◆Good News!!小山コミュニティチャペル発!

いい話(Good News)はないかな…。あります!小山コミュニティチャペル(小山CC)牧師、万年宣義のブログです。

2017年4月23日小山CC礼拝メッセージの要旨 「成長する―恵みと知識において」、聖書:第二ペテロ3:18

2017年04月26日 | ♪聖書からの話―礼拝メッセージなど―

2017423日礼拝メッセージ 要旨

■タイトル:『成長する―イエス様の恵みと知識において』

■聖書箇所:第二ペテロ3:18 私たちの主であり救い主であるイエス・キリストの恵みと知識において成長しなさい。このキリストに、栄光が永遠の日に至るまでもありますように。アーメン。

<新共同訳> わたしたちの主、救い主イエス・キリストの恵みと知識において、成長しなさい。このイエス・キリストに、今も、また永遠に栄光がありますように、アーメン。

NIV But grow in the grace and knowledge of our Lord and Savior Jesus Christ. To him be glory both now and forever! Amen.

 

・私たちが成長することは神様のみこころ。

・どう成長するか、その内容が大切!

・今日の聖書箇所から教えられることは、(あ)主イエス・キリストの恵みにおいて成長する、(い)主イエス・キリストの知識において成長する、この2つ。

 

「主イエス・キリストの恵みにおいて成長する」とは?

イエス様が与えてくださる恵みにおいて成長しなさい、ということ。

 

・イエス様が与えてくださる恵みにおいて成長するとは?


1.恵みにおいて成長するとは、「受けること」、そして、「さらに受けること」

 

・イエス様が与えてくださる恵み、それは①救い、②罪の赦し、③神の子とされること、④神様との交わり、神との歩み、⑤永遠のいのち、新しい天と地に生きること。

・霊的祝福と言っても良いか。

(・一般的、実際的な恵みもあるが。いのち、食物、様々な喜び、家族、友人、…。)

・これらの、イエス様が与えてくださる恵み、霊的な恵みを受けることが大切。

・恵みにおいて成長しなさい。=恵みをしっかりと受けなさい。受け止めなさい。受け止め、味わいなさい。

 

・成長と聞いてどう感じますか?

・「たいへんだなあ~」そう感じてしまう方へ。

・もっと立派に。もっとクリスチャンらしく。もっと完璧に。そうではない!!

・恵みにおける成長とは、まず、受けることです!

 

・恵みにおいて成長している人は…

・愛を受けます。 ・罪の赦しを受けます。 ・希望を受けます。 ・新しい力を受けます。 ・導きを受けます。

 

・恵みにおいて成長し、受けているが、見た目にはパッとしない、ということもありうる。

・見た目で判断してはいけない!(罪と格闘し、負けては、赦しを受けている状態もあるかもしれない。でも、受けている、恵みにおいて成長しているかもしれない。)

 

私たちの心がけは、へりくだること。正直に自分の必要を認め、イエス様に求めること。

 

 

・恵みにおいて成長する、とは、イエス様との交わりの中を生きること、といっても良い。

・じつは、それが、キリストの知識において成長する、という2番目のこと!

 

2.キリストの知識において成長するとは、恵みの源であるイエス様に「頼る」ことです。イエス様につながり、「交わりを持っていく」ことです。

 

・知る=知識にとどまらない。人格的な交流。交わり。

 

・イエス様は、恵みと祝福を与えてくださる。

・それは私たちがイエス様にさらに頼るようになるため。イエス様につながるようになるため。

 

・時にイエス様は恵みと祝福をとどめられる。あえて? なぜか?

・私たちがイエス様にさらに頼るようになるため。イエス様につながるようになるため。(私たちは、いつのまにか、恵みと祝福だけに心を向けてしまうわなにおちいってしまうことがある)

 

・霊的な恵みは、ただイエス様を通してのみ与えられる。イエス様だけが、唯一の霊的な恵みの源。

 

 

宣言イエス様、わたしたちは、あなたが与えてくださる恵みを受け、恵みにおいて成長していきます。また、すべての恵みの源であるあなたに頼り、交わりを持ち、知識においても成長していきます。

 

◇確認の質問 あなたはいつも、イエス様から恵みを受けていますか?恵みの源であるイエス様に頼っていますか?イエス様と交わりを持っていますか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年4月23日小山コミュニティチャペルの礼拝へどうぞ メッセージ「成長する―恵みと知識において」、聖書:第二ペテロ3:18

2017年04月22日 | ★小山CCからのご案内、お知らせ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

先週は小山コミュニティチャペルでは、感謝な復活日礼拝(イースター)の時をもつことができました!

初めて小山CCに来られた方や、久しぶりに参加してくださった方もあり、主の恵みでした!

さて、明日の小山CCの礼拝は以下の内容です。

 

メッセージタイトル 「成長する―恵みと知識において」

聖書箇所 第2ペテロの手紙3章18節より

 

「進歩がないなあ~。」

「もっと成長したいなあ~。」

皆さん、思い当たりませんか?

神様はいのちを与えてくださるお方、そして、成長させてくださる方です!

神様が与えてくださる成長の祝福を味わわせていただきましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年4月16日小山コミュニティチャペルの復活日(イースター)礼拝へどうぞ メッセージ「よみがえられたイエスに出会う」

2017年04月13日 | ★小山CCからのご案内、お知らせ

おとといは寒かったですね。

4月なのに・・・

(近隣の小学校では入学式!寒くて大変だったでしょう・・・)

今日は暖かくなりました!

 

次の日曜日、4月16日は、復活日(イースター)礼拝です!

イエス様がよみがえられたことを記念する礼拝です!

どうぞ、ふるってお出かけください!

 

小山コミュニティチャペルでは復活日特別プログラムがもたれます!

礼拝 10:30~11:30

お祝い会食 12:00~12:45

お祝い会 13:00~14:00

 

★会食は会費制です。

お一人500円。小学生以下300円。

会食に参加希望の方はお申し込みください。

牧師 万年(まんねん) 0285(22)6953

※明日くらいまでにお申し込みいただけると準備が助かります。

 

それでは、皆様のお越しをお待ちしております!!!

小山コミュニティチャペル 牧師 万年宣義

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年4月9日小山コミュニティチャペル礼拝メッセージ「十字架上のイエスに向かい合う」要旨

2017年04月13日 | ♪聖書からの話―礼拝メッセージなど―

201749 日受難週礼拝メッセージ 要旨

■タイトル:『十字架上のイエスに向かい合う』(神の恵みへの応答④)  

■聖書箇所:マルコ15:22~41

■中心聖句:マルコ15:39 イエスの正面に立っていた百人隊長は、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、「この方はまことに神の子であった」と言った。

 

・教会の暦では受難週に。(来週が復活日、イースター。その直前の金曜日が受難日。)

・十字架の場面から恵みをいただいていきましょう。

 

・今日は、百人隊長の姿から学んでいきましょう。 

・39節 「この方はまことに神の子であった。」  

・これは「信仰告白」!(神学的に完全な理解というわけではなかっただろうけれど・・・)

 

・ある学者の見解。

  これは福音書中の2つのクライマックスの一つだ。

  一つ目、マルコ8:29、ペテロの信仰告白。

 「あなたは、キリスト(メシヤ)です。」 

  これはユダヤ人を代表して。 

  2つ目が今日の百人隊長。異邦人を代表しての信仰告白!!

 

※本人が後に信仰者としてこのことをあかししたのかもしれない。

 

 

・「イエスがこのように息を引き取られたのを見て・・・」とある。

・百人隊長が信仰告白に至るまでを追ってみましょう。イエスの十字架上の姿、そして、どのように息を引き取られたか。

 

 

・24節 イエス、十字架につけられる。(くわしくは描かれていない)  

・29~30節 一般の人々の悪口

・31~32節 祭司長と律法学者たちの悪口   

・32節 いっしょに十字架につけられた者たちの悪口

・33節 突然の暗やみ 

・34節 イエス様の叫び。「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」

・37節 大声をあげて息を引き取られる  (38節 神殿の幕が裂ける これはその場では確認できなかった。)

 

 

・百人隊長が信仰告白するにいたった事柄はなにか?はっきりとは書かれていない。

・手がかりとして、31節の祭司長、律法学者たちのことばを取り上げてみたい。


・「他人は救ったが、自分は救えない。キリスト、イスラエルの王さま。今、十字架から降りてもらおうか。われわれは、それを見たら信じるから。」


(あ)彼らが認めていたこと、事実がある。「イエスは人々を救った」

 

・病気のものがいやされ、悪霊につかれた者が解放された。悩みの中にある者が励ましを受け、絶望の中にある者が希望を見出した。父なる神との関係に入れられた。

・百人隊長はこれを聞き、確かにそうだ、と納得していたかもしれない。うわさで?身近な人から?見聞きしていた?

・このイエスという人物は不思議だ、と考えていかもしれない。

 

(い)彼らが馬鹿にしたことがある。「自分は救えない」

 

・二つの可能性。人々を救ったことが事実なら。

(A)人々を救い、助けることができたが、自分を助けることはできない、限界のある人物。

(B)人々を救い、助けた。そして、自分を助けることもできたが、重要な理由があり、あえて、それをしなかった。

 

重要な理由がありうるのか?

・百人隊長は十字架につけられたイエス様を見ていていろいろと考えたことだろう。

・この人、たぶん、これまで、多くの刑の執行に立ち会い、そして、受刑者たちを見たことだろう。目が肥えていた。見抜くことができたのではないか。 

  ・相当悪いことをしでかしたな。極悪人だ。  

  ・悪いは悪いが十字架刑は厳しすぎるな。

  ・この人はグレーだな。白か黒かわからないぞ。 

  ・そして・・・この人は正しい人物だ。

 

・百人隊長の感じたこと。「このイエスという人物にはうそはない。人々を救ったことは事実。自分をも救うことはできる。が、理由があって自分は救わない。こういうことだ。」

 

・さらに思いは進んで行ったのではないか。

・良い方が、悪とされているということ!悪とされることを受け入れている!  

・そんなことが人間にできるか?

 

・さらにいろいろな状況が重なってくる。

(あ)信じられないようなののしり。それに耐え続けている。 (い)暗やみ、超自然的な現象。

(う)「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」「わが神、わが神、どうして私をおみすてになったのですか」とい叫び。

(え)息を引き取る直前の叫び。(勝利の叫びか?「完了した」ヨハネ19:30?)

 

・百人隊長の結論。「この方は、ただの人ではない!この方は、神の子だ!」

 

 

・この百人隊長は、「イエスの正面に立っていた」 欄外注「イエスと向かい合って立っていた」

 

1.十字架につけられたイエス様と向かい合う時、イエス様が神の子、救い主であるとわからせていただける!百人隊長と同じように!

 

 

2.イエス様が神の子であるということがわかればわかるほど、あなたの信仰は強められます!

 

 

3.イエス様が神の子であるとわかって信仰が強められると、現実の生活の問題を乗り越えていく力が与えられます!

 

 

宣言イエス様、十字架につけられたあなたに向かい合います。あなたが神の子、救い主であることを深くさとらせてください。


◇確認の質問 あなたは十字架につけられたイエス様に心を向けていますか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年4月9日小山コミュニティチャペル礼拝へどうぞ メッセージ「十字架上のイエスに向かい合う」(神の恵みへの応答④)

2017年04月07日 | ★小山CCからのご案内、お知らせ

今日は暖かくなりましたね。

さくらもきれいです。

ゆっくりと花見でもしたいところですね。

 

さて、4月9日の礼拝のお知らせです。

メッセージは「十字架上のイエスに向かい合う」です。

聖書箇所はマルコ15章22節~41節です。

 

どうぞお出かけください。

小山コミュニティチャペル 牧師 万年宣義

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年4月2日小山コミュニティチャペル礼拝メッセージ「安心と喜びの生活―神に向き合って」要旨

2017年04月03日 | ♪聖書からの話―礼拝メッセージなど―

201742日礼拝メッセージ 要旨

■タイトル:『安心と喜びの生活―神に向き合う』(神の恵みへの応答③)

■聖書箇所:詩篇16:1~11

■中心聖句:詩篇16:8~9 私はいつも、私の前に主を置いた。主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。

<新共同訳>わたしは絶えず主に相対しています。主は右にいまし わたしは揺らぐことがありません。わたしの心は喜び、魂は躍ります。からだは安心して憩います。

 

 

・神様の恵みが注がれていますね!  

・神様の恵みを受け止めていきましょう!拠り頼んできましょう!

・応答して、神様を愛しましょう!

・さらに、神様の恵みに応答していきましょう! きょうもその一つを学んでいきましょう。

 

 

・聖書箇所の解説  

・この詩篇は、「確信の詩篇」の一つ。23篇などと同じタイプ。

 

 

・8節 私はいつも、私の前に主を置いた。

・今日の第一のポイントは・・・


1.神様の恵みに感謝して、あなたの前に、神様を置きましょう!神様と向かい合いましょう!


・8節 私はいつも、私の前に主を置いた

・主を置く=主と向い合う。新共同:「相対しています」。顔と顔を合わせて。向かい合って。

・English Standard Version  I have set the LORD always before me;   

・meet face to face

 

 

・もちろん、置物のように主を置く、ということではない!

・主は偉大なお方、私たちが好き勝手に動かすことのできる方ではない。

・しかし、重要な意味が込められている。

 

・私たちに任されている態度がある。何を自分の前に置くか?私たちは日々、それを選んですごしている。

 

・仕事、勉強、スポーツ、・・・ (まじめシリーズ)  

・ゲーム、テレビ、食事、旅行、・・・ (趣味シリーズ)

・家族、友達関係、恋愛、・・・  (人間関係シリーズ) 

・心配事、罪責感、自信、(反対に)自信がないこと、・・・  (心の在り方シリーズ)

 

・これらを私たちは選んで、自分の前に置いている。

・それらは悪いこと、ということではない。

・第一のことを第一とするべし。そこに祝福がある。

 

・主をあなたの前に置きましょう。主に向い合いましょう。  

・神様と向かい合う、神様との愛の交わり!!

・具体的にはどうするか? 後でふれます。

 

 

・第二のポイント・・・

・8節後半~9節 主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。


2.神様をあなたの前に置くとき、あなたは、たしかな、「安心」と「喜び」をいただくことができます!

 

・8節後半 主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。

・ゆるぐことはない。「安心」がある。

・ちなみに、安心と安全の違いは?安心=心の状態、主観的。安全=実際の状態、客観的。

 ・「安心できる安全な社会をめざしましょう」というキャッチフレーズ、聞いたことがないですか?

 

・私たちは完全に安全というわけにはいかない。しかし、神様をあなたの前に置くなら、「安心」がある!!

 

・春、新しい歩みが始まる。不安もある。友達できるか?先生は怖くないか?

 

・あなたの前に神様を置きましょう!神様は安心を与えてくださる!

 

 

・9節 それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。

・喜び、楽しみ、安らかさ。 

・神様をあなたの前に置く時、喜びも与えられる!

 

 

 

・なぜ、安心や、喜びが与えられるか?神様は良いお方。全能のお方。そして、私たちを愛してくださっている!

 

 

適用> あなたの前に神様を置く、どうやって?

(あ)神様に祈りましょう。「神様、私の前にあなたを置きます」そう祈る。

 

(い)後ろめたさが出てくる場合。罪の赦しをいただきましょう!

    その時に。現在、ありのまま。イエス様の十字架に信頼して。

 

(う)安心、平安が必要な時、喜びが必要な時、特にそうしましょう。

 

(え)朝一番を大切にしましょう。

 

(お)「わたしはいつも、私の前に主を置いた」を目指しましょう!

 

 

宣言:神様、わたしは、私の前にあなたを置きます。わたしを安心と喜びで満たしてください。

 

◇確認の質問 あなたは、神様を、あなたの前に置くように心がけていますか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月26日小山CC礼拝メッセージ要旨 「本当の充実感をー神を愛し生きる」(恵みへの応答②)

2017年03月26日 | ♪聖書からの話―礼拝メッセージなど―

2017326日礼拝メッセージ 要旨

■タイトル:『本当の充足感を―神を愛し生きる』(神の恵みへの応答②)

■聖書箇所:マルコ12:28~31 

■中心聖句:マルコ12:29~30 イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』

<新共同訳>イエスはお答えになった。「第一の掟は、これである。『イスラエルよ、聞け、わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』

 

◇聖書箇所の解説

・律法学者たちは神の教え、律法を大切にしていた(良い面)。律法について考えた。整理した。

・いつしか、本質を置いておいて、議論することに傾いていった(悪い面)。

・大切な戒めはなにか?これも議論の材料だった。

・イエス様は、父なる神様のお心を受け止め、2つの教えに要約された。

・神を愛すること。隣人を愛すること。

 

 

 

・神様の恵みについて学んできた。心が動かされる。

・どう応答しようか?

・先週はその一つめ、ダビデに習おう!「私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む」

・ある意味では応答ではない。応答する前にまずは、恵みをしっかりと受け止めよう、というところ。

・今日は神様の恵みへの応答、その2。

  

・この箇所から学ぶべきこと、それは・・・

神様の恵みに感謝して、神様を愛しましょう!

 

 

①その理由 


あなたを愛し、あなたに恵みを与えてくださった神様は、何よりもあなたの愛を求めておられるからです。

 

 

②その源 


神様の愛と恵みは、人の心を、神様を愛する心を生み出します。

 

(あ)「わたしは神様を愛しています」という人は、それは神様からだと確認しましょう。

 

(い)これから神様を愛していこう、と思っている人は、神様がそのための愛を注いでくださるからできるんだ、と励ましをいただきましょう。

 

(う)イエス様を信じているが、神様を愛するなんて全然わからない、という人は、十字架に立ち返りましょう。(自分の罪、イエス様の十字架、信じて救いをいただいた、永遠のいのちをいただいた、天国に行ける、神様の子どもとされた、神様とともに歩める、・・・)

 

・愛の命令を通して、神様は、私たちの中に、神様への愛を育んでくださる。

 

 

 

③その祝福 神様を愛する人は、本物の充足感をもって人生を歩んでいくことができます


私たちは、神様によって造られた存在!

何のため?

愛を受けるため!

そして、愛するため!

だから神様を愛すとき、私たちは他には変えられない充実感、充足感を味わうことができる!


まずはやってみてください?!

 

 

宣言神様、私たちは、あなたの恵みに感謝して、あなたを愛します!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年4月2日小山コミュニティチャペル礼拝へどうぞ メッセージ「安心と喜びの生活―神に向き合って」(神の恵みへの応答③)

2017年03月26日 | ★小山CCからのご案内、お知らせ

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

来週はもう4月なんですね。

新年度の新しい歩みの上にも神様の祝福がありますように。

 

ところで、広告でよく見かけることば、こんなものがありますね。

 

「安心」!

 

でも、安心が保証される、ということはない!

 

「喜び」!

 

でも、どんな喜びも過ぎ去っていってしまう!

 

こんな次元の安心、そして、喜びもあるんですね!

 

神に向かい合う安心。

神に向かい合う喜び。

 

ごいっしょに聖書から学んでみませんか?

 

小山コミュニティチャペル 牧師 万年宣義

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月26日小山コミュニティチャペル礼拝にどうぞ メッセージ「本当の充足感をー神を愛し生きる」(恵みへの応答②)

2017年03月23日 | ★小山CCからのご案内、お知らせ

今週初め、娘が所属してる吹奏楽の定期演奏会があり、家族で聞きに行って来ました。

良かったです!

さすが大学生レベルの演奏です。

(個人的には、ホルストの「吹奏楽組曲第2番」、バーンスタイン「シンフォニックダンス」が良かった!)

 

演奏が終わって娘や仲間と少し話しましたが、やり遂げた、という達成感があふれ出ていましたね。

顔が輝いていました。

いいですね。

 

神様の恵みです。

 

ところで皆さんは充実感、充足感を味わっていますか?

 

本当の充足感を味わいつつ生きる生き方、聖書はそれを教えてくれます。

ご一緒にその手がかりを見つけてみませんか?

 

あなたのお越しをお待ちしております。

都合で来ることができない方もどうぞ、あとからアップされるメッセージ要旨を参考にお読みください。

 

神様の祝福を祈りつつ。

小山コミュニティチャペル 牧師 万年宣義 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月19日小山CC礼拝メッセージ要旨 「世々限りなく神の恵みに拠り頼め」 詩篇52篇8節より

2017年03月23日 | ♪聖書からの話―礼拝メッセージなど―

2017319日礼拝メッセージ 要旨

■タイトル:『世々限りなく神の恵みに拠り頼め―神の恵みへの応答①』

■聖書箇所:詩篇52:8~9

■中心聖句:詩篇52:8 しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。

<新共同訳> 9節 わたしは生い茂るオリーブの木。神の家にとどまります。世々限りなく、神の慈しみに拠り頼みます。

 

 

・さっそくですが質問です。 

・「あなたが誰かからプレゼントをもらったとします。あなたはどんな反応をしますか?」

 

(あ)ありがとうございます、ともらう。

(い)いえ、いえ、そんな、と遠慮する。が、そのあともらう。

(う)申し訳ない、と遠慮する。そのあともらう。そして、すぐさま、お返しをする。

 

・それぞれ、いろいろな反応をするものですね。

 

・さて、私たちは神様の恵みについて学んでいます。

 

・神様のさまざま恵み  

・「救い」 エペソ2:4~(2/5) 

・「義とされる」 ローマ3:23 神の恵みにより義とされる!(2/26)

・「力」 第二テモテ2:1 神の恵みによって強くなりなさい。(2/12)

・「良い行い」 第二コリント9:8 すべての良いわざにあふれる者となるため、あらゆる恵みを神は与えてくださる(2/19)

※神の恵みが流れていくため 「すべてのことはあなたがたのため!」第二コリント4:15(3/5)

※「恵み深い神がおられる証拠」 使徒14:17 天からの雨、収穫、食物、喜び (3/12)

 

 

・さて、このように恵みを注いでくださる神様に対して、私たちはどう応答していったらよいのでしょうか?



・詩篇52:8 しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。

 


・この箇所から学びたいこと、その第一は・・・

・:8 しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。


1.神様の恵みへの私たちの応答は、何よりもまず、神様の恵みに拠り頼んでいくことです!

 

(あ)遠慮は無用!神様から恵みを受けましょう!

 

(い)お返しのことはまず置いておいて!神様の恵みに頼りましょう!

 

(う)応答ということを考えると・・・ 実は応答のことは置いておいてよい、といっても良いよいのではないか。

・神様の御性質のゆえ、喜んで、自発的に神様は恵みを注いでくださる。

・それなのに、さあ、応答すべきか、考えなくちゃ・・・ そんな風に考える必要はない!

 

 

 

・この箇所から学びたいこと、その第2は・・・

・:8 しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。私は、世々限りなく神の恵みに拠り頼む。


2.良いときも、悪いときも、どんなときにも神様の恵みに頼っていきましょう!

 

(あ)大変な時、神様に頼りましょう!

・助けを求める。 ・導きをいただく。 ・励ましをいただく。 ・心を注ぎ出す。わかっていただく。

・祈れない時、その一つは、自分のせいで大変なことが起こってしまった時。「自分が悪いんです・・・」

・実例 ダビデが置かれていた状況。サウル王からの逃亡。アヒメレクという祭司のもとへ逃げ込んだ。一泊、泊まらせてもらい、食事と剣をもらい、逃げて行った。ところが、ドエグというサウル王のしもべがアヒメレクのもとにいた。ドエグはサウル王に密告。その情報を聞いたサウル王はアヒメレクとその一族を虐殺してしまう。 ダビデの辛さ。自分が助けを求めたばかりに・・・。詩篇52は、そんな中で作られた詩。 そんな中でも神の恵みに頼る!!

 

  

(い)良いときにも、神様に頼りましょう!

・へりくだって!

・以外に難しいこと。良いときにも、神様に頼る!

・この点で、私たちは悔い改めなければならない。「自分の力で何とかするし、何とかなる」 そう考えている。だから、神様に頼らない。悔い改め、へりくだって、神様の恵みに拠り頼んでいきましょう!

 

 

・今日の3番目のポイントは・・・

・:8 しかし、この私は、神の家にあるおい茂るオリーブの木のようだ。私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。


3.心を決めましょう。「私は、神の恵みに拠り頼みます」と!

 

・心を決めて! 「私は・・・神の恵みに拠り頼みます」

・先ほどのダビデが置かれている状況を考えてみましょう。ダビデはどう考えたか?

・自分に問いかけたか?「さあ、ダビデよ、どうする?」。

・「私は・・・」、「私は・・・」、「私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む」!!!!

・信仰の賭け!神に賭ける!

・これまでも!これからも!

 

 

宣言神様、私は、あなたの恵みに応答して、あなたの恵みに拠り頼みます!心を決めます。良いときも、悪いときも、あなたの恵みに拠り頼みます!

 

◇確認の質問  

①「あなたは、どんなときにも、神様の恵みに拠り頼んで生活していますか?」 

②「神様の恵みに拠り頼んで、具体的にはどうしますか?」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加