オヤジよ、ギターを弾け!!

就職で、結婚で、育児で…封印されたロック魂。時空を超えてよみがえる。ギターをかき鳴らせ、ドラムをぶっ叩け!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

D151 時代の空気を切り裂く“ウィップ・ボイス”~桜井賢

2009年12月27日 | D:名鑑
桜井賢は、低い声も高い声も地声でカバーできる稀代のボーカリストといえましょう。

昨日ラジオの特番にジ・アルフィーの桜井賢(さくらい・まさる)が出ていました。走り続けるバンドだけに、番組ではヒット曲だけでなく、新曲も紹介していました。その中で、私が驚いたのは、「宇宙戦艦ヤマト 2009」の歌唱。しなやかでシャープな歌声はムチのようです。

フレディー・マーキュリーに“クリスタルボイス”、ロイ・オービソンに“ベルベットボイス”……と美声を賞賛する讃辞があります。桜井の場合、“ウィップ・ボイス”ではいかかでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« D150 腰ブレーカー!?~“Ove... | トップ | E211 さらば2009年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。