ぶらぶら人生

心の呟き

コーヒーとイヤリング

2017-09-11 | <うつわ>便り
ドコモショップで、予想以上の時間がかかり、
ギャラリー<うつわ>でくつろぐ時間は、短くなった。
コーヒーとお菓子をいただきながら、
Aさんと話す。
葛籠の話が多くなる。
子供のころ、葛の葉を採ってきてウサギに与えたことなど……。
Aさんは若いけれど、共通した体験である。

草を食むウサギの口元まで思い出す。
(大きな桑の葉を食む、蚕の様子も思い出した。)



Aさんの耳に大きなイヤリングが下がっている。
「これも、葛籠細工です」

幾種類かのイヤリングを見せてもらった。
私も一ついただくことにし、
ふたりで評定して選んだのが、下のイヤリング。
河口の部屋を慌てて飛び出したわけでもないのに、
イヤリングつけ忘れていた。

早速、つけてみる。
重みを全く感じない。
蔓の端の細い部分が使われているのだろうか。

「ゆらゆらして、いい感じ」
と、Aさん。
葛籠のイヤリングをつけて、帰途につく。




三浦ちづるさんの作られた小さな栞をいただいた。(下の写真)



部屋に帰ってから、ゆっくり読んだ。
秋から冬にかけ、山を歩いて葛籠を集め、
作品として完成するまでのプロセスや、
自然に対する作者の畏敬の念などが、記されている。

作品に、懐かしさを感じるのは、背景に自然があるからだろう。
今は、簡便な日常品が安く手に入り、
昔、身近にあったものが、影を潜めている。

私自身、今は老いの身、
ものは増やすまいと努力している。
でも、イヤリングをゆらゆらさせるくらいの愉しみは、
失いたくない。

話は変わるが、
Aさんに、明治35年に発行された<むかし話>の稀覯本を見せてもらった。
亡き母の生まれた頃の絵本である。
鮮やかな彩りが、全く損なわれていなかった。
絵を見ただけで、子供のころ親しんだ物語が蘇った。
(カメラに収め忘れて残念。)

この記事をはてなブックマークに追加

<うつわ>の庭に咲く花

2017-09-11 | <うつわ>便り

Aさんに案内してもらって、
庭の花を眺める。
秋の花は、概して密やかである。
この世に、花を見て不機嫌になる人はあるまい。
(人は、なかなか花のようにはなれない。)


ホトトギス




上2枚、ナンバンギセル(思い草)




上2枚、萩の花。


オケラ(朮)の蕾。






ミズヒキソウ。



(名前を忘れた植物について、またAさんに尋ねて追記することに……。)



この記事をはてなブックマークに追加

三浦ちづるの造形展•その2

2017-09-11 | <うつわ>便り

<その1>に掲載した写真の中にも、
葛籠の籠に、
秋の草花の活けられたものがあった。

さらに、<秋の花>と調和し、
静かな詩ごころを感じるものを
追記した。




泰山木の蕾。
大きな花弁がたたまれているはずなのに、
思いの外、細身。
長円錐形が楚々としている。


少々盛りを過ぎた泰山木の花。
(展示物とは関係なし。)




清楚なカリガネソウ。
初めて見た花。
下の写真も。





この記事をはてなブックマークに追加

三浦ちづるの造形展•その1

2017-09-11 | <うつわ>便り
9月10日

ギャラリー<うつわ>を訪れた。

9月中開催の
『雑木林の中で
三浦ちづるの
造形展』


を観る。

葛籠のクラフト。
私の性格から想像すると、
気の遠くなるような細工物である。
実用的な籠のほか、
作者の発想から紡ぎだされた
作品もある。

自然の息遣いが感じられるような、
素朴な味わいに心が和む。





















この記事をはてなブックマークに追加

ギャラリー<うつわ>

2017-07-15 | <うつわ>便り
7月14日
<ギャラリー・うつわ>へ。
往復とも、タクシーを利用。
河口の部屋からは、街へ近いので、
変化のある生活が楽しめる。
(自力で行動できる間の話だが……。)

まず、展示物を見る。

今月開催の展示会
『スケッチ刺繍展・母への想い』
岡部由美子


緻密なことの苦手な私には、
黙々と、描くこと、刺繍することのできる人に
ただただ感動する。
どれだけの時間が、
作品の完成に費やされているのだろう?!
作品の中に漂う優しさや穏やかさが、
心に安らぎを与えてくれる。














8月の展示予告


この記事をはてなブックマークに追加

瑠璃柳(ルリヤナギ)、うつむいて咲く

2017-07-14 | <うつわ>便り
ギャラリー<うつわ>にて

初めての出会い<瑠璃柳>。
瑠璃色の花は、
うつむいて、しおらしく咲く。


テーブルの上に、落花もあって…。


瑠璃柳と窓辺の緑。



この記事をはてなブックマークに追加

アジアンタム、涼しげに

2017-07-14 | <うつわ>便り
ギャリー<うつわ>にて

その名は「アジアンタム」と、教えていただく。
みどりが爽やかで、清涼感のある観葉植物。



この記事をはてなブックマークに追加

ギャラリー<うつわ>花いろいろ

2017-07-14 | <うつわ>便り
花いろいろ


袋状の桔梗
無口な花?
口を開きたくないのだそうだ。


小柄なホトトギス
もう咲いたの?
と、のぞき込むと、
花びらの、紋様の精巧なこと!


凌霄花(ノウゼンカズラ)
一つだけ咲き残っていた。
風が強く、ゆらゆら揺れて咲いていた。
再び、庭に出ると、落花していた。


落花の凌霄花
(鉢にのせて。)


木槿(ムクゲ)


撫子(ナデシコ)


葡萄
(あと幾日で熟すのか?)


捩花(ネジバナ)

以下、紫陽花。





コーヒーのテーブルにも、紫陽花。


この記事をはてなブックマークに追加

<ギャラリーうつわ > その2

2017-06-20 | <うつわ>便り
6月19日
<うつわ>の庭散歩


駐車場へ通じる露地
「哲学の道」ならぬ「紫陽花の道」


玄関前のカシワバアジサイ


ショウマ
























上2枚・藤ウツギ




上2枚・葡萄


風知草
(名は体を表すがごとし)

この記事をはてなブックマークに追加

<ギャラリーうつわ > その1

2017-06-19 | <うつわ>便り
今日の散歩目的は、<ドコモショップ>と、<ギャラリーうつわ>に立ち寄ることであった。
イオン前でバスを下車。
昨日書いたハガキ4通を、ポストに投函。

桜の季節には、<うつわ>まで歩き、帰りもイオンまで歩いていた。
が、今日は暑さのせいか、その元気はなく、無理は禁物と考えて<ドコモショップ>までタクシーを利用した。

iPhoneのガラスフィルムの一部が、気づかぬ間に破損していた。
ここ二月以上、そのまま使っていた。
縁の欠けたコヒーカップやお茶碗で、コーヒーを飲んだりご飯を食べたりしているような不快感を覚えながら…。
使用上、問題はないのだが、やはり気分はよくない。
そこで、<ドコモショップ>に出かけ、取り替えてもらうことにしたのだ。
その他、確かめたいことも、二、三あったので。

待ち時間は10分で、能率よく、用を済ませることができた。
ガラスフィルム代は、溜まっていたポイントを利用。

<ドコモ>と<うつわ>は、目と鼻の先なので歩いてゆく。
久しぶりの<うつわ>であった。


6月の展示会が開かれていた。

【福原典子油絵展】

花の絵が主で、人物画少々。
気取りのない画風を楽しませていただく。



以下、室内の装飾
そして、出会いの花々
(紫陽花ほか)














ホタルブクロと、初めて見る<八重のドクダミ>


















ケムリノキ(白もあるのだと知る)




7月の展示案内

店主のAさんと語らい、松江のお菓子とコヒーをいただき、
ひとときの安らぎを得て、タクシーで河口の部屋に戻る。

この記事をはてなブックマークに追加