『 おやじんのながばなし 』

半世紀生きてきました。今日は何の話をしましょうか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日もわれ大空にあり

2016-01-24 15:09:26 | 雑記等
「東宝DVD名作セレクション」
で見つけてしまい、即購入しちゃいました。


1963年に製作され1964年2月29日に東宝配給で公開。
そう、東京オリンピックの年です。ちなみに私の誕生年でもあります。
この時に東京上空に五輪の輪を描いたのが
本編に登場する航空自衛隊F-86Fブルーインパルスなのです。

クレイジーキャッツ主演の各シリーズや、加山雄三の若大将シリーズで知られる
古澤憲吾監督らしい破天荒な明朗快活航空青春映画であります。


物語
(解説書より)

静岡にある航空自衛隊浜松基地を舞台として、
当時の主力要撃戦闘機F-86Fセイバーから
F104J/DJスターファイターへの機種転換を控えた
パイロット訓練生達と赴任したきたばかりのベテラン教官の姿を
新鋭機パイロットの訓練のドラマとして描いたものです。

この訓練生の飛行部隊「タイガー小隊」をブルーインパルスが演じてるんです。

若きパイロットの挫折、恋愛、鬼教官との反発~絆と
ありがちな青春ドラマのストーリーになっているのは間違いありませんが
当時から現在にかけて航空自衛隊がこれだけ全面協力した作品は他にはなく
実機がふんだんに登場するだけでなく、カメラワークや飛行シーン等(危険すぎる!)
現在では不可能なレベルなアングルやアクションで撮影されるシーンは圧巻です。

ブルーインパルスの機体はまだ専用塗装ではなく
一般の機体と同じシルバー地の無塗装で出演しています。
(ただし、浜松基地を写す途中のシーンでは専用塗装済で駐機するブルーの姿も)

当時浜松基地をベースにしていた特別飛行研究班「ブルーインパルス」が
全面協力している点と現在は全退役した戦闘機の飛行シーンを十分に堪能でき
記録フィルムとしても十分に価値があります。

つまりは昭和のジェット戦闘機好きおっさんは迷わず買え!
な、ツボ的DVDだと言うのは間違いありません。

ちなみに古澤監督、元航空隊だそうで飛行シーン満載のこの作品には納得です。

「ハチロク」ことF-86Fセイバー(旭光)

東宝特撮映画の第一作である『ゴジラ』で初登場したジェット戦闘機がこのセイバー。

内容の半分がハチロクの飛行シーンと言っても良いくらい、
北海道から九州に至るまで空撮シーンが多々あります。

超々低空のローパス(低空通過)から富士山噴火口バックのアクロバット。
富士演習場の空中実弾射撃シーン等。
あと当時の浜松基地周辺の景色を見ると、辺り一面まだまだ田園風景が広がってます。


「マルヨン」ことF104J/DJスターファイター(栄光)

当時の最新鋭機。
『人が操縦する最後の戦闘機』とさえ言われてたのです。
平田昭彦がピッカピカのマルヨンに乗って颯爽と浜松基地へ登場します。

写真の機体は奈良基地に展示されていますが、私の里が石川県でして
お墓が小松基地の近くの海岸沿いにあるのです。
お墓参りに行くと低空で着陸進入してくるマルヨンは間近でよく見ました。

作品のラストシーンは特に貴重で、感動もんです。
この飛行を最後に地上勤務に転属する鬼教官の乗るハチロクを、
マルヨンパイロットに昇進した若手達が乗るマルヨン編隊が
傍を通過しながら見送る空撮シーンがあります。
ここはストーリー的にも画的にも、かなり泣かせます。

貴重なマルヨンのアクロ飛行等の映像もあり、必見ですよ!


T-33練習機シューティングスター

ハチロク編隊のチェイス機(撮影機)で使用されてますが
地上からの撮影では編隊の横に張り付いて飛行する姿も映っています。
さすがこの練習機もベースは戦闘機。
アクロ飛行のハチロクをしっかりチェイスする運動神経の高さも見ることができます。

中半ではタイガー小隊の訓練で、編隊飛行やアクロのシーンもあります。


ノースアメリカンT-6練習機 テキサン

外観がゼロ戦に似ていることから、戦争映画用に多くの機体が
写真の通りゼロ戦へと改造されています。

ええ?!レッドブルじゃあるまいし、自衛隊機がこんな飛び方していいの?
って感じのスタント飛行を「この機体が」披露しています。

本作品では自信を失った若手パイロットを鍛えなおすために
このプロペラ練習機でやり直しするのですが、
背面飛行中に鬼教官は落下傘降下でさっさと脱出してしまい、
機に残った若手は単独操縦で基地へ帰れと・・・無茶苦茶です!!



さて俳優陣は特撮東宝ファンにはおなじみのキャスティング。

「ガス人間第一号」三橋達也
鬼教官、山崎役
家庭を犠牲にして空にすべてを捧げた男を演じます。


「ゴジラ」平田昭彦
F104に乗って千歳基地より浜松基地へ飛来します。
マルヨンがピカピカなら平田氏も若い!!


「宇宙大怪獣ドゴラ」藤田進
この方は制服が似合いますし、登場されると画面が締まりますね。


「青島要塞爆撃命令」佐藤允(まこと)
タイガー小隊、訓練生のリーダー役。
ハイ。和製チャールズブロンソンです。
「若さだよヤマちゃん」のフレーズは流行りました♪


「三大怪獣地球最大の決戦」夏木陽介
髭のお顔が印象深いですが、若かりし頃は髭ありません。
ストーリーでは自分の結婚式当日も訓練がありますが、
天候不良で浜松基地へ帰れなくなり小松基地へ着陸。
結婚式本番には電話で参加という、これも滅茶苦茶です!


「伝送人間」中丸忠雄
パイロット思いのハチロクの整備班長を演じています。


「南海の大決闘」当銀長太郎
夏木陽介と星由里子を争っていましたが、友情により彼女を夏木に譲りました。


「海底軍艦」田崎潤
千歳基地の隊長さん。


「モスラ対ゴジラ」星由里子
本作品のマドンナです。
浜松基地の食堂で働く、隊員さん達にモテモテの美人栄養士さん。
夏木陽介の花嫁になるまでの恋愛ストーリーもちゃんと盛り込まれています。

これで怪獣が登場したら、
東宝特撮ファンは狂喜乱舞だ!!



二瓶正也
怪獣と言えばこの方、科学特捜隊のイデ隊員。
まだチョイ役ですがパイロット役で出演。


新珠三千代
鬼教官、三橋達也の妻役として、戦中戦後を夫に寄り添い尽くしてきた妻を演じます。


酒井和歌子
三橋達也の15歳の娘役。なんと本作品がデビュー作。
若い頃から本当に美しい女優さんだと思います。


ブルーインパルスのこのホワイト/ブルー塗装。
本作品の撮影協力のお礼として東宝映画美術部、沼田和幸氏がデザインし
1964年より正式採用されたという逸話があります。

本作は当時の社会状況や、自衛隊の立場、さらに新鋭機導入による
政治的な思惑など、あらゆる重い要素にもあえて目をつむり、
若手パイロットのサクセス青春ドラマに仕上げられたと言うことです。

マルヨンのプラモ組み立てて
昭和の余韻に浸ろかなっと。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

フランクリンミント BABY NAMBUの分解

2016-01-17 17:29:59 | Gun&Military
ベビーナンブばかりになってますが。
先日友人からベビーナンブの分解方法を教えてほしいと連絡がありまして
写真送るわと言ったものの、どうせならこちらでアップした方が
「分解」検索で来られた方にも見て頂けると思いました。

今回は超長編になりますのを最初に伝えておきます。




まずは分解図
この番号を元に説明していきます。
(画像をクリックすると大きく見ることができます)


まずはマガジンを抜き
両側のグリップを取り外します。


24Kメッキであると刻印があります。


いちばん最初はマガジンキャッチをはずしますが
赤○部分のホーローセット(イモネジ)のようなものはダミーです。


キャッチ頭は指で反時計回りに回せば外せます。


次にトリガーガードアッセン取り外しです。
反対側に分解用のホーローセット(イモネジ)がありますので
1.5㎜アーレンキー(六角棒スパナ)で外します。


銃口付近を押さえ、ショートリコイルさせた状態で
トリガーガードアッセンを下へ引き抜きます。


いったんここまで進みました。


ボルトロック⑥を90度回転(向きはどちらでもよい)させて後方へ抜きます。


⑤ファイアリングピンスプリングと一緒に取り出せます。


⑪バレル&レシーバーを前方に引き出します。


⑨ボルトの中には赤↑⑧ファイアリングピンが入っており
その中にファイアリングピンスプリングが入る構造です。


赤○部分
(35)エジェクターと⑩エキストラクターは分解の必要はないでしょう。


(21)シアーピポットピン横の矢印←が気になりますが
この内側は構造がややこしく、分解の必要はないのでアップしません。

ここまでが通常簡単に分解でき、あらかたのメンテができます。



分解した各パーツをご覧いただくと分るのですが
欧米式の自動拳銃と比較してみたら、パーツ1点1点の作り(構造)が
すごく複雑な形状になっているんです。

当時の日本の工作制度の高さを世界に示したのだと文献にはあります。


分解して分ったのですが⑪バレル&レシーバー上部に
①フレームの内側のバリに擦れたであろう痕がありました。



赤↑部分に何かいるのでしょう。
指を入れるとバリが出ているみたいです。
これは放置できません!!


早速#1000の耐水ペーパーで軽くさらえました。


指が入りにくいので握り部分にラバーの付いたボールペンを出してきて、


ちょうど径も良い感じです。


これで押さえて内側を軽くペーパー掛けし、
きれいに拭き取って作業終了。


組み立ては分解手順の逆で作業します。

この時の注意点として、(24)トリガーピンが動いてしまい
左右のどちらかにはみ出していることがあります。
トリガーガードをフレームに差し込んで元の位置へ戻す時
定位置直前で引っかかってしまうので要注意です。


トリガーガードアッセンを付ける前のフレーム裏側。


フレームの溝にトリガーガードアッセンを通していきます。


トリガーガードアッセンが最後に止まった位置ではこうなります。

あとはマガジンキャッチを組み立てて左右グリップを取り付けて終了。


ついでですからベビーナンブの唯一の安全装置
グリップセーフティーの構造を少し説明しましょう。

赤○三日月状のトリガー(引き金)の下の出っ張り。
ここがグリップセーフティーです。このままではトリガーが引けません。


掌で銃を握りこむことで、トリガーガード下に突き出たグリップを
内側に引き込む動作で、セーフティーが連動して動き解除される仕組みです。


これは南部式やルガーに共通するシアーバーを介して
ファイアリング(発火)解除のアクセスを説明します。

トリガー後方の細長~い部分がシアーで右側奥で
ファイアリングピンと連動します。


トリガーを引くとテコの原理とシーソー状の構造を介して
右側奥ではシアーが下がり、解除(発火)に至ります。

上で説明した「ややこしいので分解するな」の(21)シアーピポットピンは
これを押さえているのです。

分解作業の解説はここまでです。
少でも参考にしていただくことが出来たでしょうか?


このベビーナンブは天皇陛下から下賜された『御賜』の
刻印が打たれていることはご存じの通りです。

下の写真は「昭和大禮記念章」と言う勲章です。
私の父方の祖父が昔警察官だった頃に授かったらしいです。
で、それが私の手元にあるのです。

文献より
「この章は昭和天皇のご即位に際して、
昭和三年八月の大礼記念章制定の件により制定されたもので、
昭和三年十一月に挙行された即位の大礼や大嘗祭などの式典の要務に携わったり
参列したことを表章するための記念章です。

章は銀製で、表には高御座に菊花御紋章、「萬歳」の文字が入り、
裏は「大禮記念章 昭和三年十一月」と入ります。

箱の上蓋には「昭和 大禮記念章」の文字があります。」


菊花紋章(きくかもんしょう)が入っています。


天皇陛下より下賜されたという共通点がありますので
並べてみたかったのです。


こんな風に額に入れて飾るとベビーナンブ実物は黒色に対して
金色仕様の方がありがたさが増して見えると思いませんか?(笑)


最後までご覧下さり
ありがとうございます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クーラントが・・・

2016-01-10 21:42:22 | NUDA900R
カフェラテになってる!
昨日軽く走って来て調子悪いのと、年末に整備出来てなかったので
今日はハッシュでメンテさせてもらおうと乗って行ったのでした。

LINEのNUDAグループの話題で
先日クーラントの件が話題になっていました。
シール破損?で冷却水が変色して酷い匂いがするとか
やエア抜きに関する内容なんです。

気になりつつもチェックしてなかったので
本日洗車もするついでに、ラジエターキャップ外して確認してみました。

まず、リザーバタンクは「空」
このリザーバタンクを点検するだけで、タンクカバーからサイドカバーも
ほとんど外さなきゃなんないので、面倒な作りでございます。

で、キャップを外すといきなり白濁化した冷却水と
注入口のフチには白くドロっとした軟膏のような物が付着・・・

・・・・・・・・・!

大急ぎでドレンボルト外して冷却水を抜きますが
こんな場所と大きさなのですぐには流れてくれません。


バナナ工場長がブレーキのエア抜き道具を持って来てくれたので
注入口から水道水を補給しながら、ドレーンからは強制排出。


うわぁ・・・・・・
見事にカフェラテ状態になってますわ、コレ・・・・


ドレーンを締めて、満タンまで水を入れて
しばらくアイドリング(繰り返す事5回)
色はかなり薄くなりましたが、それでもまだ白濁しています。

エンジンオイルを点検したら、問題は無いようですが
このまま走り続けるのはかなり不安です。

ひとまずクーラントを注入し、リザーバタンクを満タンにして
ゆっくり運転で帰ることにしました。

今日はもう暗くなったので後日点検してみます。

ハッシュロードで冷却水のフィン及びカバー等のガスケットの
品番を調べてもらうと、カバーのガスケット含めカムシャフトに直結する
フィンを回すシャフトまでも一式がアッセンになってるのですよ!

