子育ては親育て

2006年5月生まれのケイと2014年2月生まれのアイの成長記録。子供と笑ったり悩んだりしながら、親も成長してるはず!

学校であったことの話

2017-03-15 17:41:50 | ケイ10歳

ケイは小さい頃から、園や学校であったことを親に話す、ということをしなかった。
母は色々聞きたいので、今日は誰と遊んだ?とか、休み時間には何をしてるの?とか聞いたりしてたんだけど、
わかんない。忘れた。
ばかりで、具体的な話を聞けた記憶がない。

ケイは物事を言葉にして表現するのがあまり得意ではなくて、今日あったことを振り返ってあれこれ話すよりも、目の前にあるおもちゃやテレビに行ってしまうのだった。

そんなケイが、最近になって、今日は大変だったー、とか、今日は試合に勝ったんだよーとか
何やら話してくれるようになった気がする。
先生への不満だったり、嬉しかったことだったり、中身はいろいろだけど
母の「今日はどうだった?」という漠然とした質問にも
自分の中で印象に残ったことを話してくれるようになった。

学校で作った新聞の記事についてだったり
漢字のテストの前に、国語が得意な友達に教えてもらった結果、96点も取れた!という報告だったり
宿題を出したら、「(完成させたのが)クラスで7番目」と先生に言われたよ、という自慢だったり?

それは、ケイの中で自分がやっていることを認識できるようになった証でもあるし
時系列で説明できるようになった証拠でもあると思う。
だから、母は、その成長をうれしく感じるんだー。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレトレーニングその後 | トップ | アイ、文字を覚え始める »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ケイ10歳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。