おやじ趣味ですがナニか? ~It is a hobby like old guy, but what?~

自然を、おいしく、楽しく。KAMONE
Takagi,For Beautiful Human Life

クイック・レストラン Sガスト@神田神保町「ポークカレー(300円)」

2016年11月25日 23時35分25秒 |  ├カレー

昼食と夕食のメニューが
かぶることがある。

昼にハンバーグを食べたら
夜もハンバーグだったみたいな。


私の経験上
バッティング率の高いのが
カレーライスだと思う。


昼食にカレーを選んだら
その日の晩ごはんも
カレーライス。


これって
なにげに
ショッキング。


自分を恨むわけにもいかず
夜の献立をカレーにした家内を責められず
ただ自分の不運を恨むだけ。

憮然としながら
二食連続のカレーを
黙々と食べることになる…。


ちなみに
個人的に

かぶりやすいメニュートップ3

を挙げると

1位 焼魚
2位 カレーライス
3位 トンカツ

であります。


今日はめずらしく
麺ではなく
カレー腹だった私。

そのカレーも
本格的なインドカレーとかじゃなく
具の少ない安っぽいヤツ。



大体
インドカレーなんて
何年も食べてない。

そもそも私
ナンの存在自体を
認めてない。


ナンって何なんだ!?


といつも思ってる。

そう
昭和生まれのオジサンは
ナンに懐疑的なのだ。

せっかくのカレーを
パンのでき損ないみたいなヤツに
付けて食べるなんて発想がない。


オジサンたちは
カレーの相棒は

ごはん
うどん
そば

しか認めない。
あとはせいぜい
カレーパンくらい。

オジサンたちとカレーの間に
ナンが入り込む余地など
これっぽっちもないのだ。


あんな
ダンプカーに轢かれた
ツチノコみたいな食べ物が

うまいハズはない!


とすら思っている。

なので私は今まで
ナンなど口にしたことはないし
今後も一切食べるつもりもない。



いけません
話がすっかり脱線してます。
底抜け脱線ゲームです。
司会の金原二郎です。


んで
その安っぽいカレーを求め
神保町界隈を歩いていた私。

時間はまだ午前9時すぎ。
開店しているお店は限られている。

一番簡単に食べられるのは
立ち食いそば屋のカレーだが
私が求めているのはそういうのではない。

もっとヤル気のないカレー
チープでキッチュなカレー
そんなカレーを求めてる。


さあどうするか…。




ガストか
ガストがあるでがす。

もしかすると
カレーもあるのでは…



あった。
しかもたったの
300円!

ビーフじゃなくて
ポークというのがまた
庶民的。



こっちも
気にならなくはないが
今日はパス。


食券を購入して
おねえさんに渡す。

目の前で味噌汁がよそわれ
カレーが盛られる。



あっという間のポークカレー。

そうそう
こんななんの変哲もないカレーが
食べたかったのだ。



この

カレーは左
ごはんは右

の配置もいい。
私の好みにピッタリ。
これが逆だと落ち着かない。



しかし
カレーライスに味噌汁って
どうも合わない気がする。

カレーに汁物は不要だと思う。
冷たい水で十分。



さあ
いただきます。


カレーの味が濃くて
意外とイケるが
意外と豚肉が少ない。

まあこれで
300円なのだから
贅沢いっちゃバチ当たる。



ちなみに
福神漬けは
私は茶色派。

毒々しい赤も嫌いじゃないが
赤いタイプは自己主張が強すぎて
視界にチョイチョイ入り鬱陶しい。

それよりはやはり
カレーと同系色の
茶色がシックリくる。



レトルトよりはおいしくて
専門店よりはおいしくない

そんな立ち位置のカレー。


家カレーとは
一線を画す
まったくの別物カレー。

でも
外で食べるカレーに
家のカレーの味は求めないよね。

家で食べられない味だからこそ
お金を払ってまで食べようと思う。


外カレーが “ハレ” で
家カレーが “ケ” 


今日のハレカレー
そこそこ満足して
そこそこ物足りなかった。

だけど
そんなカレーを
今日の私は欲していた。


ごちそうさまでした (・∀・)/











冒頭の
私的マーフィーの法則

昼がカレーだと
夜もカレー


ほぼ冗談でした。


ところが今日
帰宅して玄関に入った瞬間
キッチンから漂ってきたのは


カレーの匂い


ま、まさかね…。


迎えにきた家内に
訊いてみた。


「今夜はカレーかい?」
「そうよ、カツカレー」
「そうなんだ…」
「あれ、もしかしてお昼に…」
「ああ食べたよ、カレーを…」



ごはんが右だろうと
左だろうと
ちっとも気にしないさ。



カツカレーなのに
具だくさんってのが
家カレーっぽくていいよね。



福神漬けも
私の好きな
茶系だし。


子供たちの給食がカレーのとき
晩ごはんもカレーってことが
よくあったのよね (^_^)


そういって
能天気に笑っている家内。


カレーって
一日に何度でも
食べられるでしょ (^_^) 


そういって
お気楽に笑っている家内。


うん、食える食える!


私は
そう答えるしか
なかった。


しばらくはまた
外でカレー食べるの
ヤメとこうっと…。



自分にいい聞かせながら。 

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名代 富士そば@神田平河町「... | トップ | おいしい無調整豆乳+池袋大... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ライチ!)
2016-11-26 07:43:42
金原二郎って、、、懐かし過ぎルウ。笑
嗚呼、かぶるメニュー。まさに今、
悩みのタネでございます。
小学生の娘がいる私。切実な悩み。
学校から配布された献立表を
毎日チェックしますが
だんだん腹がたってきました。
ナゼ、あちらに合わせねばならぬのか?
かぶるから、といって、
自分がその日食いたいものを遠慮せねばならんのか?
あ、娘、カレーライス嫌いなんで、
夕食は彼女だけ別メニューですがね。
っていうか、なして、学校のカレーライスは食えるんだ、おまえ!
ちなみに私、三食カレーライスでも平気っす。わはは。
ナン派の意見 (あざらし)
2016-11-26 19:40:25
タカギーさん、ナンは美味しいですよ。
丸い窯にひっつけて焼くプックラ焼きたてのナンと
バターチキンやほうれん草のカレー・・・。
ドリンクはラッシーかチャイ。

外で食べるなら私は断然インドカレー派です。

トマト麺とともに、ご賞味あれ。
◇ライチ!さん◇ (タカギー)
2016-11-27 03:25:24
ボクにとって金原二郎さんは、生まれて初めて記憶に残ったアナウンサーでした。
当時、幼い子供だったボクは何故か金原二郎さんの顔や声やその喋り方に惹かれました。

かぶらない献立作り、お疲れ様です。
ただですら悩ましい夕飯のメニュー選びなのに、その日の給食と照らし合わせなければならない煩わしさ、心中お察し致します。
自分が食べたいと思った料理が同じ日の給食にでシンクロしちゃう不運、そりゃ腹も立つでしょう。
ボクが同じ立場だったら自分の欲求を優先するかも知れません。

小学校のカレーと家のカレーは別物かも。
おぼろげな記憶ですが、給食のカレーってハウスバーモントカレーとは別方向の優しい味だった気がします。
カレーをはじめ、グラタン・焼そば等、母親が作るよりも断然おいしかった覚えがあります。
まあ、ウチの母は料理が今イチでしたけど

昨日のお昼、前日に昼夜カレーだったことを忘れ、スーパーでレトルトカレーをカゴに入れそうになり、激しく動揺しました。
一体自分はどれほどカレー好きなのかと…。

つうか、ただのアルツハイマーなのか?
でも、ボケ防止にカレーがいいって話を聞いたことがあります。

ちなみに一時、レトルトカレー集めに凝っていた時期があり、今でも100個くらい在庫があります。
いつかはそのレポートをしたいのですが、賞味期限が過ぎているのでちょっと抵抗があったりして…
◇あざらしさん◇ (タカギー)
2016-11-27 03:43:36
あざらしさん、ナンってうまいッスか!?
出来損ないのパンや車に轢かれてペッタンコになったツチノコの味はしないのですか!?(←つうか、どんな味だよ、ツチノコ!?)

カレーとナンのセットって冷食でもありそうなので、見付けたら試してみようかなぁ。

ラッシーは昔、家内と結婚する前に行ったインド料理屋さんで飲んだことがあります(超昔だな…)。
甘酸っぱくて辛いカレーにピッタリだった覚えがあります。

よーし、こうなったら(どうなったら?)今日のお昼は太陽のトマト麺かナンにしようっと

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

 ├カレー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事