オヤジよ、ギターを弾け!!

就職で、結婚で、育児で…封印されたロック魂。時空を超えてよみがえる。ギターをかき鳴らせ、ドラムをぶっ叩け!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

S029 マイケル握りでリフの達人!?

2008年06月25日 | S:スキルアップ
写真をご覧ください。違いが分かりますか?

どちらもティアドロップ型のピックですが、握りが違います。左は、尖った部分を弦にあてる通常のスタイル。は、尖った部分を親指の付け根にもってくるスタイル。後者は、マイケル・シェンカーのスタイルだそうです。

マイケル握りだと、アップストロークが力強くなりリフの粒が揃います。人差し指が接する面積が増えてアップとの力の差が小さくなるからでしょう。

16音符を連続で鳴らすリフが、ンチャンチャ……と不揃いだったのですが、ズズズズ……と上下の差がなくなり、かつヘヴィーに響きます。
『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« T066 ジェロ 不朽の名曲をカ... | トップ | E143 ロック魂の伝承は孫に!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
クレイトンをマイケル握りでメタラー!? (テゲテゲにロックをやろう)
Clayton45_2008_08_13.mp3 ティアドロップ型のピックを“マイケル握り”で弾くと、ヘヴィな音が出ます。 ギター用のピックには、いろいろなタイプがありますが、ティアドロップ型のピックを丸っこい部分で弾くと、どうなるか試してみました。 16ビートのコードカッティ...