ケンサクの喜怒哀楽ノート

心の四季、喜怒哀楽。日常の出来事を、徒然なるままに一言二言つぶやいて書き留める。

人の本質

2007-06-26 23:34:46 | Weblog
あなたは、人の本質を見抜く目を持っていますか?

人の評価ほど当てにならないものは無い。
しかし、決して間違ってはいない。
評価する人がそれぞれに違うからである。


見る人の立場によっても大きく食い違いがある。
上の立場から見たもの。
異性から見たもの。
同性から見たもの。
仲間から見たもの。
下の者から見たもの。

どれもそれなりに間違ってはいないが、
全てが良い人とはならない。
いい面は誰がやっても同じ行動をとる。
しかし、良くないことは他の人がやると違った結果が出る。

自分の言った事に責任を持たなくてはならない。
人に厳しく自分に甘い人は、誰もついていかない。

人の事を自分の事のように考えることが出来る人。
いつも聞く耳を持ってる人。
そんな人になりたい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TVの中からひと言

2007-06-26 21:47:24 | Weblog
今日の事は今日のうちに済ませなさい。

「明日やろう~。バカやろう~!」・・・(プロポーズ大作戦より)


『今』の本来のあり方or考え方

「過去を嘆く今よりも、未来を変える今が重要なんだ!」(プロポーズ大作戦より)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

送別会

2007-06-22 06:19:21 | Weblog
会社に戻ったら、
『6月23日送別会』の回覧が机の上に置いてあった。
本社に栄転のようである。
喜ばしいことではあるけれど、入社時からずーっと
いっしょだっただけになんか寂しい。

出会いは別れの始まりって言うけれど。

ケンサク自身、同じエリアでの送り送られを何度かしてきてるけど、
その変化に忙しくて、深く考えることなかったなぁ!

今は落ち着いたってことかなぁ?

ここに来てくれた、あなたとの出会いを大切にしたいと思います。(笑
ジャーニー
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

前向き

2007-06-21 06:11:01 | Weblog
『何かを成し遂げるってことは、何かを犠牲にしなくってはならないと言うこと』

バンヴィーノでほっしゃんが喋った!

人生においていろんな悩みはあるけれど、それは前向きに進んでるってことで
進歩するほどに悩みはでてくるものである。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父の日

2007-06-18 05:49:18 | Weblog
「昼から、県民文化会館へ○○高校の定演聞きに行く?」
「今年は今日だったの?」
「そうよ。」

若さ溢れる力強い高校生の吹奏楽部の演奏、たくさんの元気を貰った。


「今夜はお父さんの好きな物食べに行こう!
焼肉でも、お寿司でも、何でもいいよ。」
「そうかぁ、じゃ、久しぶりに焼肉にするか。」
「どこ行こう?」
「まだ行ったことのない『牛角』はどう?
あそこ、会社の人も良く行くらしいし、
そこそこ人気アるらしい。」

サービスと、良く行き届いた心遣い、それに美味しい肉。
ちょっと高いかなと思ってたけど、値段は普通。
会話も弾みとっても満足な晩餐でした。


「おっとうー!」
「うん、何?」
「これっ、はい。」
顔満面に笑みを浮かべて娘が
「父の日のプレゼント。どうかな?
う~、めっちゃ恥ずかしい~。」
「Oh!いいよ。とってもうれしい!」
娘が初めて父の日にくれたプレゼント。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加