広島の山歩き(日記)

主に、広島の山を歩いています。
山のカテゴリーは「ひろしま百山」に準じています。

2016.9.10:大誤算の野田ケ山

2016年09月18日 | 登山教室

何を勘違いしたのか、わたしはここからハイキングルートだと思いこんでいた。今回は、地獄谷と振り子沢(遭難ルート)のことしか頭になく、後のことは正直何も考えていなかった。このメンバーだから許してもらえるかもしれないが、CL落第である。

13時51分、野田ケ山に向けて出発。

いったん下り、登り返すと、振り子山。手前の道は左側が崩落している。

 振り子山の上で、記念写真。14時21分。

ここから急斜面を下る。もう靴がグチュグチュなんて言ってられない。木を掴み必死で下る。

 

やがて目の前に現れてくる親指ピークがかっこ良い。山頂付近にロープが張ってあるのが見える。

さらに下ると、手前親指ピーク、奥に見えるのが野田ケ山。

ぞろぞろと、親指ピークにとりつく。

 

 ピークに張ってあるロープと金具は新しかった。なくても歩けるが、あれば安心。15時3分。

 15時36分、野田ケ山山頂。計画では一向平キャンプ場についているはずだが?皆様申し訳ありません。

傍の木に「野田ケ山、なめんなよ」と書いてあるのが、なんだか面白かった。

ここから標高差150m位急斜面が続き、そのあとは緩やかな斜面を下り、およそ一時間で大休峠避難小屋。16時33分。ここで一休み。

地獄谷分岐に付いたのが、6時17分ごろ。少し前から、ヘッドランプを装着。

吊り橋に付いたのが19時15分。ここまでで12時間40分経過。皆かなり疲労しているはずだが、これを抜けると350段の階段が待っている。 

階段を上る前に、休憩。2Lあった水もすでになく、K藤さんに少し分けていただく。

キャンプ場に付いたのが19時53分。それから、奥大山キャンプ場に移動し、テント設営、食事の準備などが終わったのが、21時半過ぎ。カープの優勝はどうなったかとスマホのTVを付けると、ジャスト優勝の瞬間で乾杯し、大いに盛り上がった。

これに免じて、皆さま、私のせいで13時間20分も歩かされた事を、お許しください。謝謝。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.9.10:遭難事件のトラウ... | トップ | 2016.9.11:ハイキングルート... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

登山教室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL