広島の山歩き+家庭菜園(日記)

主に、広島の山を歩いています。
山のカテゴリーは「ひろしま百山」に準じています。

家庭菜園4月20日

2017年04月20日 | 家庭菜園

ブログのタイトル「家庭菜園」はどうなった?とある人に聞かれたので、現状報告を少し。

3月の16日に、直播で大根、カブ、人参、春菊、小松菜、リーフレタス、水菜の種をまいたが、

こちらは大根。

こちらは、左から水菜、春菊、リーフレタス。

キャベツと小松菜。キャベツは今のところ全く無傷だが、なにせ無農薬と決めているので、小松菜は虫に食われた穴がたくさんある。

3月16日の写真。キャベツは2月の15日ごろに種をまき、ビニール温床でやっと芽が出てきた。ナス、ピーマン、パプリカは発芽の形跡なし。ナス科はてまがかかる。

真ん中がカブ、両サイドはニンジン。その間にあるのが九条ネギだが、ネギ坊主ができている。カブもかなり虫にやられている。

こちらはニンニク。昨年夏ごろもらったやつを、乾燥させようと軒先にぶら下げて忘れていたら、今年の3月上旬に芽が出てきたのに気が付いた。いまさら食べる気もせず、植えたら、ぐんぐんと元気に育ってきた。ニンニクは本来秋に植えるものだそうだが、これなら収穫できるかもしれない。

ナス科の野菜は、トマトとジャガイモは原産地が南米アンデスで、比較的冷涼な気候を好むが、ナス、ピーマン、トウガラシはインドやメキシコなどが原産地で、高温でないと発芽しない。

というわけで、こいつらの発芽には手こずった。

タキイ種苗のホームページを見ると、発芽の適温は20℃で、発芽可能温度は10℃以上とかいてある。

なにせ最高気温が20℃を超え始めたのは、やっと4月の10日ごろからである。

昔から霜止出苗(しもやみてなえいずる・七十二候)といって、霜がやむのは4月の25日頃らしい。霜の心配がなくなるのは八重桜が咲いてから、という言い伝えもある。今年、広島の造幣局の八重桜が咲いたのが4月の15日過ぎだから、一週間ほど早まった感じだろうか。

トマトの現状。(3月20日に、ポットに種まきをしたもの。一ヶ月でこのくらい。)

ナス。

ピーマン

トウガラシ。この三つのナス科は、2月15日に蒔いた種の、発芽の気配がないので、あきらめて、下記のようなコタツ温床でやったが、発芽までキュウリの倍以上かかった。

面白いことに、ナス科の双葉はみな同じ形をしている。トマトも出始めはこんな形だった。5月の上旬には植えられるだろうか。

キュウリは、ウリ科で、ナス科ではないので、生育が順調だ。もっともタキイのホームページでは、発芽適温温度は25℃~30℃となっている。順調に発芽したのは、コタツ温床が良かったのか、あるいは通常売られているF1種ではなく、固定種(聖護院節成キュウリ)だからかもしれない。

なにせこちらは、湿ったキッチンペーパの上種をに置いて、ジップロックで密封し、コタツの中に三日ほど入れていたらすぐに発芽した。(種の先端に、白いものがちょろっと出ている。)これが4月の7日だから、生育が早い。わずか2週間で、上の写真のように大きくなったのだ。ナス科に比べると、雲泥の差だ。

このやり方は、「自然菜園」竹内孝功著(私の家庭菜園の教科書)から教えていただいた。

それにしても、ホームセンターで野菜苗がたくさん出回っているが、あれは温室の中で石油をぼんぼん炊いて加温しているから、あんなに早く出回っているんだという事に、あらためて気付かされた。

山仲間のI村さんが、「野菜苗を買うのなら5月になってから!」と口を酸っぱくして言っていたのが分かるような気がする。

あとはジャガイモで、種イモを3月の16日に植え付けたら、4月の14日に芽が出てきた。ネットで覆う必要はないのだが、カラスが遊びに来て、食べられるかな?とばかりに、つついて抜いてしまうので、念のため。この近くはカラスが100羽位、毎日上空を飛んで、えさになりそうなものを探している。地面に降りてつつくのだからハシボソカラスだろう。

キヌサヤの苗を植えた2日後に、苗が全部抜かれていたので、それ以後注意している。

これは、その抜かれた苗を植えなおしたら、花が咲き始めたので、急いで誘引作業。

というわけで、竹内孝功さんの本を読みながら、無農薬無肥料にチャレンジしています。

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.4.15:11時間も歩いて... | トップ | 2017.5.20:どうなっているか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL