『 おやじんのながばなし 』

半世紀生きてきました。今日は何の話をしましょうか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

九州阿蘇弾丸ツーリング・前編

2014-08-25 23:14:35 | NUDA900R
今回この歳でやっと行けたゾ

フェリーさんふらわぁ「バイク弾丸フェリー」
現地0泊船中2泊の往復プラン


今回ライダー1名、バイク1台分の往復料金:¥12,860
客室は「ツーリスト」(いわゆるタコ部屋です)でも寝床は指定なので
早く入って確保する必要はありません。
(平日、週末等日程により料金は変化するので要確認)



2014年8月22日(金)神戸港19:50 発 大分港翌朝07:20 着
     8月23日(土)大分港19:30 発 神戸港翌朝07:55 着

大阪南港⇔別府港のコースもありますが、今回満席だったので上記で予約しました。

こちらが今回乗船する「さんふらわあ ごーるど」
神戸港へ向かう途中、阪神高速湾岸線の六甲アイランド出口手前の大きな橋を渡ってると
船が見えて来たので、路肩にこそっと?停車(汗)して撮影・・・


今回の旅の経緯は意外と簡単に決定したのでした。

相方ごんたくさんとはmixiで知り合いまして、今年7月21日に
初対面で高野龍神スカイラインまで2台でツーリングに出かけた時のこと。

実は2人共九州ツーリングは何十年越しの思いがあったものの、
実現できないまま来てしまった事、その他も色々と意気投合しちゃいまして

ほな今年行ったらええんちゃうん!

なんと、そのわずか1カ月後には2人で九州行きの船上の人となっていた訳です。

盆明けた翌週と言うのに乗用車の乗船が多い事・・・
バイクは30台程かな?



ピンクのクラウンはけーーーーん!
んで、ジャイ子はどこ???


まいどおなじみ??私の Husqvarna NUDA900R


ごんたくさんの HONDA CB1300SF
(ちなみにこれからフロントサスをOHLINSに交換するそうです!)


さあ、これより乗船開始です。


この「さんふらわぁ ごーるど」はまだ築数年?と言う事で、船室も外観もキレイです。
ついでに案内所のオネーサンもキレイやったんですが、シャイな私ゃ撮影出来ませんでした・・

この通路を奥へ進むとレストランになります。


さあ、そろそろ出港の時間です。


船は定刻通りに出港していくであった・・・・

あばよ~~

ああ、雁が鳴いて南の空に飛んで行かあ~
(↑それ、ちがーーーーう!!!)

あ、乗船前に「マドロスステップ」に片足乗っけてパイプ片手にポーズ取るの忘れてた!
あれは正式名称「ビット(bitt、係留柱)」と言うらしいです。


隣の港に停泊していた阪九フェリー(門司港行き)
すぐ後から出港して来て明石海峡くらいまで並走し、その後我が艦をぶち抜いて行ったのだ。

今回意外と家族連れとか合コンのノリみたいな不純な?男女のグループも多く
タコ部屋ババ混み。レストランも出港直後には即ババ混みになりました。

なので先にお風呂お風呂!!
シャワー室もありますがやっぱり展望風呂でゆっくりしたいじゃないですか!

幸いお風呂は混みだした頃に出てこれたのでラッキー♪

ディナーは船内レストランにてバイキング(確か¥1,640)しました。

フリードリンクもセットですが、ビール類は自販機で購入の別料金になります。
但しビールサーバーがあって、¥350で生ビールの販売があったのでこれはよかった!



さあ飯食ったらさっさとタコ部屋へ戻って金曜ロードショー
「ヱヴァンゲリヲン・序」見るざます!

ヤシマ作戦で疲れた・・活動限界や。寝よーーー・・・・


ハイ、オハヨゴザマーーース

朝食もバイキング(たしか¥640)

食事は乗船前に済ませて乗るとか、コンビニで買いこんで船室で食べるとか
色んな経験談を色んな方から聞かせてもらってました。

まあ今回は初めて搭乗する事もあって、色んな船内の施設を利用してみようと。

結果として、食事はレストラン行ってバイキング食っとけ!
量はバッチリ!値段もこんなもん。スイーツとかデザートもあるし。
(種類はホテルのそれと比較したらちょっと寂しいけどね)

まとめ:全ての料理がそこそこしっかり作られていて、おいしいのですわ。
次回以降もレストランで食事すると思います。
(だって楽でいいやん、少しだけ出費増で楽ちん、しかもおいしい)

船内の売店や自販機でお菓子やカップラーメン売ってますが、夜食が欲しくなって
これらを買うのが高いと感じたら、持ち込みをしたらいいと思います。

逆にビールは持ちこんでから呑む時に冷たくなくなると美味しくないので
少し高いですが船内の自販機で冷え冷えのを買った方がいいと思います。


↓これがタコ部屋。実は昨夜出港してから、空いてる部屋へ変えてくれと、
裏の手を使ったらなんと合計6人だけの部屋があるやないですか!
(相方のごんたく氏、元フェリー会社勤務でコネを使っちゃいました・・)

即引っ越しです

ひ~ろびろ~~~リラックスな旅であった。余は満足ぢゃ。



AM7:20 大分へ着いたものの、空はこんな感じ。
路面は濡れていないけど、今にも降り出しそうで・・・・


さあバイクにバッグ類も積み込み完了!発進準備よろしっっ。


九州上陸記念にパチリ。
あ、しまった。すぐ後ろにマドロスステップ(注・ビット)あったんや!


