おやじ趣味ですがナニか? ~It is a hobby like old guy, but what?~

自然を、おいしく、楽しく。KAMONE
Takagi,For Beautiful Human Life

九州産ふくゆたか大豆 調製豆乳+ニュータッチ 凄麺 さいたま豆腐ラーメン

2017年07月17日 23時21分36秒 | ■OUTクッキング 愉快な豆乳生活


“彩の国”
埼玉には





という
県民のソウルフードがある
(らしい)。


“山田うどん”
山田地区のうどん(←山田地区どこ?)
っぽいが実は店名。

そこで供されるうどんは
安くてボリュームはあるが
コシはない(らしい)。

ネットの情報では
特徴がありそうでないのが特徴
なうどん(らしい)。


ちなみに
“朝定食”で
一番の低価格メニューは…



玉子かけごはんにうどんという
W炭水化物の
関西チックな組合せ。


丼もので
一番人気は…



見たことも
聞いたこともない
外観と調理法のかき揚げ丼。


そして
山田うどんの代名詞
ともいえる…



パンチ。

ただのもつ煮込みをパンチ。
私は現地に行って
このパンチをストマックに受けてみたい。


こんな興味をかきたてる
山田うどんの存在を知ってから
訪問したくて仕方ない。

しかし
計画を立てる段になると
自分のB級グルメセンサーが
注意を呼びかける。


ヤメとけ
ヤメとけ
ヤメとけ…



と。


このように
独特の麺文化を育む“さいたま”の
名を冠したカップ麺を見つけた。



さいたま
豆腐ラーメン



初めて聞く豆腐ラーメン。
どんな事情で豆腐をラーメンの上に
のせることになったのか。


モチのロンとヤスで…



埼玉豆腐ラーメン発祥の店
レストラン大手門



の存在を今回
初めて知った。



コバトン!?


鳩!?
小鳩!?
なぜ子供の鳩!?

埼玉には
謎が多すぎる…。



とりあえずは
フタを開けて
中身をチェック。


かやく
調味油
後入れ粉末スープ

は入っているが
コバトンのステッカー等は
なかった(でしょうね…)。



ひとまず
かやくを麺の上にあける。

ダイス状にカットされた
フリーズドライの豆腐が
合計10個。


うーん
豆腐ラーメンで
豆腐10個って少なくね!?



豆腐好きな私は
その数に不満を持った。



そこで冷蔵庫から
小さめの豆腐を取り出し
キッチンペーパーを敷いたバットに置き…



さらに
上からバットをかぶせ
缶詰を重石にする。


その間に
豆乳を7倍希釈して
鍋で沸かしておく。

沸騰したら
カップへ注いで
4分後…



麺をほぐして
粉末スープを入れ
しっかりと溶かし…



調味油を注ぐ。

おお
ごま油っぽい香りが
一気に漂いだしたぞ。



水切り後
さらにレンチンして温めた
豆腐をぶち込む。


おそらく
ヤマダイ社内で何度も会議を開き
決定されたであろう

最適な豆腐の量


メチャメチャにして
ごめんなさい… (´・ω・`;)




あははーっ
うまそうじゃん!(*´∀`) 





いただきまッス!


凄麺のすごさは
いつ食べても
凄麺であること。

すごく食感がよく
すごく喉越しがよく
すごく心地よい


味の種類が違っても
ブレないクオリティが
凄麺を凄麺たらしめる。



オリジナルの豆腐は
やや歯ごたえがあり
追加した豆腐は
滑らかでチュルンとしている。

しかし
気にしないで食べたら
豆腐の違いは分からないだろう。


豆腐の再現力
ハンパないぞ!




辛さはほとんど感じない。

豆腐の食感同様に
スープの味もまろやかで
ふくよかでやさしい。



ときおり口に入る
ひき肉のかたまりが
コリコリ。

ちょっと
得した気分になる。

野菜炒めを頼んだら
中に一切れだけ
豚肉が入っていたみたいな。



埼玉に住む
または住んでいた友人は
個性的な人が多い。


“嵐を呼ぶ女” Cちゃん
“セスナを操る男” Hさん
“魚運のなさは筋金入り” Nさん
“見た目は極道 中身は紳士” Tさん

その他にも
埼玉には
忘れがたい友人がいる。


その友だちは全員

 

と正反対の
強烈な個性を放つ。 


だから逆に
山田うどんが好まれるのかな…



そう思わざるを得ない
埼玉在住の素敵な友人に
この記事を捧げます…。 

ジャンル:
健康食品・飲料
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州産ふくゆたか大豆 調製豆... | トップ | おいしい無調整豆乳+セブン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■OUTクッキング 愉快な豆乳生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL