おやじ趣味ですがナニか? ~It is a hobby like old guy, but what?~

自然を、おいしく、楽しく。KAMONE
Takagi,For Beautiful Human Life

おいしい無調整豆乳+セブンプレミアム 台湾麺線

2017年03月29日 23時26分50秒 | ■OUTクッキング 愉快な豆乳生活


最近
タイやシンガポール中心だったので
今朝は台湾方面へ。


ここだけ読むと
アジアを中心に活躍する
ビジネスマンみたいですが


ただのカップ麺好きな
プー太郎です ( ̄▽ ̄”)ゞ


仕事をしていなくても
お腹は空くんですね。

振り返れば
働いていたときは
それほど空腹を感じなかった。

今の方が
胃もストレスから解放されて
上機嫌の様子。



今朝
選んだのは


台湾麺線


初めて耳にする“麺線”
台湾ではポピュラーな料理
なんですって。

細い麺と
トロミのある鰹だしのスープが
特徴とか。



具材はホルモンなどで
薬味はパクチーが一般的
らしい。


細麺
鰹だし
パクチー
とろみスープ

私の好きな要素が
たくさん詰まったこの一杯に
心惹かれます。


早速
フタを開けてみると…



予想以上に細い麺。


私が
過去に出会ったカップ麺で
一番細いと思われる。


麺というより
茶色いシュレッダーゴミ
みたいな印象。



通常の
豆乳7倍希釈を鍋で沸かして
カップへ注ぐ。


戻し時間は
細麺ながらも
なんと5分。

私のような素人からすると
1分くらいで
できそうな気がするんだけどね。



いただきまーす!


やっぱり朝は細麺だね。
喉越しよくスルスルと
胃に落ちていく。


この麺うまいわ…


台北あたりのお店で
朝ごはんを食べているような
気分になる。

出勤前に朝食を摂る
台湾のサラリーマンたちの
喧騒が聞こえてきた(ついに幻聴か!?)。

私は
揚げ油とフルーツの匂いが混じり合った
異国の空気を確かに感じた
(保険証使えるうちに病院行っとけ!)。



とろみがあって
鰹だしがきいているスープが
またうまい。


パクチーはそれほど香らない。
麺と一緒に噛むと
ほんのり香る程度。

豆乳とも違和感ない。
豆乳が加わったことで
より台湾料理っぽくなった(気がする)。



こんなに細い麺が私を
約2,000キロ離れた
台湾へと導いてくれた。


おいしかったぁ… (*´∀`)  


これは絶対
リピートありのカップ麺だと
思った。 

そして台湾で
本物の麺線を食べたいと
心より思った。


請再來!


雀翔小吃店のホール係
楊さんの明るい声が
今はっきりと聞こえた(妄想癖が…)。

ジャンル:
健康食品・飲料
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の黒歴史に追加「鯖サンド... | トップ | 磯丸水産@新橋「昼間っから... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
台湾気分♪ (ひろ)
2017-03-31 13:28:09
台湾麺線・・初めてお聞きしました^^
アジア系は間違いなく美味しいと思います。

私は普通のカップ麺しか食べた事ないので
タカギーさんみたいに色々食べてみたく
なります(*^-^*)

台湾気分になれるお味なんですね、
朝の市場の飲食店が並ぶ雰囲気・・
想像力は豊かな方が良いですよ^o^

素直な心が無いといけませんね、
私はいつの間にか純粋さが
どこかへ行ってしまいました(汗)
◇ひろさん◇ (タカギー)
2017-04-01 21:11:05
こんばんはー

ネットで「麺線」って調べたら台湾ではかなり有名な料理みたいです。
私はてっきりこの商品の名前を決める際に作った造語かと思っていました。
語尾に「線」って付いていたので「東海道線」「京浜東北線」「磐越東線(どこだよって?)」みたいな鉄道系のノリ的な

アジア系のカップ麺はハマるとヤバいかも。
味にインパクトがあるので、クセになります。
でも、塩分やカロリーが高いので食べないに越したことはありません(記事を書いておいていうな!)

最近、テレビでちょくちょく台湾のお店とか見る機会があり、興味津々です。
一度は台湾に行ってお腹一杯現地の料理を楽しんでみたいです。
そのうち息子たちに海外旅行をプレゼントしてもらおうっと←完璧に未定

私の場合、素直というよりも単にアホなだけです。
深く物事を考えていません。
なのでプー太郎でもこうやって毎日能天気な記事をアップできるのです、エッヘン←何自慢だよ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■OUTクッキング 愉快な豆乳生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL