HITO-OMOI(ひとおもい)

旧作をアトランダムにアップしていましたが・・
16年秋から約7年ぶりに作歌を再開しました。まだまだリハビリ中 汗。

あの人の言葉想いだす 夕焼けの高瀬川 その1

2017-05-16 03:46:41 | 短歌


      


キミが待つホームにたどり着くためのみっつの下り自動階段(新作)





このシーンで中村ゆりが言う台詞。「ちょっとだけ、思てます。」・・・この関西弁は脳髄にひびく。恥ずかしながら、たまらない。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都の女は 生きるために泣... | トップ | あの人の言葉想いだす 夕焼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。