織庵 (おりあん)熊本  陶器や雑貨などの入荷紹介

益子焼・笠間焼・美濃瀬戸焼・信楽焼・九谷焼・砥部焼・常滑焼など窯元・作家の器。ガラス工房の器。台所道具や暮しの雑貨など

塗りのお椀

2013年07月25日 | 雑貨
こんにちは。
織庵です。


蒸し暑い!!
今日暑さに蒸し暑さの不快感をプラス!
THE熊本の夏です。



一雨お湿りがほしい~!
雨が降れば、少しはすっきりするような気がしますが。


塗りのお椀の紹介をうっかり暑さにだらけて忘れてましたっ!
入荷のご案内です。




 
朱黒塗椀 各 ¥788
つるんとした塗りに丸い形。
お味噌汁にもいいですが、カキ氷やアイスクリームなどの
デザートボウルにも可愛らしいですよ。




布張り丸紋椀 各 ¥840
写真では伝わりにくいですが、大ぶりのお椀です。
熊本県人ならば!だご汁にぜひ!




横彫塗椀 各 ¥1050
意外とこの横の凸凹が引っ掛かりができて、
手に持ちやすいのです。



千筋平椀 各 ¥840
お吸い物にもご飯茶碗にも~。



両手スープカップ ¥1260
ご飯を食べ始めたお子さんにぴったりです!
両ハンドルはしっかりホールドできます。


++++++++++++++++++++++++

【お知らせ】


 




7月の特集企画 滝室窯(阿蘇) 石田裕哉の器
ただ今開催中です!


白磁・黒釉の器。
京都で修業をしたしっかりとした器作りの技術に、
モダンな若さのあるデザインです。
食器を中心に、展開しております。


おかげさまで、織庵に初めてご来店されるお客様にも
足を運んで頂いております!
ご本人は在店されておりませんが、
石田さんのお知りあいののお客様は
織庵が責任をもって、石田さんにご来店を
お伝えしております!

もちろん、ハガキや各広報またこのブログを
ご覧になって、
「ちょいと、見てみようかなぁぁ。」
って軽い気持ちで覗いてもらうのも大歓迎なのです!

気楽に器を見ていただくのが
織庵のモットー。

どうぞ石田さんの器をよろしくおねがします!
(ちょっと選挙調 笑)




追加納品してくださったので、作品は再びたっぷりです!


7月ひと月通しての展示販売です。
お時間の会う時に是非!ご覧くださいませ。





この記事をはてなブックマークに追加

木のトレー入荷

2013年07月18日 | 雑貨
こんにちは。
織庵です。


もうすぐ土用の丑の日。
あちらこちらでうなぎのご予約パンフを見かけます。

こう暑いと、
ガッツリしたものか
さっぱりしたものか
この両極端にしか食欲がわかなくなってしまいますねぇ。

そんなガッツリ系のうなぎ。
今年は土用の丑の日が2度ある年。

あらラッキ~♪うなぎが2度食べられる♪
って思っているうなぎ好きも多いのでは?(笑)
いやどうかなぁ、書きながら思いました。
そもそものうなぎ好きは、土用の丑の日なんか無視して
食べたい時にうなぎ食べてるだろうから、
年間1度や2度の丑の日は、無視してるんじゃないですかね(笑)


思いつきのうなぎ好きの人の為のコピー。

『食べたい時に食べたいだけ
好きに食べる…。俺の丑の日』

なんちゃって。



さて、うなぎはこれくらいにして(笑)、
入荷のご案内ですよ。



雰囲気と使いやすさで人気の白木のトレーの入荷です。








大 ¥1890(40cm×30cm×2㎝)
中 ¥1575(34.5㎝×25.5cm×2㎝)
小 ¥1050(30cm×18㎝×2㎝)



隅はすっきりとしたデザイン。


サイズに合わせてランチトレー、モーニングトレー、ティートレーに。

ナチュラルな木目ですので、
和食器だけでなく、プレーンな洋食器にも合わせやすそうです。




コーヒートレー ¥2100(45cm×19cm×3.5㎝)

お客様にお茶を運ぶのに使ってちょっと褒められたい(笑)です。

このトレーとても人気がありますよ~。


++++++++++++++++++++++++

【お知らせ】


 




7月の特集企画 滝室窯(阿蘇) 石田裕哉の器
ただ今開催中です!


白磁・黒釉の器。
京都で修業をしたしっかりとした器作りの技術に、
モダンな若さのあるデザインです。
食器を中心に、展開しております。


追加納品してくださったので、作品は再びたっぷりです!


7月ひと月通しての展示販売です。
お時間の会う時に是非!ご覧くださいませ。





この記事をはてなブックマークに追加

滝室窯取材のお知らせ

2013年07月13日 | イベント 
こんにちは。
織庵です。



今日も朝から、
手加減ナシに暑くなってますね~。
昨日は35度超え。
でも今日から、3連休。
お出掛けの方も多いと思います。
休憩をを入れながら、
無理のない3連休をお過ごしくださいね~!



さて、ただ今、織庵にて開催中の滝室窯・石田裕哉の器。

昨日、熊日新聞の石田さんへの取材が織庵にて行われましたよ。

取材内容はどのようなものか?
私も聞いていたわけではないので、全然知りません(笑)

取材記事は来週の木曜日、熊日夕刊に掲載されるそうです。

ご本人のお写真も載るようです!
これは必見です!!
織庵展示風景もあるかなぁ?

熊日を購読されている方は、

来週の木曜夕刊を忘れずにチェック~♪




7月の特集企画 滝室窯(阿蘇) 石田裕哉の器
ただ今開催中です!


白磁・黒釉の器。
京都で修業をしたしっかりとした器作りの技術に、
モダンな若さのあるデザインです。
食器を中心に、展開しております。



作品を少し抜粋してご紹介しますね。







7月ひと月通しての展示販売です。
お時間の会う時に是非!ご覧くださいませ。



◆常設の部分も普段どおりに器や暮らしの雑貨・
かやの洋服などなどなど。
お店の中は賑やかですよ!



3連休、どうぞお気軽に足を運んでくださいね!




この記事をはてなブックマークに追加

滝室窯 石田裕哉さんの作品ご紹介

2013年07月11日 | 滝室窯 石田裕哉
こんにちは。
織庵です。

毎日、暑いですね!

各地で39度という容赦ない酷暑を記録!!

まだまだ熊本は涼しい方かもしれないなぁ…と
この蒸し暑さにも有り難く思ったり(笑)





7月の特集企画 滝室窯(阿蘇) 石田裕哉の器
ただ今開催中です!


白磁・黒釉の器。
京都で修業をしたしっかりとした器作りの技術に、
モダンな若さのあるデザインです。
食器を中心に、展開しております。



作品を少し抜粋してご紹介しますね。



蓮形皿 1枚 ¥2000
ビビッドな印象ですが、蓮です。
少しマットな釉薬をかけてあります。




ひまわり皿 1枚 ¥1500
菊ではないです!ひまわり!
ひまわりの花弁の中央に料理を盛ると
格段に映えます。



黒釉葡萄文八角皿 � ¥2000
黒釉葡萄文八角小皿 � ¥1200
艶のある黒釉も輪花の渕が柔らかい印象に。




黒釉六角鉢 1客 ¥2000
冷奴も黒が上品に引き締めてくれそうです。



白磁十角鉢 1客 ¥1500
きりっとなりすぎない白磁の白が、
私達の食卓にも自然に馴染んでくれます。
そば猪口として、小鉢として。
これは様々に使えます!



青白磁高台皿 1枚 ¥2500
お菓子や果物をのせて、贅沢感を味わいたいです。
飾り棚にチョンと置いておくだけでも、雰囲気が出ます。



7月ひと月通しての展示販売です。
お時間の会う時に是非!ご覧くださいませ。





この記事をはてなブックマークに追加

釉彩イッチンの器

2013年07月08日 | 器 
こんにちは。
織庵です。



梅雨あけちゃいました!
(甘栗むいちゃいましたを今さら真似ちゃいました)

一気に広がる青い空。
セミの合唱。
土用の丑の日に誘いをかけるうなぎの広告。
猛暑の名古屋で行われる大相撲七月場所。

あちらこちらで夏本番を賑わせておりますよ。


毎日3度は耳にするような気がする熱中症情報。
暑さに体を慣らしつつ、
水分・塩分、美味しい食事と適度な運動を
取り入れながら(本当にできるのか?)、
今年の夏も乗り切ります~。


さて、益子より人気の器が入荷しています。

益子の青糠の釉薬にイッチンの花が透けているような…。
大らかな民陶の人気の器です!


