アクアン大好き。

愛犬マルチーズの名前はアックです。

デジタル一眼レフ写真講座 6

2016年10月29日 09時30分32秒 | 写真
前回までは初心者の為にわかりやすく書きましたが(わかったかな?)

今回からは中級者を目指す人に向けて書いてみます。

ホワイトバランスは後日にして今回は露出補正です。

初心者向けでは写真の明暗をISO感度で調整と書きましたが

本来の明暗調整は露出補正でします。

デジタル一眼レフならどのカメラにも付いている機能です。

この露出補正を使うとかなり細かい補正が出来ます。

写真が明るい場合はマイナス補正、暗い場合はプラス補正ですが

0,5単位ぐらいから補正します。

下の写真は少し暗くなってしまいましたがプラス補正をすると

明るくなりますが・・・少し明るくなり過ぎた・・・・・・・






カメラのモニターで再生画を見るとちょうどいい感じでも

パソコンにアップすると明暗がハッキリしてしまいます。

プロのように修正ソフトを使えば便利ですがオッサンは持ってないので

その場勝負になります。笑

この機能は明暗だけではなく色調にも関係してきます。

緑色を深みのある色にしたい時はマイナス補正。





黄色や赤色をはっきりさせたい時はプラス補正です。








他には逆光や斜光で被写体が少し暗い時もプラス補正。

夜景を撮った時に夜景の光が暗い時もプラス補正です。

いきなりプラス、マイナスを1にすると明るすぎたり暗くなりすぎるので

細かい設定から始めるのが良いと思います。

次回はホワイトバランスについて説明しますが・・・・

これを簡単にわかりやすく説明するのが大変なのよ・・・



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デジタル一眼レフ写真講座 5 | トップ | デジタル一眼レフ写真講座 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。