『 おやじんのながばなし 』

半世紀生きてきました。今日は何の話をしましょうか。

BMW 上州屋チューン で検索!

2017-03-05 21:47:39 | BMW R1200RS
そもそもなんやねん?上州屋って

ハイ、釣具屋さんのチェーン店でございます。
この釣具屋さんで販売してる、釣り竿の握り部分を保護するための収縮チューブ。
これをバイクのグリップに被せる事を人呼んで「上州屋チューン」だそうです。

どこの釣具屋さんでも売ってる商品ですが、代表的な名称で上州屋になったんでしょう。

あ、上の写真は私が昔バス釣りやってた頃のですが
場所はお気づきの方はすぐ解りますね!
鈴鹿サーキットの第1,2コーナー内側のため池です。

サーキットの職員がバスをゲリラ放流してる噂を聞きつけ、
レースの合間に釣りに行ったんです。

が、結果ボウズで、お気に入りのスピナーベイトをひっかけて終了・・・
まあこの日走ったレースはブッチギリで優勝やったんで、気にしませんが。



私知らなかったのですがビーマー(BMWオーナー諸子をこう呼ぶ)の間では
すこぶるメジャーな話題だそうですよ。
(あ、ブッチギリで優勝した話ではなく上州屋チューンね・・)


共和製(大阪の企業です)ミリオン熱収縮 ラバーグリップ・スーパー
40mm×50cm (すべり止め・熱収縮チューブ)

しかし残念ながらうちの近所にゃ上州屋はありません。
通勤途中の釣り具のブンブンは建て替え中で更地になったとこですし
しょうがないので昔良く買いに行ってた近所の米源へ行きました。

え?定価販売かよ・・・

1,000円以上したんで手ぶらで帰りアマゾンでポチりました。883円

作業するのにヘアドライヤーでは温度不足になるのは知ってます。
加工出来ないなぁ・・工業用のヒートガンどうしよう??

同じくアマゾンで1,680円のをハケーーン!一緒にポチッたったっ!


袋から出したらこんな感じ。
これをグリップの長さに切断します。


径方向の収縮率は大きいですが、全長方向の収縮はあまりないので、心もち長めにカットでOK。
これを全体ヒートガンであぶり、均一に収縮させていけば作業完了!



ではなぜ上州屋チューンするんだ?
の疑問にお答えします。


BMWの多くの車種にはグリップヒーターが標準装備されており
真冬でも快適に運転できる大変ありがたいグッズなのです。

ただし、グリップは柔らかいゴムで出来ているので、擦り切れたり摩耗は早いそうです。
で、ディーラーでこれを交換すると、工賃込みで5万円前後するようなんです・・・
転ばぬ先のちょっとした知恵で、グリップを先に保護しちゃおうと。

誰が言ったか知らないが、人はこれを上州屋チューンと呼ぶ!

ま、BMWに限らず他の車種でも転用可能でありますが、
グリヒ非装着車では新しいグリップ買った方が安いよ~ん。


さあ、少しだけ長めにカットした熱収縮チューブをグリップに被せます。


径寸法、でか過ぎず小さ過ぎず。間違いなく40㎜で正解でした。


ヒートガンであぶりだすと、面白いように縮んでいきます~。

握った感じは元のグリップよりいいかも?!

50㎝あるんで、もう1回分の予備を取れる長さです。


1名様限定、格安で施工承ります!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RSの残りのパーツが入荷した | トップ | シール作ってみた、貼ってみた。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。