おやじ趣味ですがナニか? ~It is a hobby like old guy, but what?~

料理を通じて
日本の明るい未来と皆様の健康を願い
食育と地産地消に貢献します(大ウソです…)

よもだそば@日本橋「【C】朝カレー定食(390円)」

2016年10月19日 23時39分01秒 | ■B級グルメ迷走記 そば


仕事の移動中に
よもだそばの前を通る。


何気なく
店頭に掲示されている
お品書きに目をやる。



“とろろそば”と
“山盛りとろろ昆布そば”が
なぜに同じ金額なのか?


ふと
そんな疑問がわき上がる
朝の9時15分。


よもだそばのメニューは
ラビリンスだ。

人目を気にしなければ
5分くらいは読んでいられる
自信がある。


このメニュー群
よもだそばファンの私も
いまだに全種類制覇していない。



朝定食って
食べたことないな…


そう思った瞬間
私は急激に
お腹が空いてきた。

それと同時に
あの個性的なカレーの味が
よみがえってきた。



朝カレー定食
お待たせしましたー!(・∀・)


この
肩の力が抜けた佇まいに
癒される。

客を心から満足させてやろう
客に値段以上のお得感を与えよう
客に万全のホスピタリティで臨もう

等の気負いが
まったくない。

例えるなら最近減った
チェーン店ではない立ち食いそば屋が出す
一品の風情がある。



あしらいのネギの
置かれ方は
適当に見せつつ隙がない。

揚げ玉の量に
品格を感じる。
過不足のなさが秀逸。

厨房に立つあのじいさんは
相当な修行を積んでいるに違いない。



この
色あいが田舎臭いそばに
私の心はふるえる。

歯ごたえ
喉越し
ともに良し。

つゆだって
特段の主張をすることもないが
じんわりと身体に沁みるうまさ。



7つのこだわりが
よもだそばのウリ。


どうでもいいが
私のブログのこだわりは…


一、自分が読んで楽しい記事を書く
一、自慢話はしない
一、人の悪口や批判は極力しない
一、政治に関する話題は避ける
一、宗教に関する話題も避ける
一、あからさまな下ネタも避ける
一、自分に不都合なことは書かない


この程度です。
ほぼこだわりないです。



実は
そば以上に魅力的なのが
このカレーライス。


最初に食べたとき
個性的なカレーの味に抵抗があったが
今ではその味の虜になっている。



サラサラで
ピリ辛で
具なし。

でも
このライト感覚が
朝にはうれしい。


トマトの酸味が麻薬的。
個人的にそんなにうまいと思わないが
嫌いになれない不思議な味。

敢えて
いわせてもらいましょう。


今日の朝食
大成功!


と。



私のブログも
“よもだ” 
を目指します ( ̄▽ ̄”)ゞ 

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おいしい無調整豆乳+日清の... | トップ | 松屋@紀尾井町「豆腐キムチ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
知らなかったなぁ〜✨ (kuri)
2016-10-21 17:34:37
タカギーさん こんにちはandお疲れ様です✨

伊予弁でしたか✨
あちらの言葉は、なにか全て、イントネーションもゆったりのんびり、柔らかいですよね。とても好きです。

成る程、よもだを目指されると‼️
既によもだぢゃね?と思わなくもないですが(笑)
良いですね、いつも全力な感じは疲れます。

吾輩は年中ナマハゲの影響で血圧上昇しちゃう有様ですし💦
少しばかり、よもだの精神を身に付けなくては!とか思いました
◇kuriさん◇ (タカギー)
2016-10-23 02:53:11
どもどもー、kuriさんお疲れです。

kuriさんの記事にアップされていた塩辛が超おいしそうでした。
しかしながらボクもkuriさん同様に血圧が高めなので医者から「塩辛は食っちゃイカンけんね!」と言われており、しばらく口にしていません。
個人的には塩辛と大根おろしのコンビが好きです(それを肴に日本酒で)。

四国っていまだに行ったことありませんが、昔っから旅してみたい土地でした。
まさに「よもだ」的なおだやかさを感じます。
温暖な気候、おいしい魚介類、新鮮な野菜や果物、凪の瀬戸内海、瀬戸は日暮れ、夕並小波、若いと誰もが、心配するけれど、愛があるから、大丈夫なの、賢也のことは忘れたの…。
ああ、四国に行きたいなぁ

kuriさん、身体によくありません、よもだなキモチで臨みましょう

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL