広島の山歩き(日記)

主に、広島の山を歩いています。
山のカテゴリーは「ひろしま百山」に準じています。

2017.8.2:富士登山2日目、村山道を歩く。

2017年08月05日 | その他の山

二日目は、計画では、累積標高(+)2376m、距離19.8km、推定時間9時間48分(+休憩時間)で、朝5時に出発して、遅くとも夕方の5時には到着するだろうと思っていた。

5時31分、セブンイレブンの駐車場から見える富士山。右の宝永山とほぼ同じ標高まで登る。先は長い。

おや、富士の笠雲が出てきた。「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」と言われているが、実はこれがまさに的中。夕方、小屋に着いた時は、全員靴の中までずぶぬれだったのだ。6時26分。

7時6分、村山浅間神社案内所に到着。ここにベンチがあるので、朝食をここで取る。時間が早いので、トイレはまだ利用できなかった。

ここには、英国初代公使オールコックが、1860年富士山に登り、世界にその美しさを紹介した(「大君の都」)ことで、記念碑が建てられている。

浅間神社の傍を通り、12~13分も歩くと、昔ながらの村山古道が残っているので入る。

残念ながらわずか5~6分で、ふたたび車道に戻るが、実に雰囲気の良い所である。

7時36分、ここで舗装道から分かれ、砂利道に入る。

7時48分、標高640m当たりで砂利道から離れ、山道に入る。

8時20分、標高740m辺りで、車道を横切る。

村山道は掘れた山道が多い。

時にはこんな快適な道もあるにはあるが・・・

8時50分、標高830m辺り、何やら厳かな雰囲気の札打場に出る。願いを込めたお札が、沢山ぶら下げてある。

9時46分、標高1005m辺り、道路を横切り、天照教奥之院参道の傍を通る。この辺りから雨足が強くなる。

少し行くと、苔むした倒木のオンパレード。苔の好きな人にはたまらない所。

10時6分、次の道路を横切って少し行くと、10時15分、標高1080m辺り、富士山麗山の村に出る。雨がひどくなったので、ここの軒先で休憩。少し早いが昼食も取ることにした。

10時50分ごろ、合羽を着用して出発。

11時50分、標高1260m辺り、富士山中宮八幡堂にでる。側に説明書きがあり、「ここより馬で登ることは許されなかった」とある。また「女性の登山はここまでで禁止され、女人堂に籠って頂上を拝み下山した」とある。

ここから再び苔むす道を歩き、

12時20分ごろ、標高1350m辺り、富士山スカイラインを横切る。

13時14分ごろ、標高1600m辺り、再び富士山スカイラインを横切る。ここまでで距離18.5km、8時間14分。

ここで10分休憩。

こんな雰囲気は、なかなかお目にかかれない。

14時18分、標高1840m辺り、突然お地蔵さんが出てくる。

浅間神社からお地蔵さんのあたりまで。

以下、続く。

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.8.1:海抜ゼロメートルか... | トップ | 2018.8.2:あわや遭難?の村山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他の山」カテゴリの最新記事