セ ク ハ ラ

2016-10-13 15:07:35 | 日記
今でこそ、セクハラも取り上げて問題になってはいるが、30年前は

問題でも無かった。

30年前、女性が高収入を得るとなると、高学歴若しくは、特殊能力者

以外は、体力勝負で得るしかないので、水商売とか、営業、キャディー

とかに・・・そこで、自分はキャディーを手っ取り早いと思い職につく

ところが、研修生から一人立ちしてコースに出て慣れてきた頃、キャ

ディーマスターから、お付き合いを迫られ困惑、案の定、嫌がらせ行為

が始まったこの頃はセクハラは問題視されて無かったので、同意しなけ

れば、されるがままで、地獄の職場、

相手は妻子ある上司、多分自分にアタックする位だから、かなりの従業

員人数、他のキャディーにもあり得る事、離婚して独り身をターゲット

にしてる筈、高額の給料が欲しいので辞める訳には行かない・・・

その内、マスターが異動になり解決したが、こう言った問題がどの職場

でも起きているだろうから、従業員とのコミニケーションは必要だろう

が馴れ合いになるのも問題で、異動は定期的に必要不可欠。

上司の誘いにのってそれを逆手に取っていた女性もいたようですが

金融関係なら、怖い話です。

セクハラと感じた本人は苦痛でしか無いので、自分に女の子がいる親

は勿論の事、自分の娘がされたと考えてみて下さい。

全ての事、いつかは自分や身内にに返って来るぜよ。

人に危害を加えぬようにしたいものぜよ。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生 き て 来て振り返る | トップ | 紅葉  [立山ー室堂ー美女平」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。