念の為BMWのF800パーツリストで確認してみたら
Oリングだけが単品発注できますが、その他は同じようにアッセンになってました。


一式注文してガスケットだけ交換と言う訳に行かないので
アッセン交換となるとエンジン降ろすの覚悟して下さいと・・


来月は右腕のプレート摘出手術があるので再入院。
しばらく乗れないのは問題ないとして、部品代と工賃で(調べてもらってます)
なんぼかかんねん!!!!!

4月に車検で、タイヤとブレーキパッド交換も控えてるのに。トホホホ・・・・

いいかげんにしてください!!
泣きますよ!!

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年NUDA初走り

2016-01-09 17:31:12 | NUDA900R
大した話題じゃないんだけど。 

遅くなりましたが
新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆さま、この年末年始いかが過ごされたのでしょうか?
私は一切バイクで出掛けずでした。
あ、バケラッタで買い物に走っただけでしたわ。

ブログの更新ネタは色々あったんですけども
年末にバイクブログ書かれているブロガーさんと話していて
「内容に統一性が無い」とか「知らない話題なのでコメントできない」とか
結構ボロクソ言われたので、更新を躊躇してた事もありますが・・

その前にバイクの話題オンリーなブログと言った覚えはない!

正月早々ぼやいても仕方ないので進めます。
さて本日土曜日。朝からポカポカ陽気で天候も思いっきり晴れ。
昨年からろくにメンテ出来ずに放置状態のNUDAを動かすか。

お昼前にゴソゴソと用意してバイク置場へ。
多分バッテリーはお亡くなりになってるだろうとセルボタンを・・・


キュ・・・・キュ・ブーーーーーン


おお!かかったですわ!しかしかなりヤバいぞ。
少しくらい走っても充電出来ないな、こりゃ。



走るのはいつものルートでR308暗峠を上ります。
まずは峠手前の高校生の時から来ているビュースポット。


峠を越えて奈良に入り、R168沿いの道の駅、大和路へぐりで休憩。
ここもいつもの行動パターン。このルートが好きなんですよ。
暗峠下ってR168に入ってから、ここへ向かう道が適度にワインディングあり
田園風景や近鉄線のローカル路線も見え、ちょっと遠くへ来た気分が味わえるので
この道の駅で地元のおみやげ買って帰るだけの時もあります。


結構人出で賑やかだったのに、寂しい変な写真になってしまった・・

最近ナゼか丼モノでハマっている「親子丼」を注文。

お腹もふくれた所でココより西の生駒山へ向かい
信貴フラワーロードと言う広域農道へ向かいます。

南北に延びる生駒山の奈良側の懐、これまた南北に走る農道です。
コレと言って楽しいワインディングでも無けりゃ、距離が長い訳でもなし。
ま、ロードバイクのリハビリには丁度良いと思い走りに来ました。


道なりに南進したら生駒山地の南の終焉になる信貴山へ到着です。
信貴山の毘沙門さんこと朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)があります。
小学校の時、1泊で学習旅行に来たり、遠足でも来たなぁ。

上の写真の赤い橋を右に向かって歩くと本堂が見えてきます。
また今度散歩気分で家族でこようかな。


信貴山のご本尊「毘沙門天」と縁の深い「寅」と言う事で
張り子のトラで有名。

少し引き返し、生駒山をはさんで大阪と奈良を結ぶ道路(通称:十三峠越え)の
峠付近にある大阪側の展望広場へ撮影に寄りました。

手前は東大阪市の景色から、奥中央は手前から大阪市内、吹田、豊中、池田市。
右手には茨木、高槻市が見渡せます。
走りながら景色を見たら西日を大阪湾が反射していて淡路島まで見えました。

手持ちの24倍ズームのコンデジで花園ラグビー場を撮ってみたのですが
隣の花園中央公園を撮ってしまった。ラグビー場は左の建物です。


最大望遠では大阪空港も見えました。


さてここから下ると水呑地蔵尊を通り、結構家の近所まで降りて行けるのですが
なんせ2輪通行禁止路線なもので、泣く泣く奈良側のR168まで戻り
阪奈道路経由で帰宅。

走行レポートとしては
時々発生する高いギヤで低速減速時に発生する意味不明なエンスト数回。
下りでの発進後アイドリングが4、5000で下がらない状態が1回。
全体的に筋力が落ちているので、取り回しがツライ!!
S字とかの切り返し等、姿勢やギャップ通過により右肩にまだ激痛が残る。

やはり2月の右腕プレート摘出手術終わるまで、ガチ走行は無理ですな、こりゃ。

5月の連休には復帰したいなぁ。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加