愛をえらぼう

徳永英明さんについての想いや日常を語るブログです

古着ファッション

2017-05-03 22:34:09 | 日記

先日長女が「古着屋に行かない?」というので付き合った。

時代が巡り巡って一回り?

彼女いわく「菅田 将暉」っぽいファッションなのだそう。

私から見たらおばあちゃんが着るようなブラウスや、

ずいぶん前に流行った(であろう)超柄入りの、しかも肩パット入りの薄手のブルゾンなどをご満悦で購入。

しかもその日はセール期間中につき、値札に関係なく1アイテム200円。

スカート、ブラウス、ブルゾン。

3点600円なり。

19才の長女が着ると、超オシャレでカッコよく今っぽい。

モノの値段っていったい何なのだろう?

と、考えてしまった。

 

私も着てみたが(着てみるんか~い!!)、それこそヤバすぎるおばさんだった

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しみ | トップ | 分かるという事 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは☆ (フミ)
2017-05-06 22:29:41
洋服買うの好きなんだけど、好きなショップで身体に合わせて鏡を見たら、なんか違うと思う事が多くなり…。小花柄とか似合わね~(笑)
これは成長です(笑)
Unknown (Re:フミさん)
2017-05-06 22:45:06
すごくわかる!!
この年代のファッション。とても難しいです。

あんまり若すぎると痛々しく、かといって歳相応を意識しすぎると思いっきりおばさんに。

先日も友達とそんな話したばかりです。
「痛々しかったらお互い言い合おうね」って(笑)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。