は解いている。
楽しい遊びである。
達成感の喜びというのであろうか。

上級編の問題なら、
数字の数は24個程度である。
9×9(81)のうち、
24個がすでに、紙面に出ている場合、
57個の数字(81−24=57)を
答えればよいわけである。

95%くらいは、一度で解答できる。
たまに信じて入れた数字に惑わされ、
迷路に入ってやり直すこともある。

20日、朝から取り組んだのは、
前回よりさらに難度の高い<世界一難しい数独>である。

数字の数は21個。
解答の可能性を絞れる範囲は、至って少ない。
<数独問題>は、数字の数で、
ある程度、難度をはかることができる。
が、さらに数字の並べ方も問題である。
今回は解答のヒントを最小限に抑えた難問のようだ。

9回やり直したが、未だ正解に至らない。
施設では、食べさせていただいて、
終日、数字に対峙して暮らすこともできる。

一日中、数字を見つめている老女など、
おそらくこの世にいないのでは?
(似た人もいるのかどうか?)

………………………………………

数字を見つめて、四苦八苦しているとき、
ドアをノックする人があった。
施設の先生であった。

先日、起立性低血圧症状のあること、
不可解な朝のあったことなどを、
施設の見回りを担当してくださる方に
伝えておいた。
今後も、ドアの鍵をかけたまま、
倒れているようなことがないとは言えないので。

施設の人たちは、
互いに、連繋をしっかりと取り合っていらっしゃるようだ。
先生のお耳にも届いて、
様子をみにきてくださったのだ。

起立性低血圧によるものだったのだろう、
と、先生はおっしゃって、生活上の注意をしてくださった。

薬の飲み間違いを一旦は疑ったものの、
それはあり得ないと、私自身も思っていた。
10余年前、朝食後、血圧の薬と眠剤を飲み違え、
午前中眠り続けた経験がある。

が、今回は、正確な時間は分からないが、
7時を過ぎたことに気づき、
いつものように、自分でドアの鍵を開けた。
そして、その午前中に、
<世界一難しい数独>を解き終えたのである。
そう長い間、意識が朦朧としていなかったことは確かである。

先生も、起立性低血圧で、意識を失い、
軽い眠りがしばらく続いたのだろう、
と、おっしゃった。
多分そうなのであろう。

それにしても、気分が悪いわけでもないのに、
ふーと意識を失って、転倒するのは困ったことだ。
ふらふらするので、血圧を測ると異常に低いことは折々ある。
その時は、気をつけるから倒れることはない。

前回(2015年の1月)といい、今回といい、
掃除中であったり、化粧中であったり、
気分が悪いというわけではなかった。
それだけに、不意の低血圧は、気味が悪い。

入浴が大好きなのだが、
施設では、体調によっては見合わせることもある。

(夜、9時、施設の担当者が、
「大丈夫ですか」と声をかけてくださった。
消灯に来られたついでだったのであろう。
気配りしていただけることに感謝する。)


以下の写真は、台風21号が近づきつつある朝の空。




上の2葉は、自室より。




上の2葉は、廊下のルーフバルコニーより。

この記事をはてなブックマークに追加

暖かい膝掛け

2017-10-19 | 身辺雑記
10月19日 木曜日

午後、河口の部屋に帰ってきた。

帰るところが二つあり、
二(ふた)色の生活を始めて
10月も、半ばを過ぎた。

部屋の温度を確かめると、21℃。
そろそろ暖房を入れた方がいいのかどうか?
(他室の人は、どうなさっているのだろう?)
廊下にはまだ暖房が入っていないから、
その必要は、ないのかもしれない。

家ではエアコンと炬燵を
適当に使い分けているけれど……。
寒いと思うときには、両方を使って暖をとっている。

(冬は好きなのだが、冷えは我慢ができない。
昨夜は、ベッドに入ったあと、胸だけが冷え冷えして、
うまく寝付けず、昨年求めた真綿を取りに起き出した。)

施設の部屋は、家と違って、寒暖の差が少ない。
昨日、施設から家に電話があり、
冬布団に変えた方がいいかと尋ねられ、
取り替えていただく。
(すでに夏布団だけでは肌寒く、薄手の毛布を重ねていた。)

施設では、毎週一回、シーツやカバーの取り替えをしてくださる。
ありがたいことだ。

今晩からは、しばらくの間、
冬布団一枚で過ごせるのかもしれない。

このブログを書いている今、
私の膝には、過日、ソコロシステムズのSさんにいただいた
膝掛けがのっている。(下の写真)
軽くて、とても暖かい。
ほかほかして、真綿にくるまれている感じだ。



………………………………………


10月は、空の一番美しい季節のように思っていたが、
今年は、連日、雲が多い。
日照時間の少なさは、植物だけでなく、
人間の気分にも、悪影響を与えそうだ。

部屋の窓から。
雲の表情は面白いが、青空が恋しい。


山側。


高島も見える海側。

廊下の窓から。




西側の空にも青空はなく……。

この記事をはてなブックマークに追加

木の実、色づく

2017-10-17 | 身辺雑記
10月16日

衆院議員の期日前投票を済ませ、
家に帰る。
今回が、人生最後の投票になるかもしれない。
私の一票が、、国政に影響力はないかもしれない。
それでも、私の夢を一票に託す。

帰宅後、庭の、赤く色づき始めた実を楽しむ。


藪柑子の実。
(今年は、藪柑子の実が多い。)


万両の実。


南天の実。
(鳥が早くも、多くの実を啄んでしまっている。)



………………………………………



夕方、ソコロシステムズのSさんが来宅。
和楓ちゃん誕生が嬉しく、心ばかりのお祝い送ったところ、お礼を届けてくださる。
もう一つの要件、ソコロシステムズへの年会費の支払いをした後、雑談。

「額、どうされました? 髪、上げてみてください」
と、Sさん。
何が気になるのだろう?
そう思いつつ、髪をかきあげる。
「額、赤くなっていません? ちょっと窪んでません?」
と、不審そうに眺められる。

自分の顔をしげしげ眺めたりしないので、額がどんな具合になっているのか分からない。
指摘され、額に手おくと、少々痛みがある。

Sさんが帰られたあと、鏡の前で、額を見る。
少々赤くなっていて、窪んでいる。

14日の朝、意識不明になる前に、どこかで額を打ったのだろうか?
何一つ、定かな記憶がなく、30分以上私が私でなくなった現象は、未だに何が起こったのか、よく分からない。朧に色々な現象が思い出せるばかりである。

この記事をはてなブックマークに追加

快哉!

2017-10-16 | 身辺雑記
10月15日 日曜日

10日の夜以来、幾たびも挑戦し、
<ナンプレ問題「世界一難しい数独」>
を、やっと解き終えた。

幾度も諦めかけたが、
1から9までの数字を縦横に過不足なく入れるくらい
できないはずがない、と、
執念でやり遂げた。

論理的な思考は、
ある程度必要であろう。
が、それより根気強さと注意力!
それに暇。

幾度も、縦横の数字を確かめ、
間違いなし!
と、確信できたときは
ただならぬ喜びであった。
試行錯誤の成果である。



この間、A4用紙を何枚反故にしたことか。
フリクションの芯も、
一本使い果たした。

さらに難しい数独問題を
ソコロシステムズのSさんから
いただいているが、
しばらく、それはお預けにする。

この記事をはてなブックマークに追加

雨の日曜日

2017-10-15 | 身辺雑記
10月15日 日曜日
南側のテーブルで新聞を読んでいると、
得体の知れない音がした。
立ち上がって、音の方角をみると、
長い棒が動いている。



作業員が、窓拭きをなさっているのだった。
4階の窓を拭いておられるのだ。
初めて見る光景である。
大変な作業だ。

一旦部屋に戻ったあと、
もう一度、様子を見に行った。
足場が気になったので。

作業員は、2階から窓拭きをなさっている。
4階が終わり、3階の窓拭き中。
腕が痛くはないだろうか?

2階に、あんな広場(写真)があるとは、知らなかった。



おかげさまで、いつも曇りのない風景が眺められる。

この記事をはてなブックマークに追加

昨朝の不思議

2017-10-15 | 身辺雑記
10月14日
昨朝の記憶が不鮮明である。
わが身に何が起こっていたのだろう?



昨日の雲を部屋の窓から眺め、
カメラに収めたことは記憶にあるけれど、
それが何時ころのことであったか?

昨日の不思議を並べればきりがない。
早朝、6月25分からのラジオ体操(NHK)をしていない。
6時に起床して洗顔し、着替えをしたあと、
骨粗鬆症の薬(フォサマック)を飲んだところまでは
記憶が確かである。
化粧をしたのかしなかったのか、
朝食に何をいただいたのかさえ曖昧である。

朝食膳が運ばれるときには、
いつものように、数独を考えていたか、
本を読んでいたかしたのだろう。

ただ完全な空白な時間があり、
その間、ドアの前で、寝ていたような気がする。
不可思議千万!

あれこれ考えた末、起立性低血圧症状が起こったのでは?
初めてのときは、どのくらい意識を失っていたのか、
分からなかったが、今回は、優に30分の空白時間があった。

老いると、いろいろなことがあるものだ。
昨日書いたブログも思い出せず、アイパッドを開けてみたところ、
<月下美人>のことを書いている。

すると、Kさんが、数独のやり方を聞きに来られたのも、
昨日のことであったろうか。
全て、曖昧模糊としている。

この記事をはてなブックマークに追加

<月下美人>

2017-10-14 | 身辺雑記
Kさんのバルコニーには、
月下美人の鉢があり、
今年、開花したという。
残念なことに、家の方に帰っていて、
謎めく美しさを秘めた月下美人を
見せていただくことはできなかった。

(来年、そのチャンスに恵まれれば…と、願っている。)


以下は、Kさんが撮影された、9月30日の写真。


pm 8:00


pm 9:00


pm 10:00


pm 11:00

(同上)


………………………………………


月下美人には、奇妙な思い出がある。
7、8年前のことであった。
かつての同僚3人と食事会をしたとき、Mさんが、夏になったら月下美人の鉢をあげると言ってくださった。
が、それは実現しなかった。

私は当時、年齢のせいか、たわいない雑談が、億劫になり始めていた。
が、それまでの慣例で、食事会は続いていた。
その時も、3人で食事をし、帰宅しようとしたところ、若いMさんが、どうしても家に立ち寄って欲しいと言われた。
内心気の進まないまま車に乗って、もう一人の友だちとM宅を訪問した。

あの頃からだったのだろう。
ずいぶん疲れやすくなり、長時間、人と付き合うのが億劫になったのは……。

ただ早く帰りたいの一心で、会話が弾むはずもない。
お互いの中に、気まずい空気が流れた。

それ以来、一度もお会いしていないのである。
私の方からは、例年通り賀状は出したが、Mさんからは来なかった。
かくして、疎遠のまま数年が経つ。
当然、月下美人の鉢をいただくこともなく。

人生には色々な邂逅があり、また同様に様々な別れもある。
それらみな、人生模様と思えば、それまた楽し!である。

河口の部屋とMさん宅は近いはず。
いつも車に乗せてもらっての訪問だったので、
お家の場所が、よく分からない。

私は、大塚をよく散歩する。
ひょっこり会う日があるのかもしれない。
その時のMさんの表情を想像するのは難しい。


この記事をはてなブックマークに追加

施設の暮らし

2017-10-13 | 身辺雑記
10月13日 金曜日
施設の暮らしも、長くなった。
早くも、10月の半ばとなって。

見飽きないのが、空である。
今日は、今日の雲が、流れて。



この記事をはてなブックマークに追加

のどか(和楓)ちゃんの誕生

2017-10-12 | 身辺雑記
10月10日

夕方、5時前、ソコロシステムズのSさんがきてくださった。
一月一度のPC点検。

ブログを書くときの<TEXTエディター>と<HTMLエディター>の違いを教えていただいた。
過日、急に画面が変わり、戸惑ったことがあったので。

河口の部屋用のCDラジカセを求めたところ、電池では聞けない。
(コードでは大丈夫である。)
求めた機種に不具合があるのかと思い、アマゾンで同じ機種(色違い)を求めてみた。
ところが、それも電池では聞けない。
Sさんは、不良品を看過してはいけないと、アマゾンへ交渉してくださるという。
面倒なことが億劫な私に代わって労を惜しまず……。
申し訳なく思っている。

フリクションのことも、Sさんに教えていただいて、便利な筆記用具に感謝している。
最近、色鉛筆のフリクションも見つけ、お絵かきを楽しもうと求めた。

今日は、ラジカセに貼るネームも作ってきてくださった。


仕事が一段落したところで、Sさんの第一子誕生の話となった。
スマホの写真を見せていただき、<のどか(和楓)ちゃん>の命名の由来など聞かせてもらう。
可愛い赤ちゃんだ。
美人の予感がする、そんな愛らしさだ。
「指がすごーく長いんです。ピアニストになれそう」
夢がいっぱいだ
私も嬉しくなる。
まだ生後1か月も経っていない。
前途洋洋。
<和楓ちゃん>には、今世紀だけでなく、次の世紀だって生きられるのだ。

<和楓>のためにも、生きやすい世の中になるよう祈りたい。

この記事をはてなブックマークに追加