 


 





見た目よりも軽い仕上がりも人気のポイント!




++++++++++++++++++++++++

【お知らせ】


 




7月の特集企画 滝室窯(阿蘇) 石田裕哉の器
ただ今開催中です!


白磁・黒釉の器。
京都で修業をしたしっかりとした器作りの技術に、
モダンな若さのあるデザインです。
食器を中心に、展開しております。


昨日、石田さん再び作品の追加納品に来てくださいました。
阿蘇にお住まいなのですが、
熊本市内の暑さに石田さん驚いていらっしゃいました。
私は驚く石田さんの様子をみて、更に驚きました(くどい文章ですね)
阿蘇ってそんなに涼しいのですか!
石田さんのご自宅は冷房が要らないそうで、
朝は肌寒いとの事。
おんなじ熊本でも、こうまで違うんですね~。

あ!話が横へ・・・。

追加納品してくださったので、作品は再びたっぷりです!


7月ひと月通しての展示販売です。
お時間の会う時に是非!ご覧くださいませ。




この記事をはてなブックマークに追加

山口さんより 再生グラス 入荷

2013年07月04日 | ガラス
こんにちは。
織庵です。



昨日は台風のような雨風でしたね。

皆様のお住まいの地域は大丈夫でしたか? 

これから、梅雨の末期の大雨に気をつけましょう!


余談ですが、今年はもう夏至を過ぎてしまったことを
ご存知でしたか?
私は先日知ったのですが、
6月28日(改め)6月21日が夏至だったとか。
もう、少しずつ日没後の時間が長くなっているんですよ~!
ひゃ~、驚きました。
これから夏に向かって、どんどん昼が長くなるんだと
思っていたのに、もう日照時間は折り返していたとは!
なんかそれを知って、これから梅雨明け後は
『夏のオマケ』のような気がしてきました(笑)


でも夏はこれから!今はまだ梅雨!

再生ガラスの優しい透明感の山口さんの
グラスが入荷しましたよ。




ソーダグラス 各 ¥2100



ゴブレット 各 ¥2940




各 ¥2100



カーブグラス 各 ¥2100




モールピッチャー ¥2940
モールグラス 各 ¥2100


++++++++++++++++++++++++

【お知らせ】




7月の特集企画 滝室窯(阿蘇) 石田裕哉の器
ただ今開催中です!


白磁・黒釉の器。
京都で修業をしたしっかりとした器作りの技術に、
モダンな若さのあるデザインです。
食器を中心に、展開しております。

7月ひと月通しての展示販売です。
お時間の会う時に是非!ご覧くださいませ。






この記事をはてなブックマークに追加

本日より 滝室窯 石田裕哉の器 

2013年07月01日 | 滝室窯 石田裕哉
こんにちは。
織庵です。


7月に入りました。

さて!
7月の特集。

滝室窯(阿蘇) 石田裕哉さんの器 の展示が始まりましたよ!
7月一ヶ月を通した展示です。

昨日、納品してもらいました~。
奥のギャラリーに展開しておりますよ。


ろくろ引きした生地を再び素焼き型にはめて、
形作る、『型押し』という手間暇かかる技法を交えて、
作陶された器は、薄く軽い使い心地です。


磁器と黒釉の白と黒。
形は独創的なもので工夫を凝らしてあります。

そして、驚くのが謙虚な価格設定!

「このお皿が!」
「このカップが!」
(BSのTVショッピングではないですよ 笑)
と、驚いて二度見してしまう器アリです。



作者略歴

滝室窯 石田裕哉

1981年 熊本県阿蘇市に生まれる
2006年 京都府立陶工技術専門校 卒業
2007年 京都市立産業技術研究所 陶磁器コース卒業
2008年 京都にて修業
2010年 阿蘇市にて滝室窯 開窯



展示ショットと、作品のごく一部です。
※また作品は、ブログでご紹介して参りたいと思います。

























ひと月通して、展示します。
お気軽にご覧になってください!

この記事をはてなブックマークに追加