AM8:00 一緒に乗船したバイク軍団と共に大分港を後にします。


「大分自動車道」大分ICより湯布院ICまで、しばらく高速巡航。


湯布院IC降りてから、すぐやまなみハイウェイへ。
空模様はずっとこんな感じ。


長者原(ちょうじゃばる)


よくツーリングレポートなんかで見かける案内看板発見したので停車。

ここからしばらく温泉宿がたくさんあるエリアに。走ってても硫黄臭い。


晴れていたらもっと美しい光景だったのに・・・・残念
しかし道はこんな感じでずーーーーーっと快走ルートです。

あ、地元ナンバーの車はバイクが追いついてきたと知るや、
皆さん進路を空けて下さいました。理解があるのか、エライ目に遭ってるのか?
とにかく、快走にご協力感謝いたします!!!

あとは途中で強引な抜き方して行った地元のバイクを追いかけ直してやっつけたり( ̄ー ̄)
「歳甲斐も無く」でございました。
後で追い付いて来たごんたくさんにあきれられる・・・


この先の休憩ポイントを目指して出発するも
猟師山のクネクネを登ってるうちガスのかかる高度へ到達・・・
しばらく霧中走行になってしまいました。


峠も越え下りをしばらく走ると、休憩ポイントの「三愛レストハウス」の赤い三角屋根が見えてきました。


この建物はやまなみハイウェイや阿蘇山紹介の写真によく登場しますよね。
私にとっても思い出の場所です。

26、7年前「クシタニミーティングin阿蘇」をここの横で開催。
大阪本社から機材を積んだ社用車で中国自動車道経由で門司トンネル抜けて走って来ました。
しかも今思いだしたら、ずーーーっと運転して来たんオレやんけ!

当然集まるお客さん達はバイクで来られるわけですわ。
いつかオレもバイクで来るぞ!と

多分来ると思う・・・

来るんじゃないかな・・・・

ま、ちょっと覚悟はしておけ・・って20年以上かい!


来た━━━━━(*゜∀゜)ノ━━━━━

午前10:00 おみやげ屋さんもありますが、ここではのむヨーグルトを頂いて
バイクにも給油して出発します~。


これから向かう阿蘇山の火口周辺にはこれまたガスがまとわりついてるのと
どう見たって雨が降ってるの図であります。


やまなみハイウェイ(県道11)から国道57をかすめ
阿蘇パノラマライン(県道111)へ。
草千里へ差し掛かった所は高度もそれなりにあるので雲も近い。


どうりで先ほどから家畜臭?がしてるなと思ったら
フェラーリとランボルギーニが群れていたんで写真撮るのにしばし停車(馬と牛のことですわ)


外輪山が平らーーーーーーーーーーーーーーーー
いやマジでパノラマで見える範囲が線引いたみたいに平ですねん。


遊覧飛行っぽくないんだけどヘリコプター発見。


後半に立ち寄る外輪山の「ラピュタ」方面をこちら側から撮影。
さあ、今回の折り返しポイント「阿蘇山ロープウェイ乗り場」まであと少し!


午前11:00
今回の折り返しポイントに到着!
ん?火山灰ソフトクリーム???口ん中ケホケホになりそうです・


ロープウェイ乗り場のすぐ後ろにあるのは
阿蘇山本堂 西厳殿寺奥の院。

おっさんふたりで、なぜか?何の??
「縁結び」の祈願してきました・・・


この風景もコンパクトデジカメでは奥行きの表現が中々大変。
天気だったらなぁ・・



気付かなかったけど、火口からもくもく噴煙が出てるじゃないですか。


周囲が雲で囲まれてるので、噴煙の存在がわかりませんでした・・・
天気だったら火口まで登って見学に行ったのになぁ。


さあ、まだこれからいっぱい走らなきゃいけません。
ラピュタ行ってからお昼はいまきん食堂であか牛丼食べて、それから・・・

後半へ続く~



YouTubeでダイジェスト版作ってます。
弾丸フェリーさんふらわあで行く九州阿蘇山~(おやじんのながばなし)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 盆休みは超光速で去ってしま... | トップ | 九州阿蘇弾丸ツーリング・後編 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nabe)
2014-08-27 06:59:49
どこに行ってるのかと思えば九州ですやん
折角のツーリング、お天気が今一だったの悔やまれますが
ステキな旅をなされたんですね、羨ましい~

続き楽しみにしてます
nabeさん (Oyajing♪)
2014-08-28 12:56:55
いやほんま、思いきって行って良かったです!
幸いにも雨に降られることはなかったから幸いでした。
なら晴天の下なら再度同じコースで走ってもいいくらいです。

コメントを投稿

NUDA900R